2016 年もマイクロソフトと Microsoft Partner Network をよろしくお願いします 【 1/5 更新】


新年あけましておめでとうございます。少し暖かい 2016 年のはじまりでしたが、いかがお過ごしでしょうか。

本日から MPN ブログの記事掲載を再開します。昨年の 3 月から土日祝日も含めてほぼ毎日という怒涛のスピードで、内容もプログラム紹介、キャンペーン紹介からクラウド時代のビジネスモデル、事例、製品動向にわたるまで様々な内容をお届けしてきましたが、今年も引き続き同様に掲載していく予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

さて、昨年もお客様の IT に対する要望はクラウドファーストでというところがますます増えてきました。この傾向は今後もとどまることなく拡大していくと考えられています。当社もお客様のクラウドファーストのご要望にお応えするために、製品もさることながら、9 割を占めるパートナー様を通しての販売体制をクラウド対応にすることに今年も全力で取り組んでいく予定です。

また、当社では年に 2 回、パートナー様にアンケートをお願いしており、そこで頂いたフィードバックを施策に反映させる取り組みを行っておりますが、昨年秋に実施されたアンケートからご要望の多かった項目を中心に施策に反映させていく予定です。以下では新年冒頭に当たり 2016 年に Microsoft Partner Network としてパートナー様のご要望にお応えするための取り組みとして行う予定の主な取り組みをご紹介していきます。

(※ 昨年 2015 年の取り組みはこちらをご覧ください)

 

MPN ポータルを改善します

一番多くいただいたフィードバックの一つに、MPN ポータルについてのことが挙げられます。MPN ポータルの表示速度が遅い、ナビゲーションがわかりにくい、英語コンテンツが表示されてしまうなどの課題がありましたが、MPN ポータルは 3 月までにコンテンツ管理システム (CMS) を Azure 上に構築された SiteCore プラットフォームに順次移行することで改善を行います。まず、従来はアメリカにしかなかったサーバーを、アジア地域を含む地域ごとのサーバーに分散構築することで表示速度が改善します。SiteCore への移行によりナビゲーションがよりわかりやすくなるとともに、英語コンテンツが表示されてしまう確率が減少します。

 

プログラム変更や易しい説明を継続して発信します

また、パートナーの皆様から多く頂いたフィードバックの中には、プログラム変更がわかりづらい、プログラムの説明を理解するうえでの単語や説明が難しいというものもありました。MPN プログラムは現在、クラウドビジネスに適応するために定期的に変更がかかっています。一番大きな変更は通常、夏の Worldwide Partner Conference (WPC) で発表され、10月頃に実装されますが、小規模な変更はほかの時期にも行われることがあります。プログラムの説明はできる限り平易な言葉での説明にすると同時に、MPN ブログやニュースレターなどでもプログラム変更の要点を簡単に理解できたり、新しく MPN プログラムに加入するか他部門から異動されてくるなどして MPN プログラムを初めて学ぶ方のためのコンテンツを充実させていき発信していく予定です。MPN ブログ上では「プログラム変更」のタグを見ることで過去のプログラム変更点を把握することが可能です。

2015 年 10 月に行われた MPN の大規模な変更に関する Web キャストはこちらで発信しています。

Office 365 や Azure の製品に関する最新アップデートは、四半期に一度 mstep の Web キャストで発信していきます。過去の Web キャストの録画は以下の記事からリンクされているページでご覧いただけます。

 

クラウドビジネスのパートナー事例を引き続き公開します

フィードバックにはほかにも、他社がどのようにクラウドビジネスを進めているのか、どのように考えているのかをもっと知りたい、というご意見がありました。MPN ブログでは、クラウドビジネスを成功させている様々なタイプのパートナー様に取材を行い、パートナー成功事例シリーズとして、毎週火曜日にこのブログで公開しています。この取り組みは昨年の 3 月末から始めて、すでに 25 を超える事例記事が公開されています。人気のある記事 Top 10 をここではご紹介します。

今後も、可能な限り毎週火曜日に新しい事例を公開していきますので、ご期待ください。加えて、パートナーカンファレンスの場などでも、パートナー事例セッションをなるべく多く設定していきたいと思います。事例取材を受けたい、というパートナー様も大歓迎です。

 

サポート窓口の連携を進めます

サポートについてはその取り組みや品質について高い評価を多くいただいた一方、窓口が多すぎたり窓口同士の連携に課題があるというご指摘もいただきました。パートナー様のお問い合わせは、パートナー コール センター で一元的に受付をさせていただいていますので、最初のお問い合わせはこの窓口にいただくことになります。また、サポート窓口一覧やそこで受け付ける典型的な内容を分かりやすくしたり、連携を強化したりする取り組みも進める予定です。

 

クラウドでの収益確保とプログラム改変への取り組みを進めます

最後に、ライセンス販売からクラウド利用料への収益構造変化に、どのように対応して行くのか具体的な事例や支援策をもっと提示してほしいというご意見もいただいています。これについては、パートナーカンファレンスやセミナー、Web キャスト、ビデオなどで認知を進めていくと同時に、パートナーの皆さまがよりクラウドビジネスを行いやすいように 2016 年も引き続き MPN プログラムの改変を行っていく予定です。

 

あわせて、アンケートから分かっているのは、MPN の人気コンテンツである mstep トレーニング、および社内使用ライセンス特典 (※) をご活用いただいているパートナー様は、特にマイクロソフトとのパートナーシップにご満足いただけているということです。これらのコンテンツは引き続き推進して行く予定です。

※ 社内使用ライセンス特典はアクションパック以上のパートナー様がご利用いただけます。

 

「マイクロソフトお客様満足度調査」へのご協力ありがとうございます

いただきました皆様の貴重なご意見は、よりご満足いただける製品やサービスの提供のために活用させていただきます。ご意見を多くいただいた項目については、対応策を今後も Web ページ上で公開させていただく予定です。

 

2016 年もお客様のクラウドシフトの状況についていけるように様々な施策、ご支援策を展開していく予定ですので、引き続き当社製品、サービスのご愛顧のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

パートナービジネス推進統括本部 プログラムマーケティング本部 本部長

米田 真一

 

Skip to main content