Office 365 中小企業向けプランに関するアップデート 【8/22 更新】


マイクロソフト パートナーネットワーク最新情報

Office 365 の中小企業向けの製品ラインナップに対する顧客やパートナー様からのさまざまなフィードバックやご要望にお応えすべく、10月1日より “Office 365 Business” を新たに追加します。
同時に、Office 365 Small Business エディションならびに Midsize Business の SKU は廃止となります。

過去 3 年間、Microsoft はお客様ならびにパートナー様からのフィードバックや、ご要望にお応えして多くのアップデートや新機能を発表してきました。今回のリリースについても、多くのフィードバックを反映し、より中小企業のニーズを満たすための製品リリースとなります。

*新しい 3 つのプラン

マイクロソフトは、従業員 1 ~ 250 名規模の中小企業 のニーズに最適化された Office 365 の 3 つのプランを、2014 年 10 月 1 日より提供開始いたします。新しい 3 つのプランは以下のとおりです。

◆Office 365 Business

Office アプリケーション (Outlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、および Publisher) と OneDrive for Business クラウド ストレージ 1 TB を提供します。

ドキュメントには Windows PC、Mac、iPad、Windows タブレットおよびスマートフォンからアクセスし、ダウンロード、編集、共有することが可能です

Office 365 Business Essentials

ビジネス運用の基盤となるクラウド サービス (ビジネス向け電子メール、Office Online、オンライン ミーティング、IM、ビデオ会議、クラウド ストレージ、ファイル共有など) を提供します。

Office 365 Business Premium

Office 365 Business プランと Business Essentials プランのサービスをすべて提供します。

現在中小企業の皆様にご利用いただいているプラン (Small Business、Small Business Premium、および Midsize Business) は、これらの新しいプランに順次置き換えられます。また、エンタープライズ向けプランに変更はありません。

現在提供されているプランは Office.com にてご確認いただけます。

新しいプランには、Office 365 の利用開始や拡張について中小企業 の皆様からお寄せいただいたご要望が反映されていますので、チェックしてみてください。

▼ Office 365 中小企業向けプランに関するアップデートの詳細はこちら

Skip to main content