Yammer の新機能: 社内全体のつながりを強化し、やり取りを活発に

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 New in Yammer—building a more connected and engaged organization の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Yammer は、社内のすべての従業員がつながり、共有し、会話をしながら作業できるオープン スペースを提供します。現在、アクティブ グループ数の年間成長率が 70% に達するなど、これまで以上の勢いで Yammer の導入が進んでいます。Yammer と SharePoint は常に自然な形で相互を補完しており、併用することでユーザー、コンテンツ、情報を強力に結び付け、これらを簡単に発見できるようになります。今回、SharePoint Virtual Summit (英語) において、社内のどこにいても、だれもが Yammer を通じて簡単につながり、やり取りできるようにする複数の新機能が発表されました。 Yammer と SharePoint を併用してイントラネット上での会話を促進する 仕事をしていると、生産的な会話がどこで始まってもおかしくありません。昨年、Yammer での共同作業中に SharePoint を含む Office 365 スイート全体でシームレスにドキュメントを共有する機能がリリースされました。今回は、新しい SharePoint コミュニケーション サイトを充実させるために、既存の Yammer 埋め込み機能を使用して会話機能を追加できるようになりました。これにより、内容的に関連性の高い議論が行われるようになり、コンテンツの話題性 (バイラリティ) を高めることができます。…


Office Online Server の 2017 年 4 月の更新

(この記事は 2017 年 4 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Office Online Server April 2017 release の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Office Online Server (OOS) の 2 回目のメジャー アップデートがリリースされました。今回のリリースでは、Windows Server 2016 がサポートされたほか、複数の機能強化が実施されました。企業のお客様は OOS を利用して、自社のデータセンターから、ブラウザー ベースの Word、PowerPoint、Excel、OneNote、その他の Office Online の機能を社内ユーザーに提供することができます。 今回のリリースでは、多数のご要望が寄せられていた Windows Server 2016 が正式にサポートされ、Windows Server 2016 を実行している場合にも OOS をインストールできるようになりました。ぜひ OOS の最新バージョンをご利用いただき、最高のエクスペリエンスを実現してください。 また、今回のリリースにおける機能強化は以下のとおりです。 PowerPoint Online での共同編集のパフォーマンス向上 Word Online での数式表示 Word…


Microsoft Forms に教師向け新機能を追加

(この記事は 2017 年 4 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 New educator-focused features in Microsoft Forms の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトは、いつでも教師の皆様の声に耳を傾けています。Microsoft Forms (英語) の一般提供が開始されて以来、授業で Forms をご利用の教師の皆様から、新機能へのご要望を非常に多く頂いていました。そしてこのたび、教師と学生の皆様に向けて、共同作業やカスタマイズ性を強化する 3 つの新機能を追加しました。 OneNote にフォームを埋め込む OneNote Class Notebook をご利用で、学習過程における評価をシームレスに統合したいと考えている教師の皆様からは、Forms と OneNote の統合を望む声が多く挙がっていました。今回のリリースでは、わずか 2 つの手順を踏むだけで、フォームを OneNote Online に埋め込めるようになりました。まず、OneNote の [Insert] メニューで [Forms] をクリックし、[Forms for OneNote] ウィンドウでフォームを選択します。 OneNote に埋め込むフォームを選択 次に、選択したフォームを OneNote に埋め込みます。詳細については、OneNote Online にフォームを挿入する方法のドキュメントを参照してください。 OneNote…


Office 365 の 3 月の最新情報まとめ: Excel の共同編集など

(この記事は 2017 年 3 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 New to Office 365 in March—co-authoring in Excel and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 Office 365 は、個々のユーザー、チーム間、企業全体での共同作業において、最高クラスの多様性と専門性を備えたツールキットを提供しています。3 月の機能更新では、Excel の共同編集や Microsoft Teams の一般提供などを開始し、エクスペリエンスがさらに向上しています。5 月 16 日に開催される SharePoint Virtual Summit では、SharePoint と OneDrive の最新ロードマップについても発表される予定です。それでは、詳しくご説明します。 Excel で共同編集が可能に マイクロソフトでは、Word、Excel、PowerPoint 上での完全な共同編集機能の実現に向けて大きく前進しています。今回、Office Insider ファースト レベルのお客様には、Windows デスクトップ版の Excel…


