マイクロソフトの企業向けクラウドは業界をリードし最も包括的なエンタープライズ クラウド サービスを提供します【2/18 更新】


マイクロソフト パートナー ネットワーク最新情報

ご存知ですか?マイクロソフトが提供する企業向けのクラウドは、パブリッククラウドと内部設置、ハイブリッドのオプションがあることはもちろん、カバーするサービスもグループウェア、開発プラットフォーム、業務アプリケーションや管理サービスなど、企業で必要なサービスを幅広くもっとも包括的にご提供しています。通常のクラウド サービス提供ベンダーでは、単一のエリアのサービスであったり、パブリッククラウドのみの選択肢しかなかったりと、選択肢の幅が狭まってしまう、企業内の他のシステムと統合しようとするとテクノロジーが異なるため統合に時間とコストがかかる、などの課題があります。マイクロソフトの企業向けクラウドは、企業内の他のシステムとも同一のテクノロジーで統合できますので安心です。

また、パートナー企業様の立場からもお客様にさまざまな選択肢を単一ベンダーのテクノロジーで提案することが可能になるため、効率的な提案ができたり、ひとつのサービスを販売した後、別の関連サービスや製品を続けてご提案いただくことも可能となります。

さらに、マイクロソフトの企業向けクラウドは日本をはじめとする全世界で急速に広がっていることが数字にも表れています。

  • Microsoft Azure は日本においてはオンライン契約が 2 倍、この 3 年でビジネス規模が 10 倍となっており、グローバルでもフォーチュン 500 企業の 57% が利用している。
  • Office 365 はマイクロソフト史上最速の成長を遂げており、日本においては 2 年間で 5.5 倍の売上、日経 225 銘柄企業の 70% で採用されています。
  • Microsoft Dynamics CRM Online はグローバルで 80% の成長を続けており、日本でも前年比 2 倍、2 年で 6.7 倍の売上を記録しています。

マイクロソフト クラウドの全貌はこちらをご覧ください。

▼ クラウドでビジネスに力を - Microsoft Cloud の概要はこちら

Skip to main content