お客様のクラウドの消費を進めるためにビジネスインテリジェンスを導入します 【7/20 更新】


(この記事は 2015 年 7 月 9 日に Microsoft Partner Network Blog に掲載された記事 Using BI to drive your customer’s cloud consumption の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

より多くのお客様がクラウドの価値と機会に気づくにつれ、私たちはパートナー様とお客様から素晴らしい移行事例について聞くようになってきました。今や、お客様との間に交わされる会話は「どのようにクラウドに移行するか」から「どのようにクラウドに適合して消費を進めるか」に変わってきています。私たちがパートナー様およびお客様の業務をクラウドに移行するために最適なツールをご用意したように、今や、クラウド利用を促進するために必要なツールを確実に提供したいと思っています。

私たちは、お客様がどのようにクラウドを利用しているかをわかるようにするため新しい クラウド サービス パートナー ダッシュボード を公開しました。 貴社がお客様の「指名パートナー」となっている場合、お客様のクラウドの利用状況が MPN ポータルを通じてダッシュボードに表示されます。そのため、貴社ではお客様の一部始終を効果的に能動的に監視、管理することが可能です。更新されたダッシュボードにより、以下の情報についてひとめでわかる追加情報にアクセスすることができます。

  • Azure サブスクリプションと消費
  • 機能群ごとの Office 365 のアクティブ ユーザー

Azure の消費データと Office 365 のアクティブ ユーザーデータにより、お客様がクラウドサービスをどう利用しているかについて最初から最後まで見ることを可能にします。機能群ごとにまでアクティブ ユーザーの情報を見られるようになり、より深い洞察と利用上の課題に焦点を当てることができるようになります。

 

このダッシュボードにより、パートナー様がお客様に積極的に働きかけることを可能にすると同時に、お客様の展開と更新も管理することができます。更新時期はクロスセルとアップセルを促す絶好のタイミングであり、ダッシュボードによりオンデマンドで情報を取り出すことができます。

このダッシュボードはすべての情報を見ることができます。新しいデータ可視化の手法により、行動可能な洞察をひとめで知ることができ、必要に応じてより多くの情報を得ることができます。これにより、MPN ポータル上からすべて必要な情報を得て次のステップを明確にして行動を起こす支援をいたします。

私たちはパートナー様が、ビジネス機会を知って健全なクラウドビジネスを運営することを支援します。ダッシュボードの最大の価値は、貴社がアクセスするサブスクリプション、更新、指名パートナーの状況、お客様の利用状況などの情報がパートナー様ごとの状況、パートナー様のお客様ごとの状況を示しており、貴社のビジネスやお客様を強化するための決断を可能にするものであることであると信じています。さあ、いますぐダッシュボードにアクセスして利用してみましょう。

Skip to main content