SharePoint と OneDrive の新機能がデジタル トランスフォーメーションを加速

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 New SharePoint and OneDrive capabilities accelerate your digital transformation の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび開催された SharePoint Virtual Summit (英語) では、コンテンツの共同作業を変革し新世代のモバイル機能やインテリジェントなイントラネットの先駆けとなる最新のイノベーションが発表されました。この取り組みは、昨年発表されたビジョンに基づいて進められてきたものです。 お客様の成功事例からは多くのことを学ぶことができます。ユーザー、チーム、企業が SharePoint と OneDrive を活用して、いかに Office 365 で安全な情報共有、ビジネス プロセスの刷新、社内の情報伝達や連携の強化、社内ナレッジの活用を実現しているかを知ることができるのです。今回の発表は、こうした成功事例をさらに増やし、デジタル トランスフォーメーションをさらに加速していくためのものです。詳細な情報は、Jeff Teper が執筆した記事「SharePoint Virtual Summit 開催: 成長を続ける SharePoint の最新イノベーションとお客様事例を紹介」をお読みください。 この記事では、Jeff Teper の記事で取り上げられている主要な機能についてまとめ、SharePoint Virtual Summit で発表された注目のイノベーションを幅広くご紹介します。 安全に共有 OneDrive では、社内外のあらゆるユーザーと安全にファイルを共有できます。Office との緊密な連携により提供される高度な共同編集機能で、他のユーザーとファイルを共有してリアルタイムで共同作業を行うことができます。また、Windows PC、Mac、iOS…


SharePoint Virtual Summit 開催: 成長を続ける SharePoint の最新イノベーションとお客様事例を紹介

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 SharePoint Virtual Summit showcases growth, innovations and customer success の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、OneDrive、SharePoint、および Office 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Jeff Teper の記事をご紹介します。 このたび開催された SharePoint Virtual Summit (英語) において、Office 365、Windows、Azure との強力な統合をはじめとする SharePoint および OneDrive の最新のイノベーションが発表されました。この取り組みは、昨年発表したビジョンに沿って進められてきたものです。これにより、コンテンツの共同作業を変革し新世代のモバイル機能やインテリジェントなイントラネットの先駆けとなる最新のイノベーションを提供し続けています。イベントでは、デジタル トランスフォーメーションの加速に向けて SharePoint を活用している Office 365 のお客様の事例も紹介されました。 SharePoint の普及が拡大 月間アクティブ ユーザーが 1 億人を超える Office 365 は、コミュニケーションや共同作業向けの機能がすべて揃った、きわめてインテリジェントかつ安全なサービスです。SharePoint…


Yammer の新機能: 社内全体のつながりを強化し、やり取りを活発に

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 New in Yammer—building a more connected and engaged organization の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Yammer は、社内のすべての従業員がつながり、共有し、会話をしながら作業できるオープン スペースを提供します。現在、アクティブ グループ数の年間成長率が 70% に達するなど、これまで以上の勢いで Yammer の導入が進んでいます。Yammer と SharePoint は常に自然な形で相互を補完しており、併用することでユーザー、コンテンツ、情報を強力に結び付け、これらを簡単に発見できるようになります。今回、SharePoint Virtual Summit (英語) において、社内のどこにいても、だれもが Yammer を通じて簡単につながり、やり取りできるようにする複数の新機能が発表されました。 Yammer と SharePoint を併用してイントラネット上での会話を促進する 仕事をしていると、生産的な会話がどこで始まってもおかしくありません。昨年、Yammer での共同作業中に SharePoint を含む Office 365 スイート全体でシームレスにドキュメントを共有する機能がリリースされました。今回は、新しい SharePoint コミュニケーション サイトを充実させるために、既存の Yammer 埋め込み機能を使用して会話機能を追加できるようになりました。これにより、内容的に関連性の高い議論が行われるようになり、コンテンツの話題性 (バイラリティ) を高めることができます。…


SharePoint Virtual Summit のお知らせ

(この記事は 2017 年 3 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the SharePoint Virtual Summit の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2017 年 5 月 16 日に、グローバルな無料オンライン イベント SharePoint Virtual Summit (英語) が開催されます。 Office 365 は 8,500 万人を超えるアクティブ ユーザーにご利用いただいており、個々のユーザー、チーム、企業全体での共同作業において最高クラスの多様性と専門性を備えたツールキットを提供しています。あらゆるグループの固有のワークスタイルに適合するように特化した統合アプリケーションを備えています。エンタープライズクラスのメール ソリューションである Outlook、企業全体の利用に向けたネットワーク ソリューションである Yammer、企業の音声や動画によるコミュニケーションの基幹ソリューションとなる Skype for Business、新しいチャット ベースのワークスペースとなる Microsoft Teams、インテリジェントなコンテンツ管理やイントラネット向けの SharePoint を使用できます。 昨年 5 月に開催され 50,000 人を超える参加者を集めたオンライン イベントの Future of SharePoint…


