Outlook および Skype for Business のクラッシュの回避策として Office 2013 ProPlus クライアントを 3 月のビルドにロールバックする

(この記事は 2016 年 4 月 21 日に Office Deployment Support Team Blog に投稿された記事 Rolling your Office 2013 ProPlus clients back to the March build due to Outlook and Skype for Business crashes の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   2016 年 4 月 5 日の Outlook 2013 の更新プログラム (KB3114941) (機械翻訳) を適用後、Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) と Microsoft Outlook 2013…


Office 2016 を 9月23日より Office 365 ユーザーに提供開始 ~スムーズな共同作業のための新しい Office。~

 2015 年 9 月 23 日 —  マイクロソフト コーポレーション (以下、マイクロソフト) は、全世界に向けて Office 2016 の提供を開始しました。Office 2016 はユーザーの共同作業に最適な環境を提供するクラウド ベース サブスクリプション サービス Office 365 に追加された新しいアプリです。また今回同時に、チームの生産性向上に役立つ Office 365 の新機能と機能強化も発表しました。 マイクロソフト CEO サティア ナデラ は次のように述べています。「人々の働き方は劇的に変化しました。だからこそ、マイクロソフトはモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界に向けて生産性とビジネス プロセスを刷新すべく取り組みを続けています。今回お届けする最新の技術革新により、個々の生産性アプリの集まりだった Office は、共同作業、チームワーク連携を強化し、新しいワークスタイルを実現するためのソリューションとして、生まれ変わる大きな一歩を踏み出すことができました。」 Office 2016 では、Windows 向け Office デスクトップ アプリ (Word、PowerPoint、Excel、Outlook、OneNote、Project、Visio、Access) の最新バージョンが提供されます。Office 365 サブスクリプションを購入すると、手元のデバイスにすべてのアプリをインストールして常に最新の状態で利用することができます。また、オンライン ストレージの OneDrive や、Skype for Business、Delve、Yammer、企業レベルのセキュリティ機能など、進化を続けるコンシューマー サービスやコマーシャル サービスも同時に提供されます。 新しい Office と…

0

Office 365 の最新情報まとめ

(この記事は 2015 年 8 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news roundup の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 「変化に対応することこそが最大の安定 (英語)」 — ボブ ディラン Office 365 サービスのリリースによって生産性向上や共同作業を支援する製品にかつてないほど多くの技術革新や変化がもたらされたことは、間違いありません。マイクロソフトは、お客様のご要望とフィードバックにお応えすると共に、生産性を改革するために、また、皆様の共同作業を支援する高品質のサービス群を提供するために絶えず努力することで、現在も継続して製品に改良を加えています。Office 365 では、昨年 1 年間に大規模なものから小規模なものまでを含め 450 を超す更新がリリースされました (英語)。何度も更新がリリースされるとユーザーにとっては対応が煩雑になるため、このようなスピーディな変化に常に対応できるようにツールやプロセス (英語) の改良にも取り組んでいます。 マイクロソフトはすべてのプラットフォームの生産性に変革をもたらすことを目指しており、その一環としてこの 2 週間に Apple Watch 版の Outlook や Yammer、Android Wear 版の OneNote や OneDrive など、ウェアラブル デバイス用の新しいアプリ セットをリリースしました。また、新たに iOS および Android 用の Skype for Business…

0

FEST2015での Office 365 関連ブレークアウトセッションを紹介

日本マイクロソフトでは、2015年9月2日から4日まで、ザ・プリンスパークタワー(東京)に於いて、日本マイクロソフト最大のイベント”FEST 2015”を開催します。 FEST 2015概要 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/   FEST 2015のDay2 とDay3では、お客様向けのキーノートを始めに、Office 及びOffice 365関連のブレークアウトセッションにてお客様導入事例や最新情報をご紹介します。 ブレークアウトセッションの詳細とご登録はこちらのページをご覧ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/session.aspx#day2   Day セッションID セッションタイトル 2 SPN-202 乗り換えも安心!日本企業の求める機能はそのまま。より信頼できるクラウドサービスへ 2 SPN-204 HP Enterprise Service for Office 365 をお客様が選択される理由とその価値 2 SPN-205 Office 365 のプランニング ~サポート・活用促進をワンストップで提供 2 SPN-207 ネットワークに強い KDDI がおススメするセキュアなクラウドの使い方 2 SPN-211 100 万ユーザー突破! 導入事例に見る、Office 365 × HDE One 〜HDE One がなかったら、Office 365 を導入していなかった〜 2 PRD-211 ビジネスを創造する新たなワークスタイル Office…

