有料メール サービスへの切り替えの決め手となる 6 つのサイン

(この記事は 2016 年 12 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 6 signs your company has outgrown its free email solution の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 無料のメール ソリューションは、会社の設立当初は便利なものです。しかし、ビジネスが成長するにつれ、無料のメール サービスの機能では不十分になり、より高度なソリューションが必要になります。このタイミングはどのように判断すればよいでしょうか。成長中の会社のビジネス メール要件は、小規模なスタートアップの要件とは大きく異なります。利用しているのが Outlook.com でも他のプロバイダーであっても、無料のサービスが十分ではなくなったことを示す共通のサインがあります。 以下は、メール ソリューションがビジネスの成長を妨げないように、今 (または将来的に) 知っておきたい 6 つの重要なポイントです。このいずれかに該当するようなら、無料のメール ソリューションから有料のソリューションへの移行を検討すべきタイミングです。 セキュリティ: セキュリティ侵害が起きた場合や、その恐れがある場合は、エンタープライズクラスの強力なセキュリティ機能を提供する高度なソリューションが必要です。 ストレージ: ストレージの上限に達したら、当然のことながらアップグレードする必要があります。有料ソリューションによる大容量データ ストレージを利用できるのであれば、ストレージ容量を理由にメールを削除したり、メールの使用方法を変更したりする必要はありません。 ツール: 一般的な無料のメール ソリューションでは、受信トレイやユーザーを管理する堅牢なツールは提供されません。有料ソリューションでは、幅広いユーザー管理機能や豊富な受信トレイの管理ルールを利用できるため、受信トレイの管理の手間を省き、より多くの時間をビジネスの管理に充てることができます。 メールをビジネス クラスに アップグレード 有料のホスト型メール ソリューションのメリットは、無料サービスにはない高度な セキュリティ機能と使いやすさです。 電子ブックを入手 (英語) ドメイン名: ビジネス用メールにカスタム ドメインを使用することは、プロフェッショナルな印象を与えるのに不可欠です。たとえば、「yourname@yourcompany.com」の方が「yourcompany@domain.com」よりも信頼できます。無料のカスタム メール アドレスなどもありますが、多くの場合、ホスト会社がお客様のデータやその他の情報にアクセスする可能性が高く、セキュリティ上の脅威にさらされることになります。…


Outlook on the web のグループに新しいファイル エクスペリエンスが登場

(この記事は 2016 年 11 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing a new file experience for groups in Outlook on the web の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトは 10 月に、メールでの外部チーム メンバー (英語) との共同作業機能、新しい iPad 用 Outlook グループ アプリなど、Office 365 グループの数々の機能強化を発表しました。 そしてこのたび、Outlook on the web グループに新たなファイル エクスペリエンスが導入されます。チームでドキュメントを編集、共有する際には、メールでやり取りするのが一般的ですが、この新しいエクスペリエンスでは、Outlook on the web でのドキュメントの共同作業が容易になります。 新しいエクスペリエンスの内容をご紹介します。 グループのすべてのドキュメントにアクセス – 新しくなったファイル ビューでは、メールの添付ファイル、SharePoint ドキュメント ライブラリに保存されたファイル、OneDrive または SharePoint…


