新しいクラウド コンピテンシーについての最新情報 【9/28 更新】


(この記事は 2015 年 9 月 18 日に Microsoft Partner Network UK Blog に掲載された記事 New Cloud Competency Updates の翻訳を改編しています。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

 

今日、クラウドの採用が広がっています。全世界のパブリック IT クラウドサービスの売上高は 2017 年までに 1,080億米ドル (*マイクロソフトの要請で実施された 2014 年の IDC による調査) になると予測されています。マイクロソフトではクラウド業界をリードする様々なパートナー様が、どこに投資して、どのようにビジネスモデルをシフトし、時には新旧のモデルを混合しているかということを見てきました。クラウドをリードするパートナー様は、まだマイクロソフトのパートナーエコシステムの中ではまだ少数派であり、新しい道を切り開いている途中です。しかし、これらのパートナー様は将来にむけて既存のパートナー様よりも大きく、よりよいポジションを得ていることを付け加えておく必要があります。

これらのパートナー様は既存のクラウドにフォーカスしていないパートナー様と比べて利益増加率が 1.6 倍であるという統計を前に見たことがあるかもしれません。だいたい 20% のパートナー様がこのグループに属しています。この違いを形成しているのはクラウドだけなのでしょうか? Office 365 の販売を始めただけで突然成長を始めるのでしょうか?

合理的な解釈としては、これらのクラウドをリードする企業はすでにクラウドファースト戦略ですでに成功を収めているということです。これらのパートナー様は多くの場合、単純にクラウドソリューションのみを販売しているのではなく、多くの場合、ハイブリッドのソリューションを提供しています。

マイクロソフトでは、パートナー様がクラウドソリューションを開発、ホスティング、管理、そして販売することで利益を出すためのご支援ができると自負しています。マイクロソフトには Office 365、Microsoft Intune、Azure、CRM Online といった包括的なクラウド製品やサービスのポートフォリオがあります。そして、マイクロソフトは真のハイブリッドアプローチをとっており、お客様のビジネスニーズに合うように、また、お客様ご自身の方法でクラウドを採用できるように、クラウドを柔軟にご提案することができます。

 

Enterprise Mobility Management コンピテンシー

クラウドの機会をビジネスにしようとしているパートナー様をご支援するため、MPN はパートナー様がクラウドの実績を証明するための 4 つのコンピテンシーを提供しています。10 月始めより新しい 5 つめのクラウド コンピテンシーである Enterprise Mobility Management コンピテンシー の提供を開始します。これにより Enterprise Mobility Suite をサポートします。

これらのクラウドコンピテンシーの要件を達成したパートナー様は、シルバーレベルを無料で、ゴールドレベルを割引価格で取得できます。また、以下の追加の特典をご利用になれます。

  • ご利用回数無制限のクラウド サポート
  • 社内使用ライセンス基本特典に加え、追加の社内使用ライセンス特典、開発環境、テスト環境の特典
  • パートナー様向けインセンティブと特別キャンペーンへの参加
  • Pinpoint 掲載の優先順位付け
  • ゴールドレベルになると、電話または人による営業担当がつきます

 

クラウドコンピテンシーの新しい取得条件

既に利用できる 4 つのクラウド コンピテンシーの取得条件も変更になります。

コンピテンシー シルバーの新しい実績要件 ゴールドの新しい実績要件
Cloud Productivity Office 365 のサービスで 2,000 アクティブエンタイトルメントを実現 Office 365 のサービスで 4,000 アクティブエンタイトルメントを実現
Small and Midmarket Cloud Solutions 過去 12 か月に新規 4 顧客に 40 シートを販売 過去 12 か月に新規 25 顧客に 250 シートを販売
Cloud Platform 過去 12 か月に Azure 消費 1 万 5 千米ドルを達成 過去 12 か月に Azure 消費 10 万米ドルを達成
Cloud Customer Relationship Management 過去 12 か月に新規 150 アサインシートを達成 過去 12 か月に新規 450 アサインシートを達成

 

資格者とアセスメントについての条件変更

マイクロソフトは、マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) 個人を各々のゴールドコンピテンシーに割り当てる要件を削除します。これにより、貴社で複数の資格を持つ従業員または派遣社員が在籍している場合、その人の資格は単一のゴールドコンピテンシーではなく複数のゴールドコンピテンシーの条件を満たすために利用できるようになります。

マイクロソフトは営業アセスメントの要件をすべてのコンピテンシーから削除します。営業トレーニングとアセスメントは必要に応じて引き続き利用できます。

 

Windows and Devices コンピテンシー

クラウド コンピテンシーについての最新情報に加えて、2015 年後半に新しい Windows and Devices コンピテンシーも提供開始されます。

マイクロソフトのクラウド戦略とは、オンプレミス、プライベート、パブリッククラウドをマイクロソフトの豊富なパートナー エコシステムと組み合わせて、両社のお客様に販売をすることです。

これには決められたやり方というものはありませんが、マイクロソフトはこれらのコンピテンシーをパートナー様にご提供することでお客様が必要とするソリューションをパートナー様が提供できるようにすることを少なくともご支援させていただきます。

 

Skip to main content