Office 365 の 6 月の更新 — Microsoft Teams の学習エクスペリエンスなど

(この記事は 2017 年 6 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 New to Office 365 in June—classroom experiences in Microsoft Teams and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 来週開催される International Society for Technology in Education (ISTE) カンファレンスで、マイクロソフトは未来を担う現代の生徒たちを支援する最新機能についてご紹介します。Office 365 の今月の更新では、Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスの提供拡大や、セキュリティ機能の強化など、さらなる取り組みがなされています。では詳しい内容を見ていきましょう。 Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスの提供拡大 Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスが Office 365 Education ユーザーに向けてロールアウト (英語) されます。Teams…


Office 365 でサポートされる電子メール メッセージ サイズが最大 150 MB に

(この記事は 2015 年 4 月 15 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 now supports larger email messages—up to 150 MB の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 チームのシニア プログラム マネージャーを務める Kevin Shaughnessy と、テクニカル プロダクト マネージャーを務める Shobhit Sahay の記事をご紹介します。 ここ数年間、Office 365 で送受信できる電子メール メッセージは最大 25 MB でした。25 MB というサイズは、ほとんどの電子メールにとっては十分すぎるほどですが、大きなプレゼンテーション、スプレッドシート、動画は、この制限により送信できない場合もあります。Office 365 の Outlook Web App (OWA) では、簡単な方法で OneDrive for Business の保存場所へのリンクを送信する形でドキュメントを「添付」することができます。これは、サイズの大きなファイルを共有する場合にたいへん便利な機能です。しかし、リンクではなく、実際の添付ファイルとしてサイズの大きなファイルを送信したいときもあります。こうしたケースを想定して、今回メッセージ サイズの上限を…


Yammer の新機能: 社内全体のつながりを強化し、やり取りを活発に

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 New in Yammer—building a more connected and engaged organization の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Yammer は、社内のすべての従業員がつながり、共有し、会話をしながら作業できるオープン スペースを提供します。現在、アクティブ グループ数の年間成長率が 70% に達するなど、これまで以上の勢いで Yammer の導入が進んでいます。Yammer と SharePoint は常に自然な形で相互を補完しており、併用することでユーザー、コンテンツ、情報を強力に結び付け、これらを簡単に発見できるようになります。今回、SharePoint Virtual Summit (英語) において、社内のどこにいても、だれもが Yammer を通じて簡単につながり、やり取りできるようにする複数の新機能が発表されました。 Yammer と SharePoint を併用してイントラネット上での会話を促進する 仕事をしていると、生産的な会話がどこで始まってもおかしくありません。昨年、Yammer での共同作業中に SharePoint を含む Office 365 スイート全体でシームレスにドキュメントを共有する機能がリリースされました。今回は、新しい SharePoint コミュニケーション サイトを充実させるために、既存の Yammer 埋め込み機能を使用して会話機能を追加できるようになりました。これにより、内容的に関連性の高い議論が行われるようになり、コンテンツの話題性 (バイラリティ) を高めることができます。…


Office 365 ProPlus に関する更新

(この記事は 2017 年 4 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 ProPlus updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 商業マーケティング チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。 Office 365 ProPlus は、マイクロソフトの主要なエンタープライズ アプリをクラウドに接続し、常に最新の状態を維持できるようにしたサービスです。今回は、ProPlus に関する 3 つの重要な更新をお知らせいたします。1 つ目は Office 365 のシステム要件の変更、2 つ目は Windows 10 に合わせた ProPlus の更新モデルの変更、3 つ目は ProPlus アプリケーションの互換性を管理するための新しいツールとプログラムについてです。 Office 365 のシステム要件の変更 Office 365 ProPlus は Office 365 サービスを活用するうえで最適なプランです。IT 部門には、最も安全性が高く包括的な生産性アプリが提供されます。また、アプリはクラウドに接続されており、常に最新の状態が維持されるため、新しいセキュリティ機能、新しいテレメトリ、新しい管理機能によって継続的に強化されます。エンド…


2017 年 4 月の更新: Excel 2016 の Get & Transform と Power Query アドイン

(この記事は 2017 年 4 月 6 日に Office Blogs に投稿された記事 April 2017 updates for Get & Transform in Excel 2016 and the Power Query add-in の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Excel 2016 は Power Query テクノロジを基盤としてデータを迅速かつ容易に収集し整形するための機能群を備えていて、[Data] リボンの [Get & Transform (機械翻訳)] セクションからアクセスできます。 このたび、多くのお客様からのご要望を受け、新しいデータ変換および接続性に関する機能が 5 つ発表されました。 これらの更新は Office 365 サブスクリプションの一部として提供されます。Office 365 をご利用の方は、最新機能を入手する方法をご確認ください。Excel 2010 または Excel 2013 をご使用の場合も、最新の Power Query for…


