ソートリーダーシップを通じてブランドを構築するための 10 の提言【4/16 更新】


(この記事は 2015 年 4 月 2 日に Microsoft Partner Network Blog に掲載された記事 10 tips to build your brand through thought leadership の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

この数年間、私はクラウドパートナーの成功と利益率の確保に多くの時間を費やしてきました。そして、その中の営業とマーケティングに関してのベストプラクティスのひとつが、ソートリーダーシップ (※) とソーシャルメディアを通してブランドを築くことの重要性でした。このことは IDC の 2014 年の「成功するクラウドパートナー 2.0」の調査を通じて証明されています。

成功するクラウドパートナーの調査では、競合他社の中で光る武器が必要になることが分かっています。お客様は多くの知識を持っており、ベンダーを選定する前にオンラインでたくさんのことを調べています。そのため、なるべく急いでブログ、ツイッター、ビデオ、オンラインセミナーコンテンツ、そしてこれらをうまく統合する Web サイトを活用してオンラインにおける存在感を出すことに投資することがとても重要です。自分の意見を確立するために、私は成功しているパートナー様とお話ししたり、ソーシャルメディアのリーダーをフォローしたりしました。以下が、ソートリーダーシップを通じてブランドを構築するのに私がお勧めの 10 の提言です。

  1. 自分自身の意見を作り、ブログで知っていることを公開しましょう: 私は比較的新しいブロガーです。自分のブログ記事はすべて自分で書き、自分自身の経験に基づいてディスカッションができるものにフォーカスしています。
  2. チーム全体を巻き込みましょう: 多くのパートナー企業様が、会社のブログは社長名のものしか出してはいけないと思っています。こう考える替わりに、チーム全体を巻き込むことを考えてみましょう。お客様は一緒に働くパートナー様が深い経験を持っているかどうかを知りたいと思っています。パートナー様の社長、技術チーム、コンサルタントがすべてブログを書いていたら、お客様はパートナー様のスキルを信用してくれるでしょう。
  3. コンサルタントや技術チームの空いた時間、非課金の時間を活用してコンテンツを作りましょう: 私がお話ししたいくつかのパートナー様は、コンサルタントの空き時間や非課金の時間を使ってホットな話題やビデオコンテンツを作成することを勧めていました。これは従業員を巻き込んでプロジェクトの間の空いた時間を活用する素晴らしい方法です。
  4. 社内コンテストを通じてチームによりたくさんブログ記事を書いてもらうように促しましょう: Perficient のマイクロソフトクラウド戦略担当ディレクターの David Greve 氏は「私はすべてのコンサルタントがブログを書くことを推奨しています。しばしば、コンサルタントがもっとブログを書くよう社内コンテストをやって報酬を出している」とお話しされていました。
  5. ソートリーダーシップで見せたい異なるトピック、業界、領域にフォーカスするブログを開発しましょう: Perficient がとても良い取り組みをしています。彼らの Web サイトの Thought Leadership Blogs (英語) のページを参照ください。彼らは 14 のブログに投稿中で、デジタルへの移行から医療と金融が中心の業界特化のブログまでを扱っています。
  6. 署名入りの記事を開発してブランドづくりをすることを心がけましょう: 署名入りの記事により、お客様がテクノロジーについて学ぶ場に飛び込む機会を得ることができます。「我々は沢山の署名入りの記事を作成しました。私も少し前に "Wired" に署名入り記事を投稿し、雑誌 "チェーンストアエイジ" にひとつだけ掲載されました。私の感覚では、ひと月に一度の掲載がソートリーダーシップを生み出しました。それは存在感を構築し続けインバウンドのトラフィックをドライブしました。」 — Alex Brown 氏, 10th Magnitude
  7. スピーカーになる機会を最大限活用しましょう: お客様と話したり業界イベントでスピーカをすることは、あなたの会社をソートリーダーにする素晴らしい機会です。このような機会をツイッター、LinkedIn、Facebook で事前、開催期間中、事後に宣伝することで、最大限に活かしてください。イベントのハッシュタグを活用し、写真やスピーカーの意味ある引用を投稿し、スポンサーには感謝をしてください。
  8. YouTube を活用しましょう: 購買担当者が YouTube をより多く活用して購入の意思決定をするようになっていることはもはや公然の事実です。ソートリーダーシップキャンペーンを行うときに、ビデオを活用して会社についての説明をしたり何ができるのかを考えるのは重要な戦略です。調査によると、ビデオは短く、出来がよく、的を得たものであるほど効果的に働きます。
  9. 良いオンラインセミナーの力を過小評価しないようにしましょう: クラウドのマーケティングについて考える時、特に中小企業のお客様に販売するのであれば、より多くのお客様へのリーチを確保するために可能な限り多くの一対多のフォーラムを活用してください。この手法は安価で録画もできるため、Web サイトに掲載して見込み客を生成し、ソートリーダーシップを確立させます。短く出来の良いものになるようにしてください。
  10. ツイッター、Facebook、LinkedIn などのソーシャルでソートリーダーシップのコンテンツを増幅し最大限活用して、見込み客を Web サイトに呼び込みましょう: この項目は言うまでもないものです。コンテンツを作成したら、見込み客やお客様に見せる方法を計画する必要があります。「我々の Web サイトでは良いアクティビティがドライブされています。たくさんの見込み客を得ている理由は、我々はツイッターとブログをとても活用しているからです。我々は適切な最新のコンテンツを常に提供しています。電子メールを出すときは、"今すぐ購入" といったメッセージというよりは、面白い知識のリーダーとして出しています。」 — Cloud Business 社 業務執行役員 James Butler 氏

これらの提言が有益なものであることを願います。読者のベストプラクティスやパートナー様の収益性についての質問を知りたいと思っています。そのような声をツイッターにお寄せください。

次回またお会いしましょう!
Jen

 

※ 訳注: 「ソートリーダーシップ (Thought Leadership)」とは、自分の考え方を表明し、特定の分野やビジネスの世界でリーダーシップをとっていく手法のこと。

 

参考情報

訳注: 以下のトピックもご参考ください。

Skip to main content