Outlook Customer Manager をリリース – 中小企業での顧客関係管理を容易に

(この記事は 2016 年 11 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing Outlook Customer Manager—relationships made easy for small businesses の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトは、Office 365 を通じて中小企業のお客様がより多くの成果を上げられるように貢献したいと考えています。そのため、業務に欠かせない生産性ツールや共同作業ツールだけでなく事業の運営を支援する新しいサービスも提供し、Office 365 の価値を高めています。今年リリースされた Bookings は、顧客の予約対応を管理する新しいサービスです。そして今回新たに、顧客関係をより効率的に管理できるツールを導入します。 経営者の方はよくご存じかと思いますが、リピーターを獲得するにはまず顧客についてよく知り、顧客との会話を記憶にとどめ、要望に対応することから始めます。しかし、フォローすべき顧客が多く、十分な時間を割けない場合には、そうしたことも困難になります。そこで、顧客のフォローと関係構築を容易にするために、Outlook Customer Manager というサービスが新たに Office 365 に導入されます。 Outlook Customer Manager では、各顧客とのあらゆるやり取りを確認したり、進行中の案件や取引を追跡したり、適切なタイミングでアラームを表示させたりできます。直接 Outlook から顧客関係を常に把握できるため、別のツールをインストールしてその使用方法を覚える必要はありません。 Outlook Customer Manager は中小企業向けに特化したクラウド ベースのソリューションで、Office 365 Business Premium プランで追加料金なしでご利用いただけます。ビジネスの拡大に応じて Dynamics 365 に移行すれば、高度な顧客情報を活用し、プロセスの効率性や一貫性を高め、財務や顧客に関してより詳細なインサイトを得ることができます。 顧客情報を一元化 – 手間のかかる作業をなくす…


Office for Mac でタッチ バーを新たにサポート

(この記事は 2016 年 10 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Office for Mac adds Touch Bar support の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 このたび開催された Apple のイベントにおいて、Office for Mac でのタッチ バーのサポートが発表されました。マイクロソフトでは長年 Apple と協力して新しいフォーム ファクターやデバイスのサポートを進めており、今回発表されたニュースでは業界の最新かつ最高のハードウェア技術に対応するために Office がさらに進化したことが発表されました。Office ドキュメントの操作の中でも特に一般的なコマンドのタッチ バーが設定され、指先 1 つで使用できるようになります。今回の記事では、Apple イベントで発表された概要をお伝えします。 Word タッチ バーから、新たに追加されたエクスペリエンスの Word フォーカス モードに移行すると、画面上のリボンやコマンドがすべて非表示になり、作業に集中することができます。この画面ではタッチ バーから指先 1 つで関連の深い Word の機能を呼び出すことができるため非常に便利です。1 回タップするだけで見出しや段落に手軽に新しいスタイルを適用することができます。 PowerPoint…


Microsoft Cloud による iOS 向け Outlook と Android 向け Outlook の機能強化

(この記事は 2016 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 Outlook for iOS and Android is now fully powered by the Microsoft Cloud の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Microsoft Cloud の技術を活用し、Office 365 の法人ユーザーの皆様を対象に iOS 向け Outlook と Android 向け Outlook の機能をさらに強化しました。これにより、あらゆるデータが、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに積極的に取り組むマイクロソフトのサービスを通して提供されるようになります。Outlook に移行するなら、今が最適です。アクティブ ユーザーの数は現在 4,200 万人にのぼります。Office 365 の優れた機能をモバイルで唯一利用できるメール/カレンダー アプリの Outlook を、皆様もぜひお試しください。 マイクロソフトは、金融業界や公的機関に至るまで、どの業界でもお客様の法令、規制、コンプライアンスに関するニーズに応え、最高のモバイル エクスペリエンスを提供できるように、常に取り組んでいます。 それでは、最新の更新内容をご紹介します。 Outlook の新しいアーキテクチャについて このたび、iOS 向け Outlook と…


Office 365 でセキュリティとコンプライアンスにインテリジェンスを活用

(この記事は 2016 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 Applying intelligence to security and compliance in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office のセキュリティおよびコンプライアンス担当ディレクターを務める Alym Rayani の記事をご紹介します。 データの量が爆発的に増加している現在、企業の IT 部門では、急速に増大するデータのセキュリティを確保する業務が大きな負担となっています。進化を続ける脅威を未然に防ぐためには、手に入れたデータを分析し、そこから脅威を発見、遮断して、しかるべき対応を取らなければなりません。Office 365 では、お客様を保護するため、脅威を検出し、それに対応するための他に類を見ないセキュリティ インテリジェンス機能を用意しています。 先日の Microsoft Ignite カンファレンスの場で Office ニュースとして Kirk Koenigsbauer が発表したとおり、Office 365 に新しく以下のセキュリティ コンプライアンス機能が追加されました。 Office 365 Advanced Threat Protection の機能強化 昨年のリリース以来、多くの企業で採用いただいている Office 365 Advanced Threat Protection…


