Office 365 ProPlus に関する更新

(この記事は 2017 年 4 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 ProPlus updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 商業マーケティング チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。 Office 365 ProPlus は、マイクロソフトの主要なエンタープライズ アプリをクラウドに接続し、常に最新の状態を維持できるようにしたサービスです。今回は、ProPlus に関する 3 つの重要な更新をお知らせいたします。1 つ目は Office 365 のシステム要件の変更、2 つ目は Windows 10 に合わせた ProPlus の更新モデルの変更、3 つ目は ProPlus アプリケーションの互換性を管理するための新しいツールとプログラムについてです。 Office 365 のシステム要件の変更 Office 365 ProPlus は Office 365 サービスを活用するうえで最適なプランです。IT 部門には、最も安全性が高く包括的な生産性アプリが提供されます。また、アプリはクラウドに接続されており、常に最新の状態が維持されるため、新しいセキュリティ機能、新しいテレメトリ、新しい管理機能によって継続的に強化されます。エンド…


Skype for Business によるデジタル トランスフォーメーションの推進

(この記事は 2017 年 3 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business drives digital transformation の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 マーケティング担当コーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。 Office 365 は、グループごとに異なるワークスタイルに対応すべく設計された汎用的な共同作業用ツールキットであり、月間 8,500 万人を超えるアクティブ ユーザーを擁します。メール機能を提供する Outlook、インテリジェントなコンテンツ管理を実現する SharePoint、社内全体のネットワークを実現する Yammer、チャット ベースの迅速なチーム作業を可能にする Microsoft Teams など、各種機能が統合されており、その中で、エンタープライズ向けの音声/ビデオ会議のバックボーンとして機能するのが Skype for Business です。 コミュニケーションや共同作業は業務を進めるうえで不可欠となっており、お客様は会議や通話へのさまざまなニーズを満たすために Office 365 プランの Skype for Business に注目しています。Skype ネットワーク上で行われている会議の数は、全世界で年間 10 億件を超え、Skype for Business…


全世界の Office 365 ユーザーに向けて Microsoft Teams のロールアウトを開始

(この記事は 2017 年 3 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft Teams rolls out to Office 365 customers worldwide の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 本日、マイクロソフト本社からの全世界のお客様に向けて発信した Web キャスト (英語) の中で、181 の地域、19 の言語で Office 365 のチャットベースのワークスペース、Microsoft Teams の一般提供が開始されたことを発表しました。11 月にプレビューを発表して以来、Accenture、アラスカ航空、Cerner Corporation、ConocoPhillips、Deloitte、Expedia、J.B. Hunt、J. Walter Thompson、Hendrick Motorsports、Sage、Trek Bicycle、Three UK をはじめ、50,000 社を超えるお客様に Microsoft Teams をご利用いただいています。また、継続的なイノベーションを提供し、お客様から特に多く寄せられたご要望にお応えするため、100 を超える新機能を導入しています。 アクティブ ユーザー数…


起業する前に知っておきたかったこと: TheRickMartinez.com の創設者兼起業家コーチに学ぶ

(この記事は 2017 年 2 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 What I wish I knew—learn from the founder and entrepreneur coach of TheRickMartinez.com の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 先日、起業家精神を称えるアントレプレナーシップ ウィーク (英語) が開催され、全米の中小企業のさまざまな取り組みをはじめ、企業が抱える課題や、ビジネスの成果を深く知ることができました。 起業は簡単なことではありません。立ち上げから直面する数々の困難を乗り越えていくには、並々ならぬ時間、精神力、体力が必要です。起業家どうしが学び合うことだけでなく、ビジネスとチームを構築する方法を知ることも重要です。そのためには、ビジネスとチームを結び付ける適切なツールが必要になります。起業家の毎日のタスクを容易にするテクノロジ ソリューションには、クライアントと常につながることができる Skype for Business、チーム内で簡単に作業を共有できる OneDrive for Business、プロとしての品質を維持するための Office スイートなど、ビジネスの成長に活用できるさまざまなツールがあります。 マイクロソフトは、起業家の気概、心得、成功のためのリソース活用法などを探るため、企業家の方々の経験から学びたいと考えました。そこで今回、TheRickMartinez.com の創設者で、起業家にコーチングを行っている Rick Martinez 氏にお話を伺いました。 その内容を以下にご紹介します。 「起業家としての道のりを経て、本来の自分を見つけることができました。現在私は、未来の起業家にコーチングを行うという理想のビジネスを実現しています。私が最初に起業した会社は、軍病院にスタッフを派遣する医療人材ビジネスで、今の仕事とはかけ離れたものでした。ワンルームの自宅のデスクで 1 人で立ち上げた事業は、複数の州にオフィスを構え、600 人の従業員を抱えるまでに成長しました。私は、公認看護師の資格を持っていたおかげで医療分野には詳しかったものの、当初経営には苦労しました。ビジネス スクールに通ったこともなく、MBA も取得していません。ただ、何かを成し遂げたいという思いに突き動かされていました」 「経験から学び、会社は成長しました。そして私はついに大規模な医療人材サービス企業の CEO となりました。ただその日常は、従業員の問題、医療分野特有の複雑さや訴訟問題など、さまざまな課題の連続でした。当時は体を鍛えることが私の息抜きとなっていましたが、ある競技会で人生を一変させる事件が起こりました。ウェイトリフティングの大会中にウェイト器具が落下し、100 kg を超える重量が私の右膝に直撃しました。外傷看護の経験があった私は、瞬時にこの怪我が深刻であることを悟りましたが、それをはるかに上回る精神的なショックを受けました。地面に横たわり空を見上げていたとき、ふと思いました。どこで道を間違えたのだろうかと。私が心から目指していた仕事とは、政府との契約管理ではなく兵士の看護、傷付いたアメリカの英雄をケアすることでした。私は本来の夢を見失い、看護師ではなく管理者になっていたのです。私は、事務処理に時間を費やすのではなく、人と触れ合いたいと思いました。そして、会社を売却することを決心していました。私は常々、いつかは叶えたい理想の人生像を温めていました。それは物を書くことや、人と…