Office 365 グループと Yammer の統合のロールアウトを開始

(この記事は 2017 年 3 月 2 日に Office Blogs に投稿された記事 Yammer integration with Office 365 Groups now rolling out の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Yammer は、従業員が意見を交わし、互いにつながり、アイデアを共有しながら業務を遂行できるように支援します。Yammer のグループは、ベスト プラクティスを共有したり、共通の関心事を持つコミュニティへと発展させたり、新たな取り組みを活性化したりできるように、従業員が集まるオープン スペースの構造を提供するものです。 今回、Yammer と Office 365 グループの統合がリリースされました。Office 365 グループは、Office 365 でチームに単一の ID を提供するグループ メンバーシップ サービスです。今後は、Yammer で新しいグループを作成すると、そのグループが自動的に Office 365 グループ サービスの一部になり、グループに OneNote ノートブック、タスク管理用の Planner、SharePoint Online チーム サイト、ドキュメント ライブラリが提供されます。この統合により、グループ メンバーはこれらの共有リソースに Yammer から直接アクセスできます。 今回の Yammer…


2016 年の Forrester Wave: Enterprise Collaboration レポートでマイクロソフトが「リーダー」に

(この記事は 2017 年 1 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Forrester’s 2016 Enterprise Collaboration Wave report is out and Microsoft is a Leader! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 世界で有数の高い影響力を持つ調査/コンサルティング会社の Forrester は先日、エンタープライズ向け共同作業支援ソリューションのプロバイダーを評価する、最新のレポートをリリースしました。このレポートにおいて、マイクロソフトが「リーダー」に選出されたことをご報告いたします。   マイクロソフトは、共同作業に関して、グループごとにニーズが異なると考えています。そのため、Office 365 はチームが使用する共同作業支援ツールを選択できるように設計されています。このレポートは、共同作業について、企業全体の知識共有を重視しているかを調査したものです。マイクロソフトと Office 365 スイートの一部である Yammer が、このレポートで「リーダー」の評価を獲得したことを光栄に思います。 Yammer は仕事のためのソーシャル ネットワークであり、Office 365 に含まれています。ここ数年、マイクロソフトは Yammer と Office 365 の統合をさらに強化する取り組みを続けており、Yammer のエクスペリエンスを Office 365 の他のアプリケーションに拡張すると共に、他のアプリケーションのエクスペリエンスの一部を Yammer でも利用できるように尽力しています。 昨秋、Yammer が近日中に Office…


サイロ化を解消: ツールを活用してコミュニケーションや共同作業を強化

(この記事は 2017 年 1 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Breaking down silos—tools for better communication and collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 現代では、かつてないほど働き方や働く場所が多様化しています。2015 年の調査では、労働者の 37% (英語) が何かしらの在宅勤務を経験しており、多くの企業は世界の複数拠点で多国間の提携関係を結んでいます。地理的に離れているだけでなく、同じ企業内でもプロジェクトや部門によってチームが分かれています。こうした壁がコミュニケーションのサイロ化を促し、分断を深め、チームワークや共同作業を阻む要因となっています。 サイロ化は、ビジネスに重大な (かつ有害な) 影響をもたらします。チーム間に壁ができると、組織全体のコミュニケーションが損なわれることも多く、企業全体にも次のような影響があります。 コミュニケーションを妨げ、企業文化を阻害する: チームがサイロ化すると、結果的に企業文化の形成が阻まれます。社員が求めるものは、コミュニケーション、共同作業、そして活気ある職場環境です。だれもが、自分らしく楽しく働きたい、チームの一員として働きたいと考えています。事実、労働者の 47% (英語) が、職場環境について同僚と意見を交わすことで、やる気が高まっています。 重複作業が生じる: 自分が行った作業を別のだれか (別のチームや他部署のメンバーなど) が行っていたり、複数の人間が同じ情報を探したりするのはとても非効率です。他チームのプロジェクトについて何も知らないと、ビジネスの生産性に深刻な影響を及ぼしかねません。 必要とする人に情報が届かない: マネージャーなどの管理職は、平均約 20% (英語) を社内情報の検索や特定業務に詳しい人を探すのに費やしています。 サイロ化を解消しアイデアを共有できるようにする手段として、コミュニケーション ツールが効果的です。その活用方法をご紹介します。 ファイル管理やストレージを効率化する チームや部署、ツールやデバイスにかかわらず、ファイルをシームレスに共有することが重要です。緊密に統合されたツール スイートやプラットフォームを利用することで、組織全体で人、コンテンツ、業務アプリをしっかりと連携させることができます。ツールの 1 つとしてチーム サイトを活用すると、ドキュメントの作成、情報の保管、プロジェクトの管理などを共同で実施できます。これにより、チーム間のドキュメントの共有や編集がリアルタイムで行えるようになり、さまざまなレベルで共同作業を進められるほか、あらゆるドキュメントをすぐに見つけられる保管場所として利用することができます。 生産性を向上させるには、あらゆる場所からチーム サイトにアクセスし、情報を安全に利用し、遠隔地やモバイル デバイスでも共同作業ができるようにすることが必要です。 今日の 社員の 5…