Ignite で発表された Office 365 最新情報: インテリジェンス、セキュリティ、共同作業

(この記事は 2016 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in September at Ignite—intelligence, security and collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 このたび、ジョージア州アトランタで開催された Microsoft Ignite カンファレンス (英語) にて、IT プロフェッショナルによる企業内のデジタル変革推進を支援する Office 365 全体の更新を発表 (英語) しました。従業員の生産性を高め、組織をより安全に保護するための新しいインテリジェント クラウド サービスを披露できたことをたいへん嬉しく思います。この記事では、今回の重要な発表内容を紹介していきます。Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリ用の新サービスのほか、Office 365 全体にわたる新しいセキュリティ機能、リッチなコミュニケーション機能、共同作業機能の強化などについてご説明します。 新たなインテリジェント サービスで Office アプリがもっと便利に 7 月に発表 (英語) したイノベーションをベースとして、時間の節約や成果物の品質向上に役立つクラウド…


Skype for Business Mac プレビュー版に連絡先、プレゼンス、IM 機能を追加

(この記事は 2016 年 7 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business Mac Preview adds contacts, presence and IM の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、次期フェーズの Skype for Business Mac プレビュー版が提供されることになりました。このアプリケーションでは、4 月にリリースされた会議機能に加えて、一連の新機能がご利用いただけます。 それでは、新機能についてご紹介します。 連絡先とプレゼンス — 連絡先がオンラインかオフラインか、また、取り込み中か、会議中か、連絡可能なのかを確認できるため、IM の会話を簡単に開始できます。 ピアツーピア (P2P) 通話 — ボイスオーバー IP を使って、他の Skype for Business ユーザーと直接通話できます。 グループ ビデオ通話 — 最大 4 名の会議参加者を同時に表示できます。 会話履歴 — 以前の会話を一覧表示して、自由に再開できます。 グループ ビデオ通話では、同僚がどんな場所にいても顔を合わせて会話ができます。 更新プログラムの入手方法 このプレビュー版には高い関心が寄せられており、4 月…


Office 365 クライアントの Deferred Channel、6 月の更新プログラムをリリース

(この記事は 2016 年 6 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 The Deferred Channel June updates for the Office 365 client now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 クライアントの 6 月の更新プログラム (バージョン 1602) では、Deferred Channel を通じて更新を行っているお客様に多数の新機能が提供されます。以前の記事でもご説明したように、Deferred Channel とは、企業において Windows デスクトップ アプリの機能更新の頻度を減らす更新スケジュール オプションです。次のリリースまでの期間が長いため、IT 管理者や開発者が余裕を持って基幹業務用アプリケーション、アドイン、マクロに対する Office の検証を行うことができます。Deferred Channel では、2 月、6 月、10 月の年 3 回、新機能が提供されます (リリース日は毎回火曜日のため「Patch Tuesday」と呼ばれます)。 Deferred Channel の今月の更新プログラムの詳細については、Office…


Android Wear 用 Outlook の詳細

(この記事は 2016 年 6 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 A deeper look at Outlook for Android Wear の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Outlook では、いつでも重要な情報にアクセスでき、内容を重点的に把握しておくことができます。ウェアラブル デバイスは、いつでも身に付けて持ち歩くことができ、適切なタイミングで必要な情報をひとめで確認することができます。この 2 つのメリットを組み合わせて、プライベートでも仕事でも生産性を向上させることが可能です。 昨年 8 月、マイクロソフトは Apple Watch 版 Outlook をリリースし、手首に装着したデバイスから直接メールや予定表を操作できるようになりました。Apple Watch 版 Outlook の詳細については、Outlook ブログの「ウェアラブルな生産性 – 身に付ける新しいアプリ」をご覧ください。 そしてこのたび、Android Wear 用 Outlook ウォッチ フェイスがリリースされました。この Outlook ウォッチ フェイスでは、その日のスケジュールの概要と次の予定の詳細をすぐに確認でき、これまで以上にスケジュールの把握が簡単になります。 それでは、Android Wear 用 Outlook ウォッチ フェイスの機能について詳しく見ていきましょう。…