【パートナー様販売成功事例】株式会社テクノアート~POS システムのリプレース時の BI 提案で案件受注 【5/27 更新】


「エンジニアでもなくサイエンティストでもない、テクノアーティストを目指す」という社是のもと、熊本県でマイクロソフトのパートナー ビジネスを展開しているのが株式会社テクノアート様です。1992 年の設立で、コンピューターシステムの提案、営業活動をはじめとして、システム設計、開発、保守運用から、「医薬品卸向け販売管理システム」「食品製造業向けパッケージ」「病院向け医療機器管理システム」などの自社開発のパッケージ製品販売とお客様のニーズに合わせたカスタマイズも行っています。

マイクロソフト パートナーネットワークで、Silver Data Platform コンピテンシーをはじめとする 8 つの Silver コンピテンシー (2010 年 12 月現在) を持つ同社は、2007 年の Microsoft Partner of the Year も受賞。その高い技術力と独創的なシステム開発力が高く評価されています。

 

販売事例概要

株式会社テクノアート様がシステム構築を行った株式会社ルームプラス様は、広島、山口、福岡の 3 県・ 6 店舗でインテリア雑貨および家具を販売している地域に根ざした企業です。株式会社ルームプラス 様では、POS システムと連動したメインフレームでの販売データ管理を共同利用する形式で構築していましたが、これを、本部にサーバーを導入し、Microsoft SQL Server 2008 R2 をベースとするPOSと連動した独自の物販管理 IT システムを新たに構築、業務効率の向上と BI の導入による経営の高度化を検討しました。このシステムを構築したのが株式会社テクノアート様でした。

開発にあたっては、3 社がシステム提案を行いましたが、株式会社テクノアート様は、POSシステムと連動した同様なシステムを SQL Server で構築し、BI を組み込んだ物販システムを構築した実績が高く評価され、原型のあるシステム開発だったので低コストで受注することができました。 2009 年 7 月からシステム設計を開始し、2010 年 6 月に稼働しています。

▼ 事例の詳細はこちら

 

販売成功の 3 つのポイント

●POSシステムとトータルで提案

すでに他企業に展開していた原型となった販売管理システムを利用して、本部系と店舗系の部分を設計のベースに POS 処理も含めたシステムとして開発できたところが、システム提案段階での受注につながりました。システム構築は前半、後半の 2 期に分け、まず、 POS 処理や店舗側の発注仕入れを含む基本的な機能の開発を行い、次に本部側での発注処理や BI を実装しています。

●SQL Server による開発のしやすさ

株式会社テクノアート様では Oracle ベースのシステムも多数開発していますが、このシステムではデータベース (DB) に SQL Server を採用することにしました。その理由は、安定した品質、お手頃価格、BI 用の機能として Integration Services、Analysis Services、Reporting Services の 3 機能が標準装備、そして、プログラミングのプラットフォームとして使っている .NET Framework との親和性が高いということでした。

●クラウド利用や他業種展開で新たなビジネス チャンスを創出

株式会社テクノアート様では、多店舗展開を希望されているので、将来的には一部の処理を Microsoft Online Services を利用したクラウド サービスに移行することを見越してデータ構造をマルチテナント対応にしています。そのため、複数の企業間でのデータの利用に適しており、業界団体などを通じて新たなビジネス チャンスの可能性を広げているところです。

▼ PDF 版のダウンロードはこちら

Skip to main content