Word Online と OneNote Online 向け学習ツールの提供開始、新言語にも対応

(この記事は 2017 年 2 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Learning Tools for Word Online and OneNote Online now available, plus new languages の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Office 365 または個人用 OneDrive をご利用のお客様向けに、新言語に対応した学習ツールをご紹介いたします。以前発表 (英語) されたとおり、Word Online と OneNote Online 向けに学習ツールの提供が開始され、OneNote 学習ツールと同様の読み書きのメリットを、あらゆるデバイスで体験できるようになります。Word Online または OneNote Online で新しい学習ツールを利用するには、[View] メニューの [Immersive Reader] をクリックします。また、Word 2016 では、閲覧モードに学習ツールが組み込まれています。 学習ツールの閲覧ビューには、ユーザーがさらに効果的に読むことができるように、以下の機能が備わっています。 音声読み上げ: テキストの読み上げと同時にその箇所を強調表示することで、文字判読力、流暢な読み方、文章理解力の向上、視線と集中力の維持を支援します。 間隔: 列幅が狭い箇所の文字間隔を最適化することで、「Crowding effect (字詰まり効果)」問題を抱えるユーザーの読み易さを向上します。…


サイロ化を解消: ツールを活用してコミュニケーションや共同作業を強化

(この記事は 2017 年 1 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Breaking down silos—tools for better communication and collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 現代では、かつてないほど働き方や働く場所が多様化しています。2015 年の調査では、労働者の 37% (英語) が何かしらの在宅勤務を経験しており、多くの企業は世界の複数拠点で多国間の提携関係を結んでいます。地理的に離れているだけでなく、同じ企業内でもプロジェクトや部門によってチームが分かれています。こうした壁がコミュニケーションのサイロ化を促し、分断を深め、チームワークや共同作業を阻む要因となっています。 サイロ化は、ビジネスに重大な (かつ有害な) 影響をもたらします。チーム間に壁ができると、組織全体のコミュニケーションが損なわれることも多く、企業全体にも次のような影響があります。 コミュニケーションを妨げ、企業文化を阻害する: チームがサイロ化すると、結果的に企業文化の形成が阻まれます。社員が求めるものは、コミュニケーション、共同作業、そして活気ある職場環境です。だれもが、自分らしく楽しく働きたい、チームの一員として働きたいと考えています。事実、労働者の 47% (英語) が、職場環境について同僚と意見を交わすことで、やる気が高まっています。 重複作業が生じる: 自分が行った作業を別のだれか (別のチームや他部署のメンバーなど) が行っていたり、複数の人間が同じ情報を探したりするのはとても非効率です。他チームのプロジェクトについて何も知らないと、ビジネスの生産性に深刻な影響を及ぼしかねません。 必要とする人に情報が届かない: マネージャーなどの管理職は、平均約 20% (英語) を社内情報の検索や特定業務に詳しい人を探すのに費やしています。 サイロ化を解消しアイデアを共有できるようにする手段として、コミュニケーション ツールが効果的です。その活用方法をご紹介します。 ファイル管理やストレージを効率化する チームや部署、ツールやデバイスにかかわらず、ファイルをシームレスに共有することが重要です。緊密に統合されたツール スイートやプラットフォームを利用することで、組織全体で人、コンテンツ、業務アプリをしっかりと連携させることができます。ツールの 1 つとしてチーム サイトを活用すると、ドキュメントの作成、情報の保管、プロジェクトの管理などを共同で実施できます。これにより、チーム間のドキュメントの共有や編集がリアルタイムで行えるようになり、さまざまなレベルで共同作業を進められるほか、あらゆるドキュメントをすぐに見つけられる保管場所として利用することができます。 生産性を向上させるには、あらゆる場所からチーム サイトにアクセスし、情報を安全に利用し、遠隔地やモバイル デバイスでも共同作業ができるようにすることが必要です。 今日の 社員の 5…


