Surface Pro 3: どこにでも持ち歩ける高性能のモバイル音楽スタジオ


(この記事は 2014 年 10 月 24 日に Surface Blog に投稿された記事 Surface Pro 3: A Powerful Mobile Music Studio That Goes Everywhere You Go の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

ここ数か月の間に、ジャンルも専門分野も異なる世界中のミュージシャンの方々にお会いすることができました。彼らは、作曲、編曲、即興、録音、指導、演奏を生業とする人々です。ミュージシャンの大半は、スタジオの外で 2 台のデバイスを使用しています。1 台は作曲に使用するノート PC、もう 1 台は外出先で曲を再検討するためのタブレットです。しかし、他の分野のプロフェッショナルと同様に、ミュージシャンの皆様も仕事をするために 2 台のデバイスを持ち歩くのは面倒だと考え、常に新しいデバイスを求めていることがわかりました。具体的には、ノート PC の機能をすべて利用できて、さらにノート PC では実現できないような、仕事の効率化に役立つ性能を備えているデバイスです。そこで、私が Surface Pro 3 のメリットを詳細にお伝えすると、ミュージシャンたちからは決まって次のような反応が返ってきます。

 

「このデバイスで Ableton や Pro Tools を本当に実行できるのですか?」

Surface Pro 3 で Ableton を実行

私たちがいつもドライブ中に流したり、映画館で耳にしたり、デバイスで聴いたりする音楽のほとんどは、高度な音楽ソフトウェアを使用して製作された作品です。代表的なものとして、Pro Tools、Ableton Live、Cubase、Reason、Sibelius、Finale といった本格的かつ多機能で完全なプログラムを挙げることができます。ミュージシャンの方々に気にいっていただけたのは、Surface Pro 3 がどこにでも持ち運べるうえ、音楽を創作するために必要なツールをすべて実行できる点です。Surface Pro 3 が 1 台あれば、屋根裏部屋で Sibelius を使用してオーケストラ用のフルスコアを作成し、電車の中で Ableton Live を使用して仮想楽器のレコーディングを行い、スタジオに着いてから Pro Tools でトラックをミキシングすることができます。Surface は、ミュージシャンが向かう先々に持ち歩くことのできる高性能なモバイルの音楽スタジオとして活用できるのです。

また、当然ながら、ミュージシャンが Surface を選んだ理由の半分は、純粋にその実用性にあります。

「使用しているプログラムにはこだわりがありますが、MacBook にはそれほど固執していません。いつも使っている本格的な音楽ソフトウェアをすべて 1 台のデバイスで実行できるのなら、MacBook と iPad の両方を持ち歩きはしないでしょう」

 

Surface Pro 3 はあらゆるプログラムを 1 台のデバイスに統合するだけにとどまらず、ペンやタッチでの操作にも対応することで、音楽の創作活動に新しい可能性と効率性をもたらしました。

スマートフォンとほぼ同じ薄さのタッチ デバイスで Ableton や Pro Tools を実行できれば、作曲する方法が変わります。また、Sibelius を使用してフルスコアを表示、編集しながら、ペンでリハーサルのメモを記入できるようになれば、指導する方法が変わるでしょう。さらに、ペン入力とタッチ操作を利用すれば、まったく新しい方法で創作できるようになります。

Surface を使用して思いつきもしなかった方法や場所で音楽を作り上げている皆様からお話を伺うことは、私たちにとって何よりの喜びです。先月、Robin (@surfaceproaudio) という熱心な Surface ファンに会うことができました。彼は音楽の創作における Surface Pro 3 の可能性を探究し、Twitter、ブログ、YouTube を通じて全世界にその優れた成果を公開しています。

以下の Robin の最新動画は非常にお勧めですので、ぜひご覧ください。また、皆様も、Surface を使用したご自身の創作活動について、#SurfaceMUSIC のタグを付けて全世界に発信していただければと思います。

[View:http://youtu.be/UGXIna2QtGw:0:0]

皆様のツイートを楽しみにしています。

Stuart Pitts – プロダクト マーケティング マネージャー

@stpitts

Skip to main content