SharePoint のリスト アイテムとドキュメントに対してオンデマンドでフローを実行

(この記事は 2017 年 3 月 12 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Flow on demand for SharePoint list items and documents の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) ビジネス プロセスの変革に終わりはありません。このたび、モダン ライブラリと Flow の統合に加え、この変革の取り組みの新たな一歩として、ドキュメント ライブラリやリストにインタラクティブなオンデマンドのフローを作成する機能がリリースされます。 SharePoint 中心のビジネス プロセスの重要な要素として Flow が初めて導入されたとき、コードを一切記述することなく SharePoint リストから直接プロセスを構築する機能が追加されました。フローが動作する対象はリスト全体であり、データやイベントがトリガーとなって、それぞれのプロセスを起動します。 今回の更新では、コマンド バーから直接起動できるフローをリストやライブラリに作成できる機能が追加されます。この機能で作成したフローは、モダン UI で選択した 1 つのアイテムまたはドキュメントに対して動作します。 フローを作成する際、最も関連のあるテンプレートが SharePoint 内に表示されます。フローを選択すると、ブラウザー ベースのフロー デザイナーが起動します。フローを保存すると、それがドロップダウン ボタンとしてリストやライブラリに追加されます。 たとえば、ドキュメントをチーム メンバーに回覧し、フィードバックを得たい場合は、フロー デザイナーで特定の形式のメールを送信するメール アドレスを指定します。保存後ライブラリのドキュメントを選択すると、自動処理の対象オブジェクトとして使用されます。 今回の更新は、2017 年 3 月から先行リリース プログラムで提供が開始されます。ぜひご意見をお寄せください。マイクロソフトは引き続き皆様からのフィードバックに耳を傾け、SharePoint や…


全世界の Office 365 ユーザーに向けて Microsoft Teams のロールアウトを開始

(この記事は 2017 年 3 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft Teams rolls out to Office 365 customers worldwide の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 本日、マイクロソフト本社からの全世界のお客様に向けて発信した Web キャスト (英語) の中で、181 の地域、19 の言語で Office 365 のチャットベースのワークスペース、Microsoft Teams の一般提供が開始されたことを発表しました。11 月にプレビューを発表して以来、Accenture、アラスカ航空、Cerner Corporation、ConocoPhillips、Deloitte、Expedia、J.B. Hunt、J. Walter Thompson、Hendrick Motorsports、Sage、Trek Bicycle、Three UK をはじめ、50,000 社を超えるお客様に Microsoft Teams をご利用いただいています。また、継続的なイノベーションを提供し、お客様から特に多く寄せられたご要望にお応えするため、100 を超える新機能を導入しています。 アクティブ ユーザー数…


Microsoft Flow の SharePoint ドキュメント ライブラリへの統合を発表

(この記事は 2017 年 3 月 12 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Announcing Microsoft Flow integration for SharePoint document libraries の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 昨年マイクロソフトは、ビジネス プロセスの継続的な変革に関する取り組みの一環として、Microsoft Flow と統合されたモダン リストをロールアウトしました。Flow を使用すると、日常的なビジネス プロセスや、多数のエンタープライズまたはカスタムのデータ サービスへの接続を、コードの記述なしに自動化することができます。Ignite などのイベントや Office ブログでは、Flow や他のマイクロソフトのビジネス アプリ プラットフォームと SharePoint の統合がさらに拡大されることをお伝えしていましたが、このたび、その取り組みの新しい一歩として、ドキュメント ライブラリでも自動化のメリットを活用できるようになります。 この統合により、ユーザーはモダン ドキュメント ライブラリに簡単にフローを追加できるようになります。また、モダン リストやモダン ライブラリのシンプルなボタンからオンデマンドでフローをインタラクティブに起動する機能もリリースされます。 たとえば、新しいドキュメントをチーム メンバーに読んでもらい、ドキュメントに関するメタデータを更新したい場合、フローを作成してチームに知らせ、チーム メンバーからの入力をメタデータとして直接ドキュメント ライブラリの列に記録することが可能になります。 Microsoft Flow の使用状況を管理する方法については、多くの問い合わせをお寄せいただいています。Office 365 管理者の皆様には、Microsoft Flow のデータ損失防止 (DLP) 機能について改めてご確認いただくことをお勧めします。すべての Office…


