【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft SQL Server と Oracle のデータベース比較 【 1/30 更新】


(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。)

 

プレミスとクラウドの両方で、ミッションクリティカルでデータ集約型の分野でも利用されている、マイクロソフトが提供しているパワフルでスケーラブル、信頼性のあるデータ プラットフォームをご覧ください。

 

包括的でコスト効率の良いデータ プラットフォームを選択しましょう

Microsoft のデータプラットフォームで強力な洞察を導き出しましょう。Oracle の柔軟性のない価格モデル、追跡機能、高コスト体質に対して、Microsoft は動的で完全、コスト効率の良いデータ プラットフォームを提供します。

 

 

使い慣れたパワフルな BI ツールがあるか?

Oracle はビジネス インテリジェンス (BI) 機能で後塵を拝していますが、Microsoft は使い慣れたツールでパワフルで簡単、利用しやすい BI を提供します。

 

Oracle

ビジネス インテリジェンスで後塵を拝する

企業のデータ量は 10 倍の成長が見込まれています。しかし Oracle は重要なビジネス インテリジェンス機能で市場に後れを取っています。Oracle は Microsoft や他の競合企業が導入した数年後になってようやく in-Memory をデータ プラットフォームに投入しました。しかし、いまだに真のセルフサービス BI ツールやサードパーティ製ツールとの強力な統合、外部データなどの機能がありません。

Microsoft

パワフルで簡単、利用しやすい BI

Microsoft はパワフルで動的、利用しやすい BI の提供を支援し、貴社のデータから、その量にかかわらずリアルタイムで簡単に、洞察を引き出します。新しい手法を覚えることなく従来の方法で、社内、社外、リレーショナル、リレーショナルでない Hadoop データの保管、アクセス、クエリを行うことができます。大規模な並列処理を行うことでシームレスにテラバイトからペタバイトまでスケールすることができます。

 

時間/空間データを構築

Microsoft は Power QueryPower BIPower PivotPower Map のような可視化ツールを提供しています。企業内のデータを横断的に、単一の管理ポイントから、スケール、管理が可能です。業界で最も広く使われているレポートツールで、高い信頼性のあるレポートを作成でき、デバイスの種類によらず、また IT 部門の支援を得なくても Microsoft Excel や Office 365 の中で簡単に使えるセルフサービス BI ツールで洞察をすぐに得ることができます。

 

参考資料

 

完全なデータエクスペリエンスがあるか?

Oracle は柔軟性がなく高コストです。柔軟性があり、包括的な Microsoft のデータ プラットフォームが貴社の変化するビジネスニーズを満たします。

Oracle

低価値モデル

Oracle のデータソリューションは、巨大でコストの高い Exadata や Exalytics のようなアプライアンスや、高い切り替えコスト、独自ハードウェア、法外なメンテナンスコストなどに基づく、柔軟性のない価格モデルを提供しています。Oracle の顧客は Oracle の高いサポート料金で必要なすべてのことが賄えないことに不満を述べています。

Microsoft

柔軟性のあるフルサービス データ プラットフォーム

Microsoft はオンプレミス、クラウド、またはハイブリッド シナリオで利用できる、完全で一貫性のあるデータエクスペリエンスを提供します。フリーサイズモデルをとる代わりに、Microsoft SQL Server とクラウドベースのデータサービスにより、貴社の変化するビジネスニーズに適合させることができます。これらにより、クラウドに簡単に移行することができ、クラウドデータ復旧、データ復旧時間を分単位から秒単位にすることができる自動/手動ポリシーによるクラウドバックアップなど、革新的なハイブリッドシナリオが利用できるようになります。これにより、データのメンテナンスやほかの制約の心配をする代わりに、ビジネスの拡大に集中することができます。

Microsoft SQL Server はハイブリッドクラウドに最適化されており、従来のデータベースによる使い慣れたエクスペリエンスとセキュリティを、Microsoft Azure クラウドの柔軟性とスケーラビリティと統合しています。貴社のビジネスに最適な構成で動作するフルサービス データ プラットフォームにより、収支に良い影響を及ぼすはずです。

 

参考資料

 

コスト効率がよいか?

Oracle だと、追加のアドオン機能に投資する必要があります。その代り、Microsoft はお手頃なミッション クリティカルな性能をご利用いただけます。

Oracle

高い所有コスト

Oracle のデータプラットフォーム製品では限られた数の基本機能のみ含まれており、基本ソリューションに入っていないアドオン機能に高い金額を要求します。例えば、in-Memory、高可用性、 高度なセキュリティ、データウェアハウス、管理機能、ビジネス インテリジェンス、エンタープライズ情報管理のような重要な機能を得るには、Oracle は追加のオプション アドオンを購入するように要求します。このコストは、ものによっては基本製品よりも高額です。

Microsoft

お手頃なミッション クリティカル性能

Microsoft はミッション クリティカルな性能、セキュリティ機能、スケーラビリティ、可用性、そして他のエンタープライズ機能を、Oracle より圧倒的に安いライセンス、ハードウェア、管理コストで SQL Server に実装しています。

