北國銀行、Microsoft Intune で iPhone 約 1,100 台管理! 採用事例公開 【3/4 更新】


2014 年 11 月の本店移転を目標に、行内の情報インフラ刷新プロジェクトを進めてきた株式会社北國銀行様。そのプロジェクトの一環として、行員に iPhone を配布し、モバイル型ワーク スタイルを強化してきました。そこでデバイス管理システムとして採用されたのが、Microsoft Intune です。
Microsoft Intune は、行内のシステム管理に利用されている System Center Configuration Manager との親和性もあり、良好な操作性に加えて、自動的に新機能が追加されていくクラウドならではの特長が高く評価されています。
これによって約 1,100 台という大規模な iPhone 展開を一気に実現することを可能にし、業務遂行の必須ツールとして積極的に活用されています。

Microsoft Intune は、ここ数年でモバイル デバイスおよびモバイル アプリケーション管理機能を強化しています。
本事例は、金融機関における iPhone の管理にマイクロソフトのクラウド サービスが採用されている代表的な事例となりますので、ぜひ、ご参照ください。

▼ 北國銀行様の Microsoft Intune 導入事例の詳細はこちら

Skip to main content