Office Online Server の 11 月の更新

(この記事は 2016 年 11 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Office Online Server November release の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 5 月にリリースされた Office Online Server (OOS) では、企業のお客様がブラウザー ベースの Word、PowerPoint、Excel、OneNote、その他の Office Online の機能を社内ユーザー向けに自社データセンターから利用することができます。Office Online の新機能のほとんどは、定期的な更新を通じて配信されます。 そしてこのたび、Office Online Server の最初の大きな更新がリリースされました。更新内容は次のとおりです。 Word Online での共同編集のパフォーマンスが向上 埋め込まれた Power View シートの表示を Excel Online でサポート Word Online、PowerPoint Online でのテーブルの操作を改善 (ドラッグ アンド ドロップのサポートの強化など) PowerPoint エディターでスペルミスのインライン表示をサポート Word Online…


Yammer で Office ドキュメントの作成と共有が可能に

(この記事は 2016 年 10 月 7 日に Office Blogs に投稿された記事 Now you can create and share Office documents while collaborating in Yammer の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Yammer は、社内の従業員やチームをつなぎます。本当の意味での生産性を実現するためには、チーム メンバーどうしがつながるだけでなく、メンバーが最も必要とするツールにもアクセスできる必要があります。先日の Office 365 グループの統合により、Yammer を利用しているすべてのチームが、統合された SharePoint チーム サイト、ドキュメント ライブラリ、OneNote ノートブック、タスク管理用の Planner に直接アクセスできるようになりました。そして今回、さらなる生産性向上のため、Office ドキュメントを利用した共同作業が可能になります。 ユーザーは Yammer グループから直接 Word、PowerPoint、Excel などの Office ドキュメントを作成し、チーム メンバーと共同編集できるようになります。また、SharePoint や OneDrive ライブラリを参照してファイルを簡単に共有し、Yammer でチームとのディスカッションを開始することができます。緊密に統合された Office 365 スイートを、さらに業務に活用できるよう取り組んだ結果、Yammer ユーザー数は過去最高の年間増加率を達成しました。新機能は本日より順次ロールアウトされ、今後数週間ですべての Yammer…


Office Online Server の提供開始

(この記事は 2016 年 5 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 Office Online Server now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、企業のお客様がブラウザー ベースのバージョンの Word、PowerPoint、Excel、OneNote、その他の機能を利用できる Office Online Server (OOS) がリリースされました。企業のお客様の多くはさまざまな理由により、現在もオンプレミスでサーバー製品を実行しています。OOS を使用することで、Office Online の機能を自社データセンターでご利用いただくことができます。OOS は Office Web Apps Server 2013 の後継製品です。 従業員数が 100 人の企業でも、100,000 人の企業でも、OOS は適切にスケーリング可能です。OOS のアーキテクチャにより、単一の OOS ファームで SharePoint、Exchange、Skype for Business の複数のインスタンスを実行することができます。OOS は SharePoint Server 2016、Exchange Server 2016、Skype for Business Server…


新しい Office 365 Project ポートフォリオ ダッシュボード アプリケーションをリリース

(この記事は 2016 年 4 月 19 日に Office Blogs に投稿された記事 New Office 365 Project Portfolio Dashboard apps are live の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、昨秋に発表した Project ポートフォリオ ダッシュボード アプリケーションが Apple と Office のアプリ ストアでリリースされました。これらのアプリケーションでは高機能なダッシュボードが事前に構成されているため、ビジネス リーダーやポートフォリオ マネージャー、プロジェクト マネージャーは、リソースの使用率、プロジェクト ポートフォリオのパフォーマンス、コスト、アクティブなリスクや懸念事項、主要なマイルストーンといった項目の詳細を確認できます。 Project ポートフォリオ ダッシュボード Web アプリ この Web アプリでは、多くのお客様が組み込みのリッチなレポートをすぐにご活用いただけるうえ、組織固有のニーズに合わせてポートフォリオ ダッシュボードをカスタマイズすることも可能となっています。懸念事項、リスク、成果物のレポートをはじめとして、プロジェクト、タスク、リソースベースのさまざまなレポートから選択することができます。また、カスタム フィールドに基づくフィルター処理など、複数のフィルター処理オプションも用意されています。レポートは、アプリケーション内で数回クリックするだけでカスタマイズすることができます。詳細については「ポートフォリオ ダッシュボードの操作」をご覧ください。 Office 365 Project ポートフォリオ ダッシュボード は、ご利用の Project Online サイトにすぐに追加できます。Web アプリケーションをダウンロードしてぜひご利用ください。…