Microsoft のデータ プラットフォームは in-Memory の機能を標準搭載しているので、アプリケーションを書き直したり、別のソリューションに託したりする必要はありません。そしてトランザクション アプリケーションを最大 30 倍に、ビジネスの洞察を 100 倍以上速いクエリとレポートで提供、数百万行を数秒で処理することで分析が速くなります。Microsoft のデータ プラットフォームは脆弱性の数が最も少なく最も安全なデータ プラットフォームと評価されており、これによりオペレーション コストが下がります。Microsoft データ プラットフォームはオンプレミス、クラウド、そしてハイブリッド環境に展開できます。SQL Server は世界中で最も広く展開されているデータ プラットフォームであり、Oracle よりも SQL Server を選択する顧客が世界中で増えています。

 

参考資料

 

関連記事

 

お客様事例

以下のお客様はほんの一例ですが、Oracle Database と SQL Server を比較して SQL Server を選択したり、Oracle Database から SQL Server へ移行したお客様です。記事の中のお客様のコメントをご覧ください。

  • 日本たばこ産業株式会社: 全社データベースを Oracle から Microsoft SQL Server へ移行。移行アセスメント サービス (OMA) による安全な移行と包括ライセンスでコストを圧縮。大幅なコスト圧縮と共に、膨大な商品アイテムに関するデータ処理の効率化はもちろん、BI 分析に基づく経営判断の基盤作りなど、「成長のためのデータベース活用」に先鞭をつけた。
  • トッパン・フォームズ株式会社: Oracle データベースから SQL Server への移行で、顧客企業とのコミュニケーションのための生産履歴開示システムのパフォーマンスを大幅に向上。データ量の増大を見込み、拡張性と可用性を確保、コストダウンも実現。
  • セイコーウオッチ株式会社:移行アセスメントを活用して、Oracle Database を仮想環境上の SQL Server へ安全 & 確実に移行。グローバル化に対応する統合データベースの構築とコスト圧縮を実現。OMA (Oracle マイグレーション アセスメント) を利用して、既存の Oracle Database を、安全かつ確実に Microsoft SQL Server 2008 R2 へ仮想化して移行し、情報活用基盤の刷新と大幅なコストの圧縮に成功しました。
  • 住友ゴム工業株式会社:移行アセスメントを活用して Oracle から Microsoft SQL Server へのスムーズなデータベース移行とサーバー統合を実現。包括契約 EAP の利用でライセンス コスト半減への期待も。 2011 年 1 月に既存の SAP プラットフォームを Windows Server + SQL Server の組み合わせで移行した実績があり、ここで SQL Serverのパフォーマンスは既に確認済みでした。また Oracle のコストがかさんでいることも長年の克服課題になっており、SQL Server のコスト パフォーマンスの高さは大きな魅力と映った。
  • 独立行政法人 統計センター:「平成 22 年国勢調査」を支えるシステムを、Hyper-V で仮想化。SQL Server 2008 を活用したデータベースと共に信頼性、およびコストパフォーマンスに優れたシステムを実現。選択肢としては Oracle もあったと思いますが、国勢調査用 LAN は 200 ~ 300 人という大人数で利用するシステムですから、それだけのライセンスを準備すれば、相当なコスト負担となるため SQL Server を採用。
  • ジョルダン株式会社:防災マップや福祉、お買い物情報など地域に密着した情報を、災害発生時にも途切れることなく提供する双方向情報サービスの基盤として、Windows Azure Platform を採用。「ジョルダンクラウド・コンテンツサービス」の新たなインフラとして "価格と性能" のバランスに優れたサービスを選定。データベースに関しては Oracle を利用していたため、SQL Azure への移行に若干時間を要したのですが、しかしこれも事前の予想通り、約 1 か月で完了。
  • 株式会社ルームプラス:メインフレームを共同利用から自社保有へと転換。物販管理 IT システムを SQL Server ベースで構築しリアルタイムのビジネス インテリジェンス (BI) と多店舗体制を整備。Oracle ベースのシステムも多数開発していたが、このシステムではデータベース (DB) に SQL Server を採用。品質が十分に安定しており、価格もお手頃。また、BI 用の機能として Integration Services、Analysis Services、Reporting Services の 3 機能が標準で装備されており、データを分析して可視化するアプリケーションの開発に最適だと判断。プログラミングのプラットフォームとして使っている .NET Framework との親和性が高いことも、SQL Server に決めた理由の 1 つ。
  • HOYA株式会社:世界 102 拠点を結ぶ SAP システムの運用コスト削減とパフォーマンス向上を目指し、本番環境の 8 インスタンスを既存の UNIX/Oracle 環境から、Windows Server/Microsoft SQL Server を活用したクラウド環境へ、わずか 4 か月で移行。汎用性に欠ける環境、高コスト体質から脱却させつつ、さらなる機能とパフォーマンス、リソース確保の柔軟性などを実現させる必要がありました。
  • コマニー株式会社:チューニング作業に手間がかかっていたデータベースを標準設定でも高パフォーマンスの Microsoft® SQL Server® にリプレース。サポートをスポット型にすることで、ランニング コストもゼロにMicrosoft® Visual Basic® 5.0/6.0 と Oracle 8 ベースのシステムを Microsoft® Visual Basic 2005 と SQL Server ベースへと作り替えることによって、所期の目的を達成し、ランニングコストの抑制にも成功しました。

 

関連資料

 

Skip to main content