【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft と VMware の仮想マシン比較 【 2/6 更新】


(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。)

 

Microsoft は競合他社と比べて、より信頼性があり、より完全なハイブリッド クラウド ビジョンを持ち、広いリーチとスケールを持ち、高い価値を提供します。

 

貴社のデータセンターを「トランスフォーム」しましょう

過去にとらわれているデータセンター プラットフォームを採用しないでください。Microsoft が今日の貴社のビジネスに新しい機能をお届けします。VMware の高コストで限界のあるクラウド ソリューションと、Microsoft が包括的で柔軟性がありコスト効率の高い IT 環境を提供する方法を比べてください。

 

ビデオ: 貴社の業務にあったクラウド ロードマップを選択しましょう

Microsoft が既存の IT 資産を活用しながらクラウドのメリットを活用できるようにする方法をご覧ください。Microsoft だけが、パブリック、プライベート、そしてハイブリッド クラウドの選択肢を提供できます。

 

完全なクラウド プラットフォーム

Microsoft は完全なクラウド プラットフォームを提供し、貴社が今日必要な機能、そして明日に備える俊敏性を備えています。

 

VMware

Microsoft のクラウドを選択した顧客は、Windows Server 2012 R2System Center 2012 R2 により提供される強固な基盤を利用できるだけではなく、どんどん拡張される Microsoft Azure の様々なサービスを活用することができます。これらは同じプラットフォーム上に構築されているので、開発者は ID、障害復旧、そしてモバイルサービスを統合したり、あるいは機械学習などの新しい機能を活用することができます。VMware のクラウドは構築されたばかりで、顧客に提供している自社開発のサービスの選択肢がありません。

ハイブリッド クラウドについての追加情報

Microsoft

今日のビジネスの進歩は、次から次へと出てくるビジネス上の課題をオンデマンドで解決できる柔軟なプラットフォームを求めています。Microsoft のクラウドはこれらのニーズにこたえるために、インフラ、アプリケーション、データのすべてにわたって共通のフレームワークを提供します。これは、顧客が IaaS リソース (SQL Server のような) を PaaS の同等のものと同じアプリケーションの中で並行稼働させることが可能であることを意味します。Microsoft は、クラウドポートフォリオの中でリーダーとして認知されており、Microsoft は、これが顧客へのコミットメント、そしてビジネスの最前線で顧客が競争力をつけるための機能を提供することへの誓約書であると認識しています。

 

ハイパー スケール

VMware が所有するデータセンターのサイズは規模が小さく、クラウドに対する経験値も十分ではないため、Microsoft がクラウドサービスを提供するハイパースケールには及びません。

VMware

VMware はクラウドへ参入したばかりで彼ら自身では少数のデータセンターを運営するのみです。Microsoft は過去 2 年間、6 か月ごとにクラウドサービスのスケールを 2 倍にしてきました。Microsoft は今日求められている機能は過去に前例がないほどの規模が求められていることを理解しており、顧客が必要としている規模を常に提供できるように全力を注いでいます。

Microsoft データセンターの追加情報

Microsoft

Microsoft は、今日のアプリケーションが求める必要条件である、グローバル リーチができハイパースケールの規模を誇る数少ないクラウド提供者のひとつです。Microsoft はほかのどのクラウド提供者よりも多い、世界中で 17 リージョンが利用可能です。Microsoft のデータセンターは Office 365Bing、そして Xbox Live のようにグローバルにサービスを提供している基盤と同じものを利用しています。Microsoft は自身が提供するグローバルサービスと同様の基盤と同じメリットを享受してもらうことで、2,000 万社以上の事業者が真に革新的なアプリケーションをスケーラブルに提供する支援を行います。

Microsoft Azure の追加情報

 

低所有コスト

Microsoft はコストを抑え、ビジネスによりよいイノベーションを提供するためのリソースを解放します。

VMware

VMware のソフトウェアはとても高額となり、時には同様の Microsoft ソリューションの 4 倍もの値段になります。VMware はクラウドサービスに、従量課金など、顧客に受け入れられる価格モデルをなかなか提供せず、提供しているクラウド データセンターは規模が小さいので、スケール効率による顧客メリットが小さくなります。

Microsoft

Microsoft は顧客に特別な価値を提供することをお約束します。Forrester による最近の調査によると、Windows Server 2012 を利用している顧客は 3 年で 195% の投資対効果を実現しています。そして、Microsoft はデータセンターをハイパースケールで構築しているので、顧客は規模の経済の恩恵を受け、コモディティ化したクラウド サービスを低価格で利用することができます。

ホワイトペーパー: Total economic impact of Windows Server 2012 (英語)

 

関連記事

 

お客様事例

以下のお客様はほんの一例ですが、VMware と Microsoft Hyper-V を比較して Hyper-V を選択したり、VMware から Hyper-V へ移行したお客様です。記事の中のお客様のコメントをご覧ください。

