顧客のニーズに合ったマーケティングの進め方【 9/18 更新】


テレビ CM、看板広告、雑誌広告など、以前は媒体への露出がマーケティングの中心でした。さらに、これらの広告を成功させるには莫大な予算が必要でした。しかし、それはもう過去の話です。

IT が消費者の購買行動を変えました。彼らは ITの進歩により、様々な商品情報を手に入れられるようになりました。また、以前は顧客にモノやサービスを「売る」ことがマーケティングの主眼でしたが、現在では、顧客と会話し、競合他社より顧客を熟知し、顧客のニーズに合致したシナリオを実行することが重要になってきました。

もちろん、こうしたマーケティング プロセスを創り出すのは容易ではありません。カスタマー インテリジェンスに費やすリソースのない企業にとってはなおさらです。

しかし、クラウド テクノロジの登場により、こうしたツールが誰にでも利用できるようになりました。誰もが顧客に関するインサイトを簡単に手に入れ、顧客のニーズに合った方法で、お客様との関係を深めることができます。

 

顧客を知る

自社の商品やサービスに関する知識がどんなに豊富でも、顧客を満足させることは容易ではありません。顧客や見込み客をあらゆる角度から理解する必要があります。

かつて、顧客に関するインサイトを手に入れるのは非常に困難でした。しかし、Office 365 と Microsoft Dynamics CRM Online を使用すれば、POS システムや売上管理ソフトウェアなどの社内リソースから、顧客データを簡単に取り出し、最近の Facebook の投稿やお客様の Web サイトのイベント カレンダーなど、一般に公開された情報と組み合わせることができます。また、グラフやダッシュボードなどのわかりやすいフォーマットで、データを表示することも可能になります。

▼ 続きを読む

Skip to main content