Windows Azure 対応支援プログラムの提供を開始 【3/26 更新】


注: Azure 対応支援プログラムは提供を終了しました。長い間のご愛顧誠にありがとうございました。

 

マイクロソフト パートナーネットワーク最新情報

Windows Azure 対応支援プログラムは、今後 Windows Azure に対応したクラウド ベースのアプリケーション開発や販売、または Windows Azure を使ったクラウド SI のビジネスを計画される企業のための支援プログラムです。

実践的なトレーニングやセミナー、料金の見積もりのご支援、対応・検証をご支援する技術サポート、さらにはパートナー ソリューションとしてご紹介の機会まで、総合的なメニューをご提供します。

オンプレミスのシステムを Azure で実装するといくらくらいかかるの?

今使っているホスティングやクラウド サービスと比べてコストは遜色ないの?

実際に Azure に実装すると、どういうコンポーネントを買う必要がある? などなど。

従量制課金となるクラウドでは、従来の情報システムの費用見積もりとは見積もり方法が異なるため、戸惑っているパートナー様も多くいらっしゃいます。

そのようなパートナー様には、「Azure 見積もり支援デスク」をおすすめします。

この支援デスクを利用いただければ、Azure を導入するにあたっての、気になるコスト感を知ることができます。料金は無料です。

<Azure 見積もり支援デスク>

  1. 下記 URL より、Azure 対応支援プログラムの申込書をダウンロードし、事務局 (azureppjp@microsoft.com)  に送付ください。事務局から見積もり支援デスクの利用方法やヒアリング シートについてご案内します。
  2. ヒアリング シートに、想定しているシステムの構成などを記入いただき、見積もり支援デスクに送付ください。見積もり支援デスクにて、補足情報などをヒアリングし、概算費用を参考として提出いたします。

Azure を実装する際に、必要なコンポーネントがどれなのか、また、料金がどれくらいになりそうなのか……そんな概算を知ることもできる有益な支援プログラムです。ぜひ、ご活用ください。

▼ Windows Azure 対応支援プログラムの詳細を確認する


※キャンペーンやガイドなどは、一定期間終了後にページが Close になっている場合があります。ご了承ください。

Skip to main content