サイロ化を解消: ツールを活用してコミュニケーションや共同作業を強化

(この記事は 2017 年 1 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Breaking down silos—tools for better communication and collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 現代では、かつてないほど働き方や働く場所が多様化しています。2015 年の調査では、労働者の 37% (英語) が何かしらの在宅勤務を経験しており、多くの企業は世界の複数拠点で多国間の提携関係を結んでいます。地理的に離れているだけでなく、同じ企業内でもプロジェクトや部門によってチームが分かれています。こうした壁がコミュニケーションのサイロ化を促し、分断を深め、チームワークや共同作業を阻む要因となっています。 サイロ化は、ビジネスに重大な (かつ有害な) 影響をもたらします。チーム間に壁ができると、組織全体のコミュニケーションが損なわれることも多く、企業全体にも次のような影響があります。 コミュニケーションを妨げ、企業文化を阻害する: チームがサイロ化すると、結果的に企業文化の形成が阻まれます。社員が求めるものは、コミュニケーション、共同作業、そして活気ある職場環境です。だれもが、自分らしく楽しく働きたい、チームの一員として働きたいと考えています。事実、労働者の 47% (英語) が、職場環境について同僚と意見を交わすことで、やる気が高まっています。 重複作業が生じる: 自分が行った作業を別のだれか (別のチームや他部署のメンバーなど) が行っていたり、複数の人間が同じ情報を探したりするのはとても非効率です。他チームのプロジェクトについて何も知らないと、ビジネスの生産性に深刻な影響を及ぼしかねません。 必要とする人に情報が届かない: マネージャーなどの管理職は、平均約 20% (英語) を社内情報の検索や特定業務に詳しい人を探すのに費やしています。 サイロ化を解消しアイデアを共有できるようにする手段として、コミュニケーション ツールが効果的です。その活用方法をご紹介します。 ファイル管理やストレージを効率化する チームや部署、ツールやデバイスにかかわらず、ファイルをシームレスに共有することが重要です。緊密に統合されたツール スイートやプラットフォームを利用することで、組織全体で人、コンテンツ、業務アプリをしっかりと連携させることができます。ツールの 1 つとしてチーム サイトを活用すると、ドキュメントの作成、情報の保管、プロジェクトの管理などを共同で実施できます。これにより、チーム間のドキュメントの共有や編集がリアルタイムで行えるようになり、さまざまなレベルで共同作業を進められるほか、あらゆるドキュメントをすぐに見つけられる保管場所として利用することができます。 生産性を向上させるには、あらゆる場所からチーム サイトにアクセスし、情報を安全に利用し、遠隔地やモバイル デバイスでも共同作業ができるようにすることが必要です。 今日の 社員の 5…


Skype for Business の Mac 用新規クライアントおよびモバイル用の新しい共有機能を発表

(この記事は 2016 年 10 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business announces new Mac client and new mobile sharing experiences の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Igniteで発表された最新情報をはじめ、Microsoft の今をお伝えするイベント「Tech Summit」が11月に日本で開催! ぜひ皆様のご参加を楽しみにお待ち申し上げております! 「Microsoft Tech Summit」 日時:11月1日・2日 場所:ヒルトン東京お台場 お申込みURL: http://microsoft-events.jp/mstechsummit/   このたび、Mac 用 Skype for Business がリリースされました。アプリケーションはこちら (英語) からダウンロードいただけます。Mac 用クライアントではエンド ユーザー間でビデオや完全没入型コンテンツの共有や視聴が可能で、Mac ユーザーに最高クラスのエクスペリエンスを提供します。 また、新しい Mac クライアントの計画、配信、運用を支援するために、Skype Operations Framework (SOF) のアセットも更新しました。SOF の…