  • 社会福祉法人恩賜財団済生会支部 埼玉県済生会栗橋病院: 医療の質の向上から経営判断、および地域医療機関との連携強化に向けて、データの分析・可視化及び院内共有を、Power Map for Excel などを活用して促進。サーバーの仮想化について、当初は VMware の ESXI を利用してテストを行い、本番導入に際して、Windows Server の標準オプションとして追加コストの必要なく利用できる Hyper-V を採用。
  • 国家公務員共済組合連合会 呉共済病院: Hyper-V + System Center で構築した仮想化基盤に、生理検査、内視鏡、病理診断、人工透析など14 のシステムを移行し、サーバーの集約と運用の効率化を実現。当初は VMware を採用候補としていたが、両者を詳細に比較して、機能面、性能面で、新しい Hyper-V は VMware にまったく遜色ないことを確認。その上で、ライセンス コストの比較では Hyper-V が断然有利であることから採用を決定。
  • 公立大学法人 北九州市立大学: 実際の製品選定にあたっては、Windows Server 2012 R2 Hyper-V や VMware などデスクトップ仮想化に実績のある 3 社の製品を選択して、評価版や少数評価ライセンスを購入。大学の技術メンバーを中心に、評価用のシステムを構築して検討を進めた。機能、性能、コスト、運用利便性、既存環境との親和性や移行の容易さなど、多岐にわたって比較、評価を実施。こうした検証の結果、Hyper-V がユーザー満足度もコスト パフォーマンスも最も優れているという結論に達した。
  • 焼津市: タブレット活用とサーバー仮想化によって庁内の ICT 環境を最適化。端末導入費だけで約 3,000 万円のコスト削減を実現するとともに、革新的なワークスタイルを創出。サーバーの仮想化についても VMware など複数の技術を検討してきたが、認証基盤を含めた統合ができない点がネックになっていた。しかし、Windows Server 2012 Hyper-V では、仮想マシン上に Active Directory を構築できるようになったほか、各種の機能も充実し、条件をクリアできるようになった。
  • 社会医療法人財団董仙会 恵寿総合病院: 600 台の Windows 8 ベース仮想クライアントで電子カルテとインターネットの共存を可能にし革新的な医療環境「ユニバーサル外来」を実現。医療業界では、VMware や Citrix による仮想化は知られていますが、Hyper-V はあまり実績がないというのが当初の印象でした。しかし、提案を受けてさまざまな検証やコスト比較を行った結果、Hyper-V と Microsoft VDI による仮想化には十分なメリットがあることがわかりました。
  • 愛媛県: 南海トラフ巨大地震を始めとする大規模災害発生時に、災害対応など県の責務を果たすための業務機能がストップしないよう、BCP 対策を検討。安定稼働とコスト パフォーマンスの両面に優れたテクノロジーとして、Windows Server Hyper-V を活用。Hyper-V や VMware、XenServer など複数の仮想化技術がいずれも問題なく要件を満たせると確認した上で、調達仕様書を策定。最適なコストで要件を満たすものとして落札に至ったのが、Hyper-V でした。
  • 株式会社ロジコム: Windows Server 2012 Hyper-V レプリカを活用して、全社内システムをわずか 2 週間で仮想化し移行。ディザスター リカバリ サイトとの連携で、万が一の災害時にも「止まらないシステム」を実現。
  • 東京海上日動火災保険株式会社: ハイパーバイザ上で動作する仮想 PC 2 万 6,000 台分の OS の入れ替えを計画。ハイパーバイザを Windows Server 2012 Hyper-V に入れ替えれば、既存のハードウェア資産を有効利用できることを、実機環境により検証。
  • キリンビジネスシステム株式会社: 稼働中の仮想サーバー上のシステムを移行する「V2V」で、VMware を Windows Server 2008 R2 Hyper-V に変換。より使いやすいユーザー環境と Microsoft System Center による集中管理、そしてサーバー統合率アップでコストダウンに成功。
  • TDCソフトウェアエンジニアリング株式会社: Windows Server 2012 Hyper-V と Microsoft System Center 2012 で、グループウェアと開発サーバーの仮想化を実現。情報共有の活性化 & コストの大幅な圧縮を目指す。
  • 名古屋工業大学: 学内の情報基盤を Hyper-V で全面仮想化し、プライベート クラウド環境を構築。コミュニケーション環境を刷新し、「一歩先を行く」ICT 活用を実践。
  • 株式会社滋賀銀行: "対話力" 強化による、地域とのさらなる共存共栄を支える次世代業務支援システムを、「長期的にリスクとコストを極小化する」べく Hyper-V と System Center の仮想化基盤上に構築。当初 VMware の Standard Edition と Hyper-V のコストを比較したところ、ほとんど差はありませんでした。そこで、先行しているが故に実績も豊富な VMware の採用を考えたのですが、『長期的な視点でリスクとコストの極小化を図る』という方針に沿って再検討を行ったところ、Hyper-V のメリットが明確になっていきました。
  • 日本ユニシス株式会社: 次世代 iDC 運用管理基盤 MiF (Modeled iDC Farm) に不可欠な仮想化技術として Hyper-V™ を採用。クラスタリングなどに対応した柔軟なサービス基盤を実現すると共に、ハイパーバイザー機能に関わるコストを 30% 削減の見込み。
