【パートナー様販売成功事例】株式会社リード・レックス~多くのアクセスがあり、変動が激しいビジネス キャンペーンのサイトを Windows Azure で提供 【4/1 更新】


株式会社リード・レックス様は、見込生産から受注生産まで、多様な製造形態に対応した柔軟な生産管理を実現する製造業向け ERP システム「R-PiCS」を主力製品としています。過不足のない最適な生産管理を実現するソリューションとして定評のある同パッケージは、発売以来十余年の歴史の中で、国内の中堅~大企業をはじめ、広く東南アジアや中国の日系企業約 450 社で活用されています。日本製造業の特性やマインドを熟知した同社は、各企業の Web サイト構築受託でも手腕を発揮。生産管理で磨き上げられた「ムダを廃した最適化」思想を堅持し、Web 構築においてもシステム リソースを必要に応じて柔軟に利用する環境の提供を目指して、クラウド化を推進しています。

 

システム概要

リード・レックス様が、古くから Web サイトの構築~運用を引き受けてきた企業では、サイトの更新頻度が高く、サーバーやストレージのリソース配分の不均等性が顕在化。さらに、それらに起因する運用負荷の拡大なども、悩みのタネとなっていました。そこで、自前のハードウェア資産をローカルに保有するのではなく、必要なリソースだけを必要に応じて柔軟に利用することができるクラウド サービスの活用を提案しました。
2009 年 12 月、大規模なトラフィックが予想され、しかもアクセス数が時間帯や曜日などによって大きく変動する可能性が高いビジネス ユーザー向けのキャンペーン サイトで、実験的な利用をスタート。スケール アウト方式による自在な拡張性や高い可用性、さらに運用負荷の軽減による本来業務への注力などのメリットを考慮して、Windows Azure 化を図りました。従来から積み上げてきた .NET 技術との親和性も高く、1 週間で Windows Azure に載せることができ、以降スムーズな稼働が実現しました。同社は「今後汎用性を高めたパッケージ化を進め、外販も射程に入れていきたい」としています。

 

導入成功の 3 つのポイント

●.NET 技術の積み上げを基盤に

Windows Azure は、旧来「得意技」だった .NET 技術との親和性が高く、スケジュールどおりの開発が実現。日本での先駆け的存在で国内の前例も少なかったのですが、マイクロソフトのエヴァンジェリストからの助言もあり、「動けば簡単」であると実感しました。

●早い時期からの取り組み

早期の取り組みで技術的アドバンテージを築き、顧客への提案も Windows Azure™ Platform の正式リリース前の 2008 年末でした。先行的に魅力を訴え、市場の啓蒙とムード醸成を図ることで、その後の承諾やゴーサインもスムーズに進み、強力な協調体制の下に開発が進みました。

●時流を捉えたタイミング

クラウド コンピューティングに対する世の中の気運が高まるのに先立って、確かな導入事例を築くことができました。そんな先行者メリットを発揮し、この実績が今後さらに次のビジネスを生んでいくといった、スパイラルなマーケティング効果も発揮できます。

 

▼ PDF 版のダウンロードはこちら

Skip to main content