法人向け Surface の販売チャネルに企業向けと公共・医療・教育機関向けがあることをご存じですか? 【7/2 更新】


マイクロソフト パートナーネットワーク最新情報

法人向け Surface の販売においては、以下の商流を介することができます。

  • 認定リセラーの関連会社を 1 社
  • エンドユーザーの関連会社を 1 社 (システム子会社や集中購買を担う 関連会社など)
  • リース会社

 

公共・医療・教育機関向けの販売においては、企業向けに加えて、必要な販売店・流通業者の参入が可能になります。

 

 

公共・医療・教育機関の定義

以下のサイト (またはマイクロソフトが別途指定する後継サイト) に記載されている各機関及びユーザーが対象となります。

※但し、教職員および学生 / 生徒は含まれません

■認定 Surface リセラーとは

認定 Surface リセラーはマイクロソフトと Surface 取り扱いに関する契約を締結したリセラーを指します。認定 Surface リセラー契約においては、認定 Surface リセラーの関連会社による Surface の取り扱いも許諾しております。企業のお客様は Surface 製品を認定 Surface リセラーおよびその関連会社からのみ購入いただけます。

なお、マイクロソフトが指定する政府機関医療機関教育機関 のお客様は、認定 Surface リセラー以外の販売店からも購入いただくことができます。この場合、販売店は上記いずれかの Surface 認定リセラーから仕入れて再販することになります。

■法人市場向け Surface 取り扱い製品

(2014 年 6 月現在。Surface Pro3 は2014年7月19日以降順次出荷となります)

Skip to main content