0

新しい Power BI への移行について

(この記事は 2015 年 3 月 23 日に Power BI Blogs に投稿された記事 Power BI Transition の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 変更内容 先日、Power BI の製品およびライセンスの変更に関する発表がありました。変更内容は次のとおりです。1) 現在プレビュー版として提供されている新しい機能とユーザー エクスペリエンスが新しいPower BIとして提供されます。2) 料金およびライセンス体系が、一般提供開始時にプレビュー版のものから変更されます。 製品の変更点 現在プレビュー版として提供されている機能とユーザー エクスペリエンスが新たに追加され、Power BI サービスが刷新されます。詳細についてはこちらのページ (英語) をご覧ください。プレビュー期間中、お客様は既存のエクスペリエンスと並行して新しいユーザー エクスペリエンスをお試しになることができますが、一般提供が開始されると移行を求められます。移行時には、新しいユーザー エクスペリエンスを既存の Excel ワークブックに接続するように設定する必要があります。SharePoint Online に保存されている Excel ワークブックを指定するか、ワークブックを Power BI に再度読み込むだけで、簡単に設定することができます。 上記に加えて、Power BI サービスはスタンドアロン サービスに変更され、SharePoint Online の利用が必須ではなくなります。どちらのサブスクリプションをご利用の場合も、Power BI は Office 365 とシームレスに連携します。 なお 現在Office Professional Plus…

0

日本ユニシス、1万ユーザーが利用する Office を常に最新機能が利用できる Office 365 ProPlus に全面移行

~Office バージョンアップのコストを抑制とともに、Lync や Yammer、SharePoint の活用も開始し、ワーク スタイル変革を推進する基盤に~ ICT による経営革新を強力に支援し、自らも 2008 年から在宅勤務制度を開始するなど、ワーク スタイル変革に積極的に取り組んでいる日本ユニシス株式会社。ここではその基盤として、Microsoft Office 365 が活用されています。その第一歩として行われたのが、Office 365 ProPlus の全社展開。これによってバージョンアップ時に発生するコストと作業負担を大幅に軽減すると共に、最新機能を継続的に利用できる環境を整備しました。その一方で Microsoft Lync Online や Yammer、Microsoft SharePoint Online の活用も草の根運動的に徐々に拡大。ロケーション ギャップを解消し、いつでもどこでもコラボレーションに参加できるしくみによって、ワークスタイル変革の新たなステージへと向かいつつあります。 Office 365 ProPlus 導入効果: バージョンアップ時の展開の手間とコストを抑制、長期的なコスト削減を実現した。 最新機能を月次リリースするOffice 365 ProPlusに移行したことで、モバイルワークや、データ分析など業務に活かせる機能をすぐに利用できるなど、業務の効率が向上した。 Office アプリケーションに加えて、ビデオ会議や社内 SNS なども利用できるため、コミュニケーションの円滑化やワーク スタイル変革にも大きな貢献を果たしている。   導入の経緯: 新規導入 PCにOS と Office 365 ProPlusをプリインストールし、2013 年 12 月から配布を開始 展開システムの立ち上げおよび動作検証と、最初の Office 365 ProPlus の展開は約…

0

特別対談ビデオ公開! ~「介護と仕事の両立」を支える Office 365~

2014年11月に Office 365 が HR アワード受賞したことを記念し、ワークスタイル変革の特別対談が行われました。対談テーマは、「介護と仕事の両立」 と 「Office 365 の活用」 です。  HRアワード( http://hr-award.jp/ )は、人事関連のアワードとして最も権威のある賞として知られており、Office 365 が企業の最前線でワークスタイル改革に携わっている人事関係者の皆様にご評価いただいたことは大変名誉なことであるとともに、企業におけるワークスタイル変革とICT活用に対する検討の本格化を強く感じさせるものです。 そのOffice 365 は具体的にどのようにワークスタイル変革を支援することができるのか。本対談では、喫緊の経営課題といわれている「介護と仕事の両立」をメインテーマに掲げ、ICT 及び Office 365 の活用を含む、企業の取り組むべき課題について意見をかわします。対談は、ワークスタイル変革のオピニオンリーダーであり、内閣府 参事官「子ども・子育て会議」他複数公務を兼務するワーク・ライフバランス代表取締役社長の小室叔恵氏と、自らも家族の介護を担いながら、グローバルビジネスの最先端で活躍する日本マイクロソフト業務執行役員の 越川 慎司氏によりお届けします。お二人が共に実践する、“いつでもどこでも成果を上げる働き方” を実例と共にご覧ください。   ビデオ:https://aka.ms/hrc2015 対談記事:https://aka.ms/hr2015    株式会社ワーク・ライフバランス   代表取締役 小室淑恵氏 900社以上へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げる「働き方見直しコンサルティング」に定評がある。2児の母として子育てをしながら効率の良い働き方を実践。『6時に帰るチーム術』など著書多数。消費増税集中点検会合、内閣府「子ども・子育て会議」他複数公務を兼務。金沢工業大学客員教授。