  • 東京ガス株式会社: ワーク スタイルの革新を支えるモバイルサービスの基盤に、Hyper-V Cloud を採用。端末環境の変化に左右されない、ハイセキュリティ、高レスポンスなシステムを構築。
  • キヤノンシステムアンドサポート株式会社: Hyper-V による仮想化統合と Microsoft System Center で社内サーバーの管理性の向上と管理工数の削減を実現、負荷軽減によりサーバー セキュリティもさらに強化。仮想化ソフトウェアとしては VMware も検討しましたが、4 つの理由から Hyper-V の採用を決定した。
  • 独立行政法人 統計センター: 「平成 22 年国勢調査」を支えるシステムを、Hyper-V で仮想化。SQL Server 2008 を活用したデータベースと共に信頼性、およびコストパフォーマンスに優れたシステムを実現。
  • 富士フイルムRIファーマ株式会社: 「第二創業期」を謳う富士フイルム グループの中でスピードアップを続けるビジネス / テクノロジーに適応する、柔軟なシステム基盤を Hyper-V 活用によって、多大なコストメリットとともに実現。
  • リコージャパン株式会社 関西営業本部: 営業支援用のデモンストレーション環境を Hyper-V® 2.0 ベースで構築。サーバー集約率の向上とダウン タイムの削減を実現し、仮想化環境ビジネスの拡大に向けた確かな足場を築く。
  • 飛島建設株式会社: サーバー ハードウェアの保守期限到来を機に、仮想化技術を活用したサーバー統合を決断。Hyper-V™ と System Center のコンビネーションにより運用負荷を 30% 削減。安全、確実にバックアップを実施することは、システム運用を行う側から見て非常に重要なポイントですが、バックアップ対象のサポート、情報確認の負荷などを考えても、VMware ESX に比べ、Hyper-V の優位性が際立っていました。
  • 山陰合同銀行: 文書管理システムを統合し、全体最適化された共通基盤へ。SharePoint Server をはじめとするマイクロソフト テクノロジーを最大活用し、本部‐営業店間の「顔が見えるコミュニケーション」を促進。当初は VMware も検討したのですが、ライセンス費用や保守費用などコストがかさばるため、あまりメリットが感じられませんでした。一方の Hyper-V は導入実績こそ少ないものの、追加ライセンスが不要であるなど、コスト メリットは明確でした。そこで、詳細に比較検討したところ、機能面では両者に差がありませんでした。最終的に、コストに優れ、SharePoint Server などとの親和性にも優れた Hyper-V を採用しています。
  • 日本リスク・データ・バンク株式会社: Microsoft® Exchange Server の役割別モデルを仮想環境に構築し、サーバー台数を抑えつつ、システムの冗長化を達成。業務拡張に伴うサーバー増設にもすばやく対応。Windows Server 用の主なサーバー仮想化ソフトウェアとしては、Hyper-V と VMware の 2 製品があります。弊社内にも両論があったのですが、Windows® についてのシステム運用管理の知識があれば容易に使いこなせることと、ライセンス費用がより少額で済むことを評価して、この案件では Hyper-V を選びました。
  • 株式会社スカイアーチネットワークス: Hyper-V による仮想環境で、Linux を活用。Windows/Linux が同居するプライベート クラウドを構築し、かつてないほどコスト エフェクティブなマネージド サービスを実現。仮想化技術としては VMware が長く活用されており、実績も多くありますが、この技術を活用するためには、ライセンス コストが必要になります。この点が Hyper-V との一番の差になります。すべてのお客様にとって、システムの構築から運用にかかるコストを抑えることは、とても大きな関心事です。もちろん、今まで VMware を活用されていたお客様の仮想化環境も、Hyper-V 上に移行可能です。
  • 真言宗智山派宗務庁総本山智積院: 旧システムのリプレースを機に、業務サーバーをはじめとしたサーバー群を仮想化で台数削減。利用者が気がつかないほどのスムーズな移行を実現。仮想化の導入にあたっては VMware も検討しました。しかし、従来からの操作性の継承などを考えると、操作が大幅に変わってしまう VMware の導入は難しいとの判断になりました。また、VMware のライセンス費用などを考えると、Windows Server 2008 に標準搭載されている Hyper-V の方がコストがかからないということもありました。
  • JAたいせつ: 仮想化技術 Hyper-V を活用してサーバーを集約し、消費電力量を約 70% 削減。さらにライブ マイグレーション機能の活用などにより、運用保守業務を効率化。仮想化に関しては、VMWare という製品が有名ですが、サーバーを集約するためだけに多額の予算は使えません。以前のシステムも Windows Server 2003 を利用していましたから、新しいシステム環境を 2008 R2 にすることに関しては、技術的にも不安はありませんでした。しかも、Hyper-V は Windows Server に無償で付属しています。それに、個人的に Virtual PC を使用してデスクトップ環境を仮想化した経験もあるので、マイクロソフトの製品に対する信頼もありました。

 

関連資料

 

 

 

Skip to main content