OneDrive および SharePoint の最新ドキュメント ライブラリのファイル管理を強化

(この記事は 2017 年 2 月 17 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Enhancing File Management for OneDrive and SharePoint Modern Document Libraries の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) ここ 1 か月間の取り組みは活発で、先月、最新の SharePoint ドキュメント ライブラリ (英語) におけるファイル管理の更新 (SharePoint から SharePoint、SharePoint から OneDrive for Business、OneDrive から OneDrive へのコピー) についてお知らせしたばかりですが、今回、新たに 3 つの機能強化についてご紹介します。 ファイル コピーのサイズ制限 (50 MB) の撤廃 サイズの大きなファイル (最大 500 MB) もサポートできるようになりました。 同じ場所へのコピー 同じ場所へのコピーが可能になりました。ファイルのコピー先が同じ場合、新しくコピーしたファイル名の最後に数字が自動的に追加されます。この機能は、元のドキュメントを土台として新しいドキュメントを作成する場合に便利です (今回のブログ記事もこの方法で作成しました)。…


Office 365 の 1 月の最新情報まとめ:OneDrive、アクティビティ フィードなどの機能更新を発表

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in January—updates to OneDrive, Activity feed and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 皆様、こんにちは! 今年も Office チームをよろしくお願いいたします。Office チームでは 2017 年の幕開けとして、OneDrive、Office アプリのアクティビティ フィード、Microsoft StaffHub といったさまざまな機能の更新を発表しました。この記事ではその詳細についてご説明したいと思います。 OneDrive for Business の機能更新 今回、OneDrive に対して複数の機能更新を行いました。これらは企業ユーザーの皆様を対象としたものになります。まず、SharePoint Online チーム サイトと OneDrive for Business の共有フォルダーを最新のクライアントを使用して同期できるようにしました。これにより、ユーザーの皆様が共有ドキュメントにさらに簡単にアクセスできるようになりました。また、Web での共有操作をよりシンプルなものにし、共有アクセス権の範囲や期間を簡単に指定できるようにしました。さらに、IT 部門の皆様が展開作業や管理業務をより簡単に行えるように、新たに…


SharePoint と OneDrive for Business でネットワークの場所に基づく条件付きアクセス ポリシーを適用

(この記事は 2017 年 1 月 13 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Introducing Conditional Access by Network Location for SharePoint and OneDrive for Business の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2016 年 9 月に Ignite で告知したとおり、SharePoint および OneDrive for Business は、2017 年 1 月 20 日の初回リリースより、ネットワークの場所に基づく条件付きアクセス ポリシーを適用いたします。 このポリシーは、データの漏えい防止、規制要件への適合、信頼できないネットワークからのアクセス遮断などに効果的です。IT 管理者は、SharePoint 管理コンソールから、特定のネットワーク範囲のアクセスを制限することができます。構成後、定義されたネットワーク境界の外から SharePoint や OneDrive for Business への (Web ブラウザー、デスクトップ アプリ、任意のデバイス上のモバイル アプリなどを使用した) アクセスをブロックします。 このポリシーは、初回リリースの商用および…


サイロ化を解消: ツールを活用してコミュニケーションや共同作業を強化

(この記事は 2017 年 1 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Breaking down silos—tools for better communication and collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 現代では、かつてないほど働き方や働く場所が多様化しています。2015 年の調査では、労働者の 37% (英語) が何かしらの在宅勤務を経験しており、多くの企業は世界の複数拠点で多国間の提携関係を結んでいます。地理的に離れているだけでなく、同じ企業内でもプロジェクトや部門によってチームが分かれています。こうした壁がコミュニケーションのサイロ化を促し、分断を深め、チームワークや共同作業を阻む要因となっています。 サイロ化は、ビジネスに重大な (かつ有害な) 影響をもたらします。チーム間に壁ができると、組織全体のコミュニケーションが損なわれることも多く、企業全体にも次のような影響があります。 コミュニケーションを妨げ、企業文化を阻害する: チームがサイロ化すると、結果的に企業文化の形成が阻まれます。社員が求めるものは、コミュニケーション、共同作業、そして活気ある職場環境です。だれもが、自分らしく楽しく働きたい、チームの一員として働きたいと考えています。事実、労働者の 47% (英語) が、職場環境について同僚と意見を交わすことで、やる気が高まっています。 重複作業が生じる: 自分が行った作業を別のだれか (別のチームや他部署のメンバーなど) が行っていたり、複数の人間が同じ情報を探したりするのはとても非効率です。他チームのプロジェクトについて何も知らないと、ビジネスの生産性に深刻な影響を及ぼしかねません。 必要とする人に情報が届かない: マネージャーなどの管理職は、平均約 20% (英語) を社内情報の検索や特定業務に詳しい人を探すのに費やしています。 サイロ化を解消しアイデアを共有できるようにする手段として、コミュニケーション ツールが効果的です。その活用方法をご紹介します。 ファイル管理やストレージを効率化する チームや部署、ツールやデバイスにかかわらず、ファイルをシームレスに共有することが重要です。緊密に統合されたツール スイートやプラットフォームを利用することで、組織全体で人、コンテンツ、業務アプリをしっかりと連携させることができます。ツールの 1 つとしてチーム サイトを活用すると、ドキュメントの作成、情報の保管、プロジェクトの管理などを共同で実施できます。これにより、チーム間のドキュメントの共有や編集がリアルタイムで行えるようになり、さまざまなレベルで共同作業を進められるほか、あらゆるドキュメントをすぐに見つけられる保管場所として利用することができます。 生産性を向上させるには、あらゆる場所からチーム サイトにアクセスし、情報を安全に利用し、遠隔地やモバイル デバイスでも共同作業ができるようにすることが必要です。 今日の 社員の 5…


