マンダリン オリエンタル ホテルが Surface Pro シリーズを使用した新プログラムの試験運用を開始


(この記事は 2014 年 7 月 15 日に Surface Blog に投稿された記事 Mandarin Oriental Hotels Piloting New Program with Surface Pro Tablets の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

マイクロソフトは本日、マンダリン オリエンタル ホテル グループと協力し、同グループの宿泊客向けに新たなプレミアム デジタル サービスを提供することを発表しました。嬉しいことに、このプログラムには Surface が使用されています。

マンダリン オリエンタル ホテルは、受賞歴のある、ロンドン、ワシントン D.C.、ラスベガス、東京の 4 つのホテルでマイクロソフトの Surface Pro シリーズのパイロット導入を実施しています。このタブレットにはカスタマイズされた Windows 8.1 スタート画面とタッチ対応のモダン アプリが備えられ、宿泊客は客室清掃、クリーニング、ルーム サービスといったホテルのサービスをすばやく簡単に依頼することができます。

マンダリン オリエンタル ホテルで既にサービスをご利用いただいた宿泊客の皆様からは、とても好意的な評価が得られています。同ホテル グループでは、今後さらにソリューションの改良を進めると共に、タブレットの導入市場を広げることも計画しており、初期の導入目標として、近いうちに Surface Pro 3 を含めた 1,000 台のタブレットをグループ全体のポートフォリオに加える予定です。

マンダリン オリエンタル ホテルのマイクロソフト導入事例の詳細については、こちらの Windows for Your Business ブログの記事 (英語)プレス リリース (英語) を参照してください。

Skip to main content