Windows 10 初のメジャー アップデートが公開されました 【11/15 更新】


これまで TH2 と呼ばれていた Windows 10 初のメジャーアップデートが公開されました。今回この無償アップデートが配信されることで、プラットフォームが成熟し、あらゆる法人のお客様に自信を持って Windows 10 の展開をお勧めできるようになる点です。一般ユーザーのエクスペリエンスの主な変更点として、以下のことが挙げられます。

  • パフォーマンス: 日常的なタスクのパフォーマンスが向上しています。たとえば、同じデバイスで起動時間を比較すると、Windows 7 よりも 30% 近く短縮されています。
  • Cortana: 日本語版 Cortana が搭載されました。
  • Microsoft Edge: パフォーマンスやセキュリティが向上すると同時に、タブ プレビューが導入されました。

この他にも、メール、カレンダー、フォト、Groove、Xbox、ストア、OneNote、ソリティアなど、さまざまなアプリの機能が強化されています。

 

IT 管理者向けには以下の 2 点のサービスの導入が大きな変更点です。

  • Windows Update for Business: 企業への更新プログラムの展開を IT 担当者が管理できるサービスです。
  • ビジネス向け Windows ストア: IT 担当者が Windows 10 デバイス向けアプリの検索、取得、管理、配布を柔軟に行えるサービスです。

新しくなった Windows 10 をいち早くご体験ください。アップデート内容の詳細は以下の記事をご覧ください。

▼ Windows 10 初のメジャー アップデートを本日公開

Skip to main content