0

あらゆる場所で Office を: iOS および Android 用 Office に関する最新情報

今回は、Office プロダクト マネージメント チームのゼネラル マネージャーを務める Julia White の記事をご紹介します。 先日 Windows 10 の新しいエクスペリエンスが発表されました。その中で、Windows 10 の Office ユニバーサル アプリの新しいタッチ エクスペリエンスが、小型のデバイスから Microsoft Surface Hub までの各種デバイスに提供されることが紹介されました。これは、最近リリースされた Office for iPhone、Office for iPad の更新版、Android タブレット向け Office のプレビュー版に続くものです。これらの製品はすべて、Office をあらゆる場所で、あらゆる人に、あらゆるデバイスでご利用いただくという、マイクロソフトが掲げる目標への重要なステップとなっています。 Office は、これまでに全世界の iPhone ユーザーおよび iPad ユーザーにより 8,000 万以上ダウンロードされています。また、Office アプリは生産性アプリのランキングでトップ 10 に入っており、4+ の評価を得ています。Android タブレット向け Office のプレビュー版もリリース以降大きな反響をいただき、こちらも 4+ の評価を得ています。プレビュー版の Word、Excel、PowerPoint の各アプリは、33 の言語、110 を超える国で 25 万回以上ダウンロードされ、製品の改良や改善に役立つフィードバックをいただいています。多様な…

0

Microsoft ワールドワイド教育担当バイス プレジデント Anthony Salcito による投稿 - Office 365 と Moodle: 学習環境を変えるオープンなアプローチ

(この記事は 2015 年 1 月 19 日に Office Blogs に投稿された記事 By Anthony Salcito, Vice President of Worldwide Education: Office 365 and Moodle: An Open Approach to Transforming Classrooms の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 教育の現場でテクノロジを活用すれば、学習環境が一変し、学習成果がかつてないほどのペースで向上します。しかし、新しいツールがいくら学習環境に変化をもたらしても、教師の皆様が日々直面するさまざまな課題は今も完全には解決されていません。たとえば、予定表の管理、コンテンツの作成、ワークフローの改善などの作業をこなすために、貴重な授業時間をつぶさなければならない場合もあります。こうした現状を受けて、多くの企業がこの問題の解決に向けて取り組んでいる最中です。今回は、マイクロソフトが Moodle の認定パートナーである Remote-Learner 社 (英語) と提携して、どのような取り組みを行っているのかについてご紹介します。 8,000 万近くにも上るユーザーを抱える Moodle は、他のどの学習管理システム (LMS) よりも多くの教育機関に利用され、既に 241 か国で学級運営方法の刷新に役立てられています。また、教育業界ではビジネス向け生産性ツールと Office 365 ProPlus (英語) が提供されるというメリットが要因となって Office 365 が大々的に取り入れられており、この Office 365 と組み合わせることで Moodle…

0

Power Query の 1 月の更新 ー コネクタの追加と操作性の向上

(この記事は 2015 年 1 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Power Query January update—new connectors and usability improvements の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Power Query for Excel は、データの検出、アクセス、共同作業を簡略化して、ビジネス インテリジェンス (BI) エクスペリエンスを強化する Excel アドインです。Power Query チームは Power Query エクスペリエンスの向上に継続的に取り組んでおり、1 月の更新では新しいコネクタと操作性を改善する機能強化を数多く追加しました。 今回の更新内容 今回の更新では、下記の機能を追加または強化しました。 ODBC コネクタ — この新しいコネクタを使用すると、汎用 ODBC データ ソースから Power Query にデータをインポートできます。 [From Azure] リボン ドロップダウン メニュー — Power Query のすべての…

0