Ignite 2016 で Office 365 グループの更新を発表

(この記事は 2016 年 10 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 Groups update at Ignite 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 先月アトランタで開催された Ignite 2016 にて、Office 365 グループに関する更新が多数発表されました。残念ながらご参加いただけなかった方は、主要セッションのオンライン配信をぜひご覧ください。セッションでは、多くのお客様からのご希望にお応えし、共同作業支援製品の戦略や使用事例、管理やガバナンス、拡張性、製品ロードマップで予定されている主要な新技術などを発表しています。 Office 365 グループとは、チーム メンバーが単一の ID で Office 365 を使用できるようにするグループ メンバーシップ サービスで、カレンダーや OneNote ノートブック、Outlook や Yammer でタスクや会話の管理を行うプランなど、複数のグループでの共同作業に使用するアセットが含まれています。 Ignite の主要セッションの 1 つ「Office 365 グループの紹介 – 概要、管理、ロードマップ (英語)」では、Office 365 グループの全体的な概要と更新内容をお伝えしました。まず企業内のグループでの共同作業が多岐にわたるようになった経緯や、Office 365 がさまざまなグループの独自のニーズやワークスタイルにどのように対応しているかをお話ししました。 続いて、各 Office…


あらゆるコミュニケーションを Skype for Business Online で

(この記事は 2016 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 Move all your communications to Skype for Business Online の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Skype 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Gurdeep Singh Pall の記事をご紹介します。 マイクロソフトは、このたびジョージア州アトランタで開催された Microsoft Ignite カンファレンス (英語) にて、Skype for Business の新機能をいくつか発表しました。これらの新機能により、さまざまなデバイスで Office 365 を使った共同作業がさらに効率化され、エンド ユーザー間での先進的なコミュニケーションが実現します。今回の発表内容の詳細については以下をご覧ください。 職場でのコミュニケーションがさらに便利に この 1 年間、マイクロソフトは、デバイスを問わず職場で快適なコミュニケーションが取れるようにするべく取り組んでまいりました。そしてついに、Mac 用 Skype for Business が 10 月にリリースされることとなりました。このクライアントは Mac の先進的プログラミング言語である Swift…


Ignite で発表された Office 365 最新情報: インテリジェンス、セキュリティ、共同作業

(この記事は 2016 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in September at Ignite—intelligence, security and collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 このたび、ジョージア州アトランタで開催された Microsoft Ignite カンファレンス (英語) にて、IT プロフェッショナルによる企業内のデジタル変革推進を支援する Office 365 全体の更新を発表 (英語) しました。従業員の生産性を高め、組織をより安全に保護するための新しいインテリジェント クラウド サービスを披露できたことをたいへん嬉しく思います。この記事では、今回の重要な発表内容を紹介していきます。Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリ用の新サービスのほか、Office 365 全体にわたる新しいセキュリティ機能、リッチなコミュニケーション機能、共同作業機能の強化などについてご説明します。 新たなインテリジェント サービスで Office アプリがもっと便利に 7 月に発表 (英語) したイノベーションをベースとして、時間の節約や成果物の品質向上に役立つクラウド…


無料の会議ツール「Skype Meetings」を発表

(この記事は 2016 年 7 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing free Skype Meetings の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトはこのたび、新しい無料のオンライン会議ツールである Skype Meetings を発表しました。このツールをご利用いただくと、中堅中小企業のお客様がリアルタイムの音声/HD ビデオ会議を実施できます。Skype Meetings は、会議中に画面やコンテンツを共有するなどの共同作業支援機能を備えています。 Skype Meetings のご利用方法については、以下のビデオをご覧ください。 Skype Meetings をご利用いただくと、会議の設定と、参加者が会議に参加するための専用 URL の共有をすぐに行うことができます。会議中、参加者はインスタント メッセージ (IM) を送信したり、画面や PowerPoint プレゼンテーションを共有したり、レーザー ポインターやホワイトボードの機能を使用したりして、関心を引き付け生産性を高めることが可能です。また会議の開催者向けの機能として、話に耳を傾けてもらうために参加者の音声をミュートにできるなど、ビジネスで会議を取り仕切るうえで役立つ機能もご用意しています。 米国でビジネス用のメール アドレスをお持ちで、Office 365 を導入されていない企業のすべての方が対象となります。こちらの皆様は、www.skype.com/meetings (英語) から無料の Skype Meetings にサインアップしていただけます。サインアップ後、最初の 60 日間は参加者 10 名まで、期間経過後は参加者 3 名までの会議を設定できます。会議に必要なのは、インターネット ブラウザー、マイク、スピーカー、カメラを備えたデバイスだけです。これらは多くのデバイスに搭載されています。 Skype for Business…