【最終案内】2016年1月12日までに Internet Explorer を最新版にアップグレードしましょう【 1/9 更新】


Internet Explorer

再三にわたりお知らせしている通り、動作するオペレーティング システムのライフサイクルに準拠していた Internet Explorer のサポートポリシーが、2016 年 1 月 12 日より、各オペレーティング システムの最新版の Internet Explorer のみへと変更になります。それ以前の Internet Explorer へのテクニカル サポートとセキュリティ更新プログラムの提供は行われなくなりますのでご注意ください。

2016 年 1 月 12 日を過ぎて最新版ではない Internet Explorer を使い続ける場合は、セキュリティリスクに関する危険性を考慮する必要があります。セキュリティ更新プログラムは、マルウェアによって悪用されることがある脆弱性を修正し、ユーザーとデータの安全性を強化します。 定期的にセキュリティ更新プログラムを適用することで、悪意のある攻撃からコンピューターを保護できるため、ブラウザーをアップグレードして最新状態に維持することが重要です。

詳細については、以下のリンクをご覧ください。

▼ Windows の公式告知ページを参照する

▼ IPA – 【注意喚起】 Internet Explorer のサポートポリシーが変更、バージョンアップが急務に

Skip to main content