最新の SharePoint ドキュメント ライブラリのファイル管理を更新

(この記事は 2017 年 1 月 11 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Updating File Management for SharePoint Modern Document Libraries の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 先日、SharePoint と OneDrive 間でのファイルのコピーと移動について発表しましたが、この機能がさらに拡充され、SharePoint チーム サイト内、チーム サイト間、チーム サイトから OneDrive for Business、OneDrive for Business ライブラリ間でファイルのコピーができるようになります。 最新のファイル管理は、最新のドキュメント ライブラリ (英語) 向けに作成されています。SharePoint 内でファイルを選択すると、コマンド バーに [Copy to] オプションが表示されます。[Copy to] では、Microsoft Graph のインテリジェンスを利用することで、最も頻繁に使用するサイトが表示されると共に、フォローしているサイトを閲覧できるオプションが表示されます。最新のコピーおよび移動では、メタデータは保持したまま、単一のファイル、複数のファイル、またはフォルダー全体をコピーすることができます。 ファイル コピー先パネル この強化機能は 2017 年 1 月中旬より先行リリースが提供され、その後できるだけ早い段階で、全テナント向けに一般提供される予定です。ファイルの最大サイズは引き続き 50 MB に制限されます。2017…


SharePoint 2013 から Office 365 への移行を支援する FastTrack の新しいキャンペーン

(この記事は 2016 年 11 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 New FastTrack offer to migrate SharePoint 2013 customers to Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office マーケティング担当シニア ディレクターを務める Cyril Belikoff の記事をご紹介します。 ご存じのように、あらゆる業界においてデジタル変革のペースは加速しており、このトレンドの最前線を行くのが IT 業界です。IT 企業がこの変化を受け入れられるように支援するため、マイクロソフトは Microsoft FastTrack を構築し、クラウドへの移行を容易にすると共に、ビジネス価値を短期間で実現するお手伝いをしています。Office 365 を購入された企業のお客様に追加料金なしでご利用いただける Microsoft FastTrack は、Office 365 に移行するお客様を成功に導くサービスです。 Microsoft FastTrack は現在までに 22,000 社以上のお客様の 2.45 PB のデータ移行を実施し、毎月 4,000 社以上のお客様を新たにお迎えしています。全世界の 800 人以上の FastTrack…


接続された SharePoint Online チーム サイトを瞬時に作成

(この記事は 2016 年 11 月 8 日に Office Blogs に投稿された記事 Create connected SharePoint Online team sites in seconds の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2016 年 8 月に、Office 365 グループでフル機能の SharePoint チーム サイトを利用できるようになったことを発表しました。Office 365 でグループを作成すると、チームで共有する受信トレイ、予定表、OneNote ノート、ファイルの保存場所、タスク管理用の Planner が与えられます。さらに今後は、ページ、リスト、ライブラリ、チーム向けニュースを含む新しくなったチーム サイトも作成され、チームでの共同作業、コミュニケーション、連携が可能になります。@SharePoint チームのツイート (英語) のとおり、このたび、Office 365 先行リリース プログラムに参加されているすべてのお客様へのロールアウトが完了しました。 Office 365 グループに接続された SharePoint チーム サイトを Office 365 の SharePoint ホームからすばやく作成できるようになりました。管理者は、これらの新機能がユーザーに表示される方法を制御し、ビジネス ニーズに応じて直観的にサイトを調整することができます。今後は、Office 365 グループを作成する場所 (Outlook、Microsoft…