便利で革新的、魅力的な都市トロントが WPC 2016 の開催地に決定【1/19更新】


(この記事は 2015 年12 月 2 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Convenience, innovation, and fun: why we chose Toronto for WPC 2016 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

Dean Martin author blockv3

 

トロントはあらゆる面でマイクロソフト パートナー ネットワークの精神を具現化していると言えます。これほど革新的で多様性に富み、温かく迎えてくれる都市はないでしょう。

しかし、WPC 2016 の開催地としてトロントが選ばれた理由はそれだけではありません。

1. 利便性

トロントには世界各地からの直行便が毎日運航しており、アクセスしやすく、到着後の移動も簡単です。空港と市内を結ぶ鉄道が新たに開通したほか、清潔なタクシーが多数走っており手頃な料金で利用できます。WPC 2016 の会場となるのはメトロ トロント コンベンション センターです。ダウンタウンの中心部に位置し、徒歩圏内には多数のレストラン、ホテル、娯楽施設があります。何をするにも遠くまで出かける必要はありません。

2. テクノロジの中心地

トロントは近年急速に、世界有数の最先端テクノロジの中心地へと成長しつつあり、国際競争力ランキングで 1 位に輝きました。イノベーションをご覧になるために WPC に参加される皆様にとって、創造力にあふれる都市トロントは最適な舞台だと言えるでしょう。参加される皆様は、急成長するマルチ セクターの経済と金融の中心地で WPC 以外のビジネス チャンスに遭遇できるかもしれません。

3. さまざまな魅力

トロントは、あらゆる人を温かく迎え入れてくれる街であり、だれもが楽しむことのできる街です。安全性、緑の豊かさ、清潔さ、教育機関の充実度など、さまざまな面で最も住みやすい都市として評価されている一方で、観光スポットも非常に充実しています。

 

本格的なカナダ料理をお探しでしたら、200 年の歴史を刻むセント ローレンス マーケット (英語) のピーミール ベーコン サンドイッチや、フード トラックで販売されているトロント名物のプーティンをぜひご賞味ください。

芸術や建築にご興味がある方には、北米最大の規模と最高の保存状態を誇るビクトリア朝時代の産業建築群、ディスティラリー歴史地区 (英語) の散策がお勧めです。

ご家族連れの方は、トロント動物園 (英語)カナダ リプレイ水族館 (英語)トロント・ブルージェイズ (英語) の試合やヤング・ダンダス スクエア (英語) の噴水とライブ公演をお楽しみください。

スリリングな体験を楽しみたい方は、トロント CN タワーの展望台の外周を歩くエッジ ウォーク (英語) に参加して、地上 356 m の恐怖に挑戦してみることをお勧めします。

 

公式 2015 年版観光ガイド (英語) では、その他にも多数の観光名所やアトラクションをご紹介しています。

wpc_1

WPC を有意義に過ごすためには、事前計画 (英語) が肝心です。トロント滞在中の予定を今から計画しておこうという方は、ぜひ WPC 2016 の案内ページ  をご確認ください。

WPC 2016 の開催までに、モバイル アプリ、カンファレンス ガイド、事前情報に関するドキュメントを随時公開し、夕方からのエンターテイメントやレストラン、文化体験など、たくさんのお勧め情報をご紹介する予定です。詳しくは、今後のブログをチェックしてください。

ご予約がまだお済みでない方は、こちらから今すぐご登録 をお願いします。現在、すべてのアクセス パスを事前割引価格 (1,795 ドル) にてお求めいただけます。

※日本のパートナー様向けにWPC 参加 パッケージツアーを企画しており、詳細は3月にご案内予定です。

トロントでお会いできることを楽しみにしております。

 

 

Skip to main content