NFL のサイドラインで活躍する Surface

早いもので、2014 年シーズンの NFL も第 13 週に突入しようとしています。 このシーズンでは、試合中、サイドラインやブースにいる選手とコーチの手にマイクロソフトの Surface タブレットが握られていることに気付いた方も多いと思います。もちろん、ジミー・グラハム選手が華麗なタッチダウン キャッチの成功をツイートしているわけでもなければ、他の選手がファンタジー フットボールの成績をチェックしたり、セルフィーを撮影したりしているわけでもありません。しかし Surface は今や、NFL の選手やコーチにとって手放すことのできない存在となっています。その理由は、以下の最新 CM 映像をご覧になれば、おわかりいただけるはずです。 [View:http://youtu.be/NLddPakLF1I:0:0] 2013 年、マイクロソフトは NFL との新たなパートナーシップ締結を発表 (英語) し、Surface を活用した NFL リーグの生産性強化に向けた取り組みについてお伝えしました。同年のシーズンでは、プレシーズンとレギュラー シーズンの全試合で通信用カートやインスタント リプレイ用ブースの覆いがすべて Microsoft Surface ブランドに置き換えられるなど、新しいパートナーシップのスタートを広くアピールしました。そして 2014 年のシーズンからは、試合中のサイドラインへの Surface 導入が本格的に始動しています。 NFL のサイドラインは世界で最も忙しい場所の 1 つです。50 人を超える選手、大勢のコーチ、チーム関係者、トレーナー、サポート スタッフ、マスコミ関係者、チアリーダー、さまざまな用具や機器が、わずか 750 平方メートルほどのスペースにひしめき合っています。 統制と混乱が同時進行するこの場所で、大好きなクォーターバックが毎回の攻撃シリーズの合間に何枚もの写真をめくっているのを目にしたことがあるでしょう。そこで行われているのは、選手を駒に置き換えたチェスの試合です。つまり、各シリーズのスナップ前後の写真をプリントアウトして前回の攻撃の良かった点と悪かった点を分析し、いかに効率的に攻撃して守備を崩すか戦略を立てているのです。 以前のシーズンでは、サイドラインでプレイを見直してフォーメーションを調整するには、白黒写真を使うしか方法がありませんでした。このため、チームの担当者が画像を 1 枚 1 枚プリントアウトして順番にまとめ、写真の束を持って駆け回り、コーチや選手に届けるという作業を、試合中何度も繰り返していましたが、この方法では撮影してから写真をプリントアウトするだけでも 25 ~ 30 秒もかかっていました NFL とのパートナーシップにおけるマイクロソフトの目標は、テクノロジの活用により、無駄をなくして試合の効率性と生産性を高め、より白熱した試合をお届けすることです。その最初のステップとして、写真のやりとりの効率化に取り組みました。…