Office 365 の 2 月の最新情報まとめ: インテリジェント サービスの新機能および機能強化

(この記事は 2017 年 2 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in February—new and improved intelligent services の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 2 月は、クラウド ベースのインテリジェント サービスに関して、いくつかの機能強化が行われました。これらのサービスにより、機械学習や高度なアルゴリズムを用いて魅力的なエクスペリエンスを提供し、時間の節約、生産性の向上、洗練された質の高いコンテンツの作成を可能にします。サービスを利用されるお客様の増加に伴い、今後も技術革新に向けて機能強化を重ね、有益な推奨機能をお届けできるように取り組んでいきます。 PowerPoint の QuickStarter でプレゼンテーションの制作を支援 PowerPoint で QuickStarter がご利用いただけるようになりました。9 月に発表したとおり、QuickStarter はプレゼンテーションの制作過程を一変させ、まっさらな状態から簡単にアイデアを形にできます。トピックを入力するだけで、緻密に練られたアウトライン、推奨されるカテゴリ、さらに調査すべき情報、Creative Commons (英語) ライセンス付きの関連画像が提示されます。QuickStarter の実際の動作をご覧いただき、どのようなことができるのかをご確認ください。 PowerPoint の QuickStarter でプレゼンテーションの制作を支援 提供状況: QuickStarter は、Office 365 サブスクリプションをお持ちの Office…


Office 365 の 3 月の最新情報まとめ: Excel の共同編集など

(この記事は 2017 年 3 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 New to Office 365 in March—co-authoring in Excel and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 Office 365 は、個々のユーザー、チーム間、企業全体での共同作業において、最高クラスの多様性と専門性を備えたツールキットを提供しています。3 月の機能更新では、Excel の共同編集や Microsoft Teams の一般提供などを開始し、エクスペリエンスがさらに向上しています。5 月 16 日に開催される SharePoint Virtual Summit では、SharePoint と OneDrive の最新ロードマップについても発表される予定です。それでは、詳しくご説明します。 Excel で共同編集が可能に マイクロソフトでは、Word、Excel、PowerPoint 上での完全な共同編集機能の実現に向けて大きく前進しています。今回、Office Insider ファースト レベルのお客様には、Windows デスクトップ版の Excel…


SharePoint Virtual Summit のお知らせ

(この記事は 2017 年 3 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the SharePoint Virtual Summit の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2017 年 5 月 16 日に、グローバルな無料オンライン イベント SharePoint Virtual Summit (英語) が開催されます。 Office 365 は 8,500 万人を超えるアクティブ ユーザーにご利用いただいており、個々のユーザー、チーム、企業全体での共同作業において最高クラスの多様性と専門性を備えたツールキットを提供しています。あらゆるグループの固有のワークスタイルに適合するように特化した統合アプリケーションを備えています。エンタープライズクラスのメール ソリューションである Outlook、企業全体の利用に向けたネットワーク ソリューションである Yammer、企業の音声や動画によるコミュニケーションの基幹ソリューションとなる Skype for Business、新しいチャット ベースのワークスペースとなる Microsoft Teams、インテリジェントなコンテンツ管理やイントラネット向けの SharePoint を使用できます。 昨年 5 月に開催され 50,000 人を超える参加者を集めたオンライン イベントの Future of SharePoint…


Office 365 の 1 月の最新情報まとめ:OneDrive、アクティビティ フィードなどの機能更新を発表

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in January—updates to OneDrive, Activity feed and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 皆様、こんにちは! 今年も Office チームをよろしくお願いいたします。Office チームでは 2017 年の幕開けとして、OneDrive、Office アプリのアクティビティ フィード、Microsoft StaffHub といったさまざまな機能の更新を発表しました。この記事ではその詳細についてご説明したいと思います。 OneDrive for Business の機能更新 今回、OneDrive に対して複数の機能更新を行いました。これらは企業ユーザーの皆様を対象としたものになります。まず、SharePoint Online チーム サイトと OneDrive for Business の共有フォルダーを最新のクライアントを使用して同期できるようにしました。これにより、ユーザーの皆様が共有ドキュメントにさらに簡単にアクセスできるようになりました。また、Web での共有操作をよりシンプルなものにし、共有アクセス権の範囲や期間を簡単に指定できるようにしました。さらに、IT 部門の皆様が展開作業や管理業務をより簡単に行えるように、新たに…


OneDrive に共同作業とファイル管理の新機能が登場

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 OneDrive brings new file collaboration and management features to the enterprise の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 編集メモ 2017 年 1 月 27 日: この記事は更新されています。最新の OneDrive 同期クライアントと SharePoint Online ドキュメント ライブラリを同期する際、Office 365 管理者がユーザーを明示的に有効化する必要がある旨が追記されました。下記の FAQ でその他の質問と併せてご確認ください。 今日のデジタル ワークプレースでは、生成されるコンテンツ量が急速に増え、共同作業を行うメンバーも日々異なります。このような環境で生産性を維持するためには、場所やデバイスを問わず、組織内外のチームのファイルに簡単にアクセスして共同作業を行えるようにすることが重要です。 このたび、新たにいくつかの機能が OneDrive for Business に追加され、Office 365 のすべてのファイルの同期、共有、共同作業がこれまで以上に簡単になりました。 これらの新機能をご紹介します。 場所や時間を問わず、すべてのファイルを Windows PC や Mac…