企業ブログを始める前に考慮すべき 5 つのポイント 【10/19 更新】


(この記事は 2015 年 9 月 24 日に Microsoft Partner Network Blog に掲載された記事 5 questions to consider before starting a corporate blog の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

まずは、基本的な質問から始めましょう。

ブログは簡単、ですよね?

何事もそうですが、得意な人がやれば簡単そうに見えるものです。しかし、実際に企業ブログを運用するには、計画性や根気やプロフェッショナルな姿勢が必要です。

企業ブログを始める前に考慮すべき 5 つのポイントを以下にご紹介します。ブログの運用が自社にとって意義があるのか判断する際に、また、実際に運用するとなったときにブログ作りを進めるうえで、ぜひ参考にしていただければと思います。

  1. なぜブログを運用するのか
  2. アイデアやコンテンツをどこから得るか
  3. 何を目標とするか
  4. 何を使って作成するか
  5. 閲覧数を増やすにはどうすればよいか

それでは、各ポイントについて、詳しく見てみましょう。

1. なぜブログを運用するのか

ブログを運用する目的や意図として、次のようなものが考えられます (複数該当する場合もあります)。

  • 認知度を高める – 企業のプロフィールや事業内容を目にしてもらいたい、あるいは事業の詳細についてどこで確認できるかを広く知ってもらいたいというのは、企業がブログ運用に着手するのに十分な理由です。
  • 信頼性を証明する – 自社がある分野のエキスパートであるなら、専門知識や技術に関する情報を公開しましょう。公開する内容によって自社や社員を差別化できるということがわかってくるかと思います。

業界のエキスパートとして認知されたとしても
なんら支障はありません

  • お客様、パートナー、社員に光を当てる – これは、アイデアやコンテンツをどこから得るかというポイントにもつながります。個々のお客様について具体的に言及することは難しいかもしれませんが、専門家としての見解を語り、知ってもらうことはできるはずです。
  • ビジネスを拡大する – 今や世界がビジネスの場です。オンラインではますます簡単に情報を検索できるようになり、自社の製品やサービスを世界に配信するのもまた簡単です。販路を別の地域に拡大する場合でも、あるいは国境を超えて拡大する場合でも、道を切り開くうえでブログは大いに役立ちます。
  • 閲覧者を獲得する – これは、ビジネスを拡大するという目的とも密接に関連します。今日では自身の意見や成功事例、専門知識を、かつてないほど簡単に公開できるようになりました。世の中にはさまざまなことに関心を持つ人がいます。自社のターゲットとなるユーザーを特定し、閲覧数の獲得につなげてください。

2. アイデアやコンテンツをどこから得るか

これは簡単です。と言いますか、どこから得られるかをお答えするのが簡単だという意味です。優れたコンテンツを作成する秘策は、お客様やパートナーや社員にあります。ぜひ、その方々に以下のような自由回答形式の質問をしてみてください。質問がピンと来ないなら (あるいは、これという回答が得られないなら)、お好きに変更していただいてもかまいません。お客様もパートナーも社員も、だれもが改善を願っているものです。たいていの場合は、自分たちの考えを積極的に教えてくれるはずです。

  • どのようなことに関心がありますか?
  • 御社のビジネスを支援するうえで、私たちにできることは何ですか?
  • 御社の生産性向上に、私たちの製品はどう役立っていますか?

3. 何を目標とするか

重視すべきは指標です。企業ブログの運用では測定、監視、管理を行う場合もあります。ブログの状況を把握することが大切です。すべてのブログ プラットフォームには、閲覧数をはじめ、閲覧者がどこから来たか、ブログ内でのクリック数、投稿記事のパフォーマンスに関連するさまざまな情報などを監視できるように各種ツールが用意されています。また、サード パーティ製ツールを使用すると、より詳細な情報を得たり、エクスペリエンスのカスタマイズに利用したりできます。

 4. 何を使って作成するか

数多くの選択肢があります。最も一般的なツールの 1 つが WordPress です。数百ものプラグインが用意されているほか、ブログの利用、開発、普及 (次項を参照) について熟知した専門家から成るきわめて強力なネットワークを備えています。

5. 閲覧数を増やすにはどうすればよいか

これは少々難しい問題ですが、端的に言ってしまえば、一度投稿した内容を何度も繰り返し投稿することです。Guy Kawasaki 氏が提案するモデルを試してみるのもよいと思いますし、自社が携わる業界やビジネスを展開している地域、あるいは自社のビジネスに影響を及ぼすその他の要因に基づいて、独自のモデルを編み出すのも 1 つの方法です。

Guy Kawasaki 氏による手法 – 同じ内容の記事を 24 時間で 3 回、つまり、8 時間おきに投稿します。これを 2 ~ 3 日おきに 1 週間繰り返します。

LocalVox (英語) によれば、投稿するタイミングも重要です。

一度の投稿では不十分ということがこの図からもわかります。

大切なアドバイスをもう 1 つ: 継続は力なり

私たちが心がけるべき最も重要なことの 1 つが、継続することです。発信力を高めて、閲覧数を増やし、投稿のリズムをつかむまでにはある程度の時間が必要になります。焦らず取り組んでください。ブログ運用は一種のスキルなので、習得には時間がかかるのです。

企業ブログを始める前に、今回ご紹介した 5 つのポイントについてじっくり考えることで、物事を確実に正しい方向に進めることができるでしょう。企業ブログの開始にまつわる皆様ご自身の事例やベスト プラクティスについても、ぜひお聞かせください。ブログを始めたきっかけや、プラットフォームの選択基準、投稿管理のカレンダーを利用したかどうかなど、MPN の Facebook のページまでお寄せいただければ幸いです。お待ちしています。

Skip to main content