Office 365 の 6 月の更新 — Microsoft Teams の学習エクスペリエンスなど

(この記事は 2017 年 6 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 New to Office 365 in June—classroom experiences in Microsoft Teams and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 来週開催される International Society for Technology in Education (ISTE) カンファレンスで、マイクロソフトは未来を担う現代の生徒たちを支援する最新機能についてご紹介します。Office 365 の今月の更新では、Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスの提供拡大や、セキュリティ機能の強化など、さらなる取り組みがなされています。では詳しい内容を見ていきましょう。 Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスの提供拡大 Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスが Office 365 Education ユーザーに向けてロールアウト (英語) されます。Teams…


Office 365 でサポートされる電子メール メッセージ サイズが最大 150 MB に

(この記事は 2015 年 4 月 15 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 now supports larger email messages—up to 150 MB の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 チームのシニア プログラム マネージャーを務める Kevin Shaughnessy と、テクニカル プロダクト マネージャーを務める Shobhit Sahay の記事をご紹介します。 ここ数年間、Office 365 で送受信できる電子メール メッセージは最大 25 MB でした。25 MB というサイズは、ほとんどの電子メールにとっては十分すぎるほどですが、大きなプレゼンテーション、スプレッドシート、動画は、この制限により送信できない場合もあります。Office 365 の Outlook Web App (OWA) では、簡単な方法で OneDrive for Business の保存場所へのリンクを送信する形でドキュメントを「添付」することができます。これは、サイズの大きなファイルを共有する場合にたいへん便利な機能です。しかし、リンクではなく、実際の添付ファイルとしてサイズの大きなファイルを送信したいときもあります。こうしたケースを想定して、今回メッセージ サイズの上限を…


Power BI で Office 365 導入コンテンツ パックのパブリック プレビューを開始

(この記事は 2017 年 5 月 22 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the public preview of the Office 365 adoption content pack in Power BI の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2016 年 3 月に Office 365 管理センターの使用状況レポート (英語) をリリースし、Office 365 の各サービスがどれくらい使用されているかを把握できるようになりました。そして今回、Power BI でのパブリック プレビュー版 Office 365 導入コンテンツ パックの開始により、Office 365 をさらに活用できるようになります。 このコンテンツ パックでは、使用状況レポートのデータと Power BI のインタラクティブな分析機能を組み合わせ、使用や導入の状況に関するさまざまな情報を提供します。これを基に、管理者がより的確なユーザー トレーニングやコミュニケーションを促進できるようになり、組織内コミュニケーションや共同作業の改革によって、先進的な職場環境が実現します。 改善のヒントを得る Office 365 では、どこにいても必要なサービスを自由に利用できるため、生産性や共同作業の効率を向上させることができます。しかし、Office…


SharePoint Virtual Summit 開催: 成長を続ける SharePoint の最新イノベーションとお客様事例を紹介

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 SharePoint Virtual Summit showcases growth, innovations and customer success の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、OneDrive、SharePoint、および Office 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Jeff Teper の記事をご紹介します。 このたび開催された SharePoint Virtual Summit (英語) において、Office 365、Windows、Azure との強力な統合をはじめとする SharePoint および OneDrive の最新のイノベーションが発表されました。この取り組みは、昨年発表したビジョンに沿って進められてきたものです。これにより、コンテンツの共同作業を変革し新世代のモバイル機能やインテリジェントなイントラネットの先駆けとなる最新のイノベーションを提供し続けています。イベントでは、デジタル トランスフォーメーションの加速に向けて SharePoint を活用している Office 365 のお客様の事例も紹介されました。 SharePoint の普及が拡大 月間アクティブ ユーザーが 1 億人を超える Office 365 は、コミュニケーションや共同作業向けの機能がすべて揃った、きわめてインテリジェントかつ安全なサービスです。SharePoint…


Yammer の新機能: 社内全体のつながりを強化し、やり取りを活発に

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 New in Yammer—building a more connected and engaged organization の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Yammer は、社内のすべての従業員がつながり、共有し、会話をしながら作業できるオープン スペースを提供します。現在、アクティブ グループ数の年間成長率が 70% に達するなど、これまで以上の勢いで Yammer の導入が進んでいます。Yammer と SharePoint は常に自然な形で相互を補完しており、併用することでユーザー、コンテンツ、情報を強力に結び付け、これらを簡単に発見できるようになります。今回、SharePoint Virtual Summit (英語) において、社内のどこにいても、だれもが Yammer を通じて簡単につながり、やり取りできるようにする複数の新機能が発表されました。 Yammer と SharePoint を併用してイントラネット上での会話を促進する 仕事をしていると、生産的な会話がどこで始まってもおかしくありません。昨年、Yammer での共同作業中に SharePoint を含む Office 365 スイート全体でシームレスにドキュメントを共有する機能がリリースされました。今回は、新しい SharePoint コミュニケーション サイトを充実させるために、既存の Yammer 埋め込み機能を使用して会話機能を追加できるようになりました。これにより、内容的に関連性の高い議論が行われるようになり、コンテンツの話題性 (バイラリティ) を高めることができます。…