Yammer でオープンな業務にチャレンジする 7 日間

(この記事は 2016 年 11 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 Work out loud on Yammer—7-day challenge の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 11 月 7 日~ 13 日に International Working Out Loud Week が開催されます。ぜひ Yammer でチームの作業スペースを作成のうえ、ご参加ください。Yammer でオープンな業務を行うと、チームには下記のようなメリットがあります。 重要事項に対する意識レベルを統一: チーム メンバーが互いに試案を出し合ったり、質問したり、アイデアを共有したりできます。 作業効率の向上: 進捗ミーティングを頻繁に行う必要がなくなり、負担が軽減されます。 意思決定の精度と速度を向上: 意思決定までの時間が短縮できます。 Office 365 のコンポーネントの 1 つである Yammer は、チームでの作業を応援します。Yammer グループでは、チームのメンバーが直接ドキュメントや Excel シート、プレゼンテーションなどの作成や編集を行えます。あらゆるメッセージやファイル、更新を 1 か所にまとめることができるため、以前のような複雑なやりとりを行わなくても、メンバー全員が最新の作業状況を把握できるようになります。また Yammer では、それぞれのユーザーが自分に関係する会話をチェックしたりあまり関係のない会話を飛ばしたりすることも簡単です。 Yammer でオープンな業務を成功させるためのヒントをいくつかお伝えします。…


Ignite 2016 で Office 365 グループの更新を発表

(この記事は 2016 年 10 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 Groups update at Ignite 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 先月アトランタで開催された Ignite 2016 にて、Office 365 グループに関する更新が多数発表されました。残念ながらご参加いただけなかった方は、主要セッションのオンライン配信をぜひご覧ください。セッションでは、多くのお客様からのご希望にお応えし、共同作業支援製品の戦略や使用事例、管理やガバナンス、拡張性、製品ロードマップで予定されている主要な新技術などを発表しています。 Office 365 グループとは、チーム メンバーが単一の ID で Office 365 を使用できるようにするグループ メンバーシップ サービスで、カレンダーや OneNote ノートブック、Outlook や Yammer でタスクや会話の管理を行うプランなど、複数のグループでの共同作業に使用するアセットが含まれています。 Ignite の主要セッションの 1 つ「Office 365 グループの紹介 – 概要、管理、ロードマップ (英語)」では、Office 365 グループの全体的な概要と更新内容をお伝えしました。まず企業内のグループでの共同作業が多岐にわたるようになった経緯や、Office 365 がさまざまなグループの独自のニーズやワークスタイルにどのように対応しているかをお話ししました。 続いて、各 Office…


Yammer で Office ドキュメントの作成と共有が可能に

(この記事は 2016 年 10 月 7 日に Office Blogs に投稿された記事 Now you can create and share Office documents while collaborating in Yammer の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Yammer は、社内の従業員やチームをつなぎます。本当の意味での生産性を実現するためには、チーム メンバーどうしがつながるだけでなく、メンバーが最も必要とするツールにもアクセスできる必要があります。先日の Office 365 グループの統合により、Yammer を利用しているすべてのチームが、統合された SharePoint チーム サイト、ドキュメント ライブラリ、OneNote ノートブック、タスク管理用の Planner に直接アクセスできるようになりました。そして今回、さらなる生産性向上のため、Office ドキュメントを利用した共同作業が可能になります。 ユーザーは Yammer グループから直接 Word、PowerPoint、Excel などの Office ドキュメントを作成し、チーム メンバーと共同編集できるようになります。また、SharePoint や OneDrive ライブラリを参照してファイルを簡単に共有し、Yammer でチームとのディスカッションを開始することができます。緊密に統合された Office 365 スイートを、さらに業務に活用できるよう取り組んだ結果、Yammer ユーザー数は過去最高の年間増加率を達成しました。新機能は本日より順次ロールアウトされ、今後数週間ですべての Yammer…