アプリ開発に付きまとう 3 つの課題を克服するには【3/21更新】


(この記事は2016 年1 月28 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 How to overcome three common challenges of app development の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

Phil-Webb-author-block_fc86318e-0ec4-4894-a0b0-bb377b893b31

 

ユニークなアプリのアイデアがひらめいたとします。

 

そんなとき、次に何をすればよいのでしょう。

 

ユニークなアプリのアイデアを思い付くことは、アプリ作成プロセスの中で最も簡単な作業といえます。最新型のアプリケーションを開発する道のりは複雑なもので、各種プラットフォームに対応するように設計する必要があったり、リソースが限られていたり、品質の高いアプリをいち早く市場にリリースするようにプレッシャーをかけられたりなど、一筋縄ではいかないことの連続です。

構築して、テストして、修正して、またテスト…。タブレット、スマートフォン、PC のすべてに対応するように設計したい、常にアプリの品質を最高レベルに維持するために、そして競合他社よりも一歩先を行くために、何度でもアップグレードを重ねたいと思うのは当然です。しかし、現実的に考えれば、可能な限り最高品質のアプリを作成して維持し続けるには、膨大な時間、労力、資金が必要になります。

 

こんなときにフラストレーションを最小限に抑え、イノベーション、開発、顧客満足度向上のためにリソースを集中させるのに役立つ、最適な道具が詰まった道具箱がお手元にあるとしたらどうでしょうか。

 

1. 時間

アプリを市場に投入するまでのプロセス全体にはかなりの時間がかかります。開発プロセスのどの段階においても問題が生じる可能性があり、問題が生じればアプリのリリースは大幅に遅れます。

 

最新型アプリケーションのパターンが複雑化するにつれ、ソフトウェア エンジニアに対する時間的要求が高まり続けており、アプリケーションを急いで市場に送り出さなければならないため、品質維持がますます困難になっています。

 

解決策

より多くの成果を達成し、高品質のアプリを短期間で開発するには、強力なモバイル ファースト、クラウド ファーストの開発ソリューションが必要です。Microsoft Visual Studio 2015 の統合開発環境 (IDE) なら作業の遅延を大幅に減らして市場投入を早めることができます。マイクロソフト パートナーシップを通じて無償の開発ツールを提供しておりますので、ぜひご覧ください。

 

また、Visual Studio 2015 では、チームで共同作業しているときでもコンテキスト内で情報を確認できるので、作業を中断することなく、高品質ソフトウェアのコーディングや構築に集中して取り組むことができます。Visual Studio 15 のアジャイル ツールとプロジェクト管理機能は、あらゆる規模のプロジェクトに最適化されており、各プロジェクトやチーム全体の作業を簡単かつ能率的に管理できます。

 

2. 品質

最新型アプリケーションの開発サイクルでは、高頻度でリリースしなければならないというプレッシャーが常に付いて回ります。スピーディに市場にリリースするだけでは不十分で、それに加えて品質も両立させなければなりません。また、バグの特定、診断、修正にもコストがかかり、期限を守れなくなってしまう可能性もあります。

 

解決策

Visual Studio 2015 を使用すれば、テストの障壁となる課題を解消できると共に、開発プロセスにわたって品質チェックを行える高度な機能を利用して共同作業を進めることができます。マイクロソフトのツールやサービスによって、共同作業、リリース管理および分析が効率化されるため、最高品質ソリューションをスピーディにリリースできるようになります。

 

3.マルチ プラットフォームへの対応

モバイル化が進んだ今日では、さまざまなデバイスやプラットフォームで同じデータにアクセスし、同じように操作できることが当たり前になっています。アプリケーションを開発するのであれば、こうしたニーズに応える単一のソリューションとして提供しなければなりません。

 

解決策

Visual Studio 2015 なら、どんなプラットフォームにも対応するアプリケーションを構築できます。新たな開発環境について学習する必要はありません。Visual Studio 2015 で作成したアプリケーションは、各種デバイスやプラットフォーム (Android、iOS)、Web に展開可能で、ソリューションの潜在市場が広がります。

 

最新型アプリケーションの開発は決して容易ではありませんが、適した開発ツール、プラットフォーム、環境を選べば、課題を最小限に抑えて、アプリケーションをすばやく市場に投入できます。

 

マイクロソフト パートナーなら、今回ご紹介したすべてのツールを利用してアプリケーション開発を円滑に進め、早期リリース (と収益性) を実現できます。さらに MPN のメンバーは社内使用ライセンス (IUR) 特典を利用できます。IUR には次のものが含まれます。

  • 無償の Visual Studio サブスクリプション: コンピテンシー パートナーは Visual Studio Enterprise サブスクリプションを少なくとも 5 ライセンス (Silver) または 10 ライセンス (Gold) 利用できます。アクション パック サブスクリプションを契約している場合は Visual Studio Professional を 3 サブスクリプション利用できます。MSDN ダウンロード ポータルから直接ダウンロードしてください。
  • Azure の月額クレジットや一括クレジット (クラウド プラットフォーム): クラウドでの開発やテストに使用できます。Virtual Machines、モバイル サービス、HDInsight など多数のサービスをお試しください。
  • Visual Studio Team Services: コードの共有、作業状況の追跡、クラウド拠点からのソフトウェア リリースが可能な、クラウド ベースの共同作業ツールです。
  • テクニカル サポート チームのサポート: 必要に応じて、コードに関するアシスタント サービスを提供します。

 

まだマイクロソフト パートナーでない場合は、今すぐサインアップしてこれらのリソースをぜひご利用ください。

 

今こそ、ずっと温めていたすばらしいアプリのアイデアを現実のものにするときです。開発者様向けの MPN 特典をフルに活用して、さっそくアプリケーション開発に着手しましょう!

 

 

Skip to main content