Office 365 Education でクラスに最先端の共同作業を

(この記事は 2017 年 5 月 2 日に Office Blogs に投稿された記事 Modern classroom collaboration with Office 365 for Education の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 マイクロソフトのミッションは、地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるように支援することです。マイクロソフトでは、可能性を切り開くのは教育であり、未来を担う子供たちの教育には、テクノロジの存在が不可欠であると考えています。本日ニューヨークで開催されたイベントにて、Office 365 Education の最新機能、Microsoft Store for Education の Office のプレビューなど、教育機関向けの新たな取り組みを発表しました (英語)。 Office 365 Education の最新機能 1 億人以上のアクティブ ユーザーを抱える Office 365 は、個人ユーザー、チーム、企業全体などのコミュニケーションや共同作業を支えています。Office 365 Education は、Office 365 に OneNote Class Notebook…


Excel データから Visio のプロセス図を自動的に作成

(この記事は 2017 年 5 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 Automatically create process diagrams in Visio from Excel data の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Visio の新機能である Data Visualizer の提供が開始されました。Data Visualizer を使用すると、Excel で作成したプロセス マップ データを、データにリンクされた Visio 図に自動的に変換します。今回の更新は、Visio Pro for Office 365 ユーザーの皆様に向けて提供されます。手動による手順を削減できるほか、ビジネス アナリストがさらに多くの方法で Visio のプロセス図を作成できるようになります。 Excel データからプロセス図を自動的に作成 すべての図を最初から Visio で作成するとは限りません。手描きのスケッチから始めたり、Excel で作成したりすることは今日のデータ駆動型時代ではよくあります。ビジネス アナリストは Data Visualizer を使用して、Excel の構造化テーブルにプロセス ステップと関連メタデータを作成し、その情報を Visio 図にすばやく変換して視覚的に提示できます。この場合、あらかじめ用意された Excel…


Office Online Server の 2017 年 4 月の更新

(この記事は 2017 年 4 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Office Online Server April 2017 release の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Office Online Server (OOS) の 2 回目のメジャー アップデートがリリースされました。今回のリリースでは、Windows Server 2016 がサポートされたほか、複数の機能強化が実施されました。企業のお客様は OOS を利用して、自社のデータセンターから、ブラウザー ベースの Word、PowerPoint、Excel、OneNote、その他の Office Online の機能を社内ユーザーに提供することができます。 今回のリリースでは、多数のご要望が寄せられていた Windows Server 2016 が正式にサポートされ、Windows Server 2016 を実行している場合にも OOS をインストールできるようになりました。ぜひ OOS の最新バージョンをご利用いただき、最高のエクスペリエンスを実現してください。 また、今回のリリースにおける機能強化は以下のとおりです。 PowerPoint Online での共同編集のパフォーマンス向上 Word Online での数式表示 Word…


Office 365 ProPlus に関する更新

(この記事は 2017 年 4 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 ProPlus updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 商業マーケティング チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。 Office 365 ProPlus は、マイクロソフトの主要なエンタープライズ アプリをクラウドに接続し、常に最新の状態を維持できるようにしたサービスです。今回は、ProPlus に関する 3 つの重要な更新をお知らせいたします。1 つ目は Office 365 のシステム要件の変更、2 つ目は Windows 10 に合わせた ProPlus の更新モデルの変更、3 つ目は ProPlus アプリケーションの互換性を管理するための新しいツールとプログラムについてです。 Office 365 のシステム要件の変更 Office 365 ProPlus は Office 365 サービスを活用するうえで最適なプランです。IT 部門には、最も安全性が高く包括的な生産性アプリが提供されます。また、アプリはクラウドに接続されており、常に最新の状態が維持されるため、新しいセキュリティ機能、新しいテレメトリ、新しい管理機能によって継続的に強化されます。エンド…


Microsoft Forms に教師向け新機能を追加

(この記事は 2017 年 4 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 New educator-focused features in Microsoft Forms の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトは、いつでも教師の皆様の声に耳を傾けています。Microsoft Forms (英語) の一般提供が開始されて以来、授業で Forms をご利用の教師の皆様から、新機能へのご要望を非常に多く頂いていました。そしてこのたび、教師と学生の皆様に向けて、共同作業やカスタマイズ性を強化する 3 つの新機能を追加しました。 OneNote にフォームを埋め込む OneNote Class Notebook をご利用で、学習過程における評価をシームレスに統合したいと考えている教師の皆様からは、Forms と OneNote の統合を望む声が多く挙がっていました。今回のリリースでは、わずか 2 つの手順を踏むだけで、フォームを OneNote Online に埋め込めるようになりました。まず、OneNote の [Insert] メニューで [Forms] をクリックし、[Forms for OneNote] ウィンドウでフォームを選択します。 OneNote に埋め込むフォームを選択 次に、選択したフォームを OneNote に埋め込みます。詳細については、OneNote Online にフォームを挿入する方法のドキュメントを参照してください。 OneNote…