Office 365 のセキュリティおよびコンプライアンスに関する 5 月の最新情報

(この記事は 2016 年 5 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 May Office 365 security and compliance update の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 チームは 1 か月間にわたり、新しいセキュリティ機能を継続的に導入してきたほか、クラウド セキュリティの最高水準を維持していることを証明する各国の認定を取得しました。 今回の記事では、ここ数週間の主なニュースをまとめてご紹介します。 Office 365 の電子メールの安全性に関するヒント: 今日のスパムやマルウェアによる攻撃は非常に巧妙になっているため、ユーザーは正常なメールだと勘違いしてしまうことがあります。メッセージを [迷惑メール] フォルダーに振り分けるだけでは、対策として不十分です。そこで、今後数週間にわたって Exchange Online Protection の Safety Tip をロールアウトします。この機能は、疑わしいとマークされたメールに対して警告を表示し、安全な場合にはその旨を通知します。   Office 365 インポート サービスの提供地域拡大と新機能の追加: このたび、Office 365 インポート サービスの一般提供が開始されました。提供地域が拡大されると共に、Office 365 へのデータのインポートをさらに容易にする新機能が追加されています。   時間のかかる電子情報開示検索タスクの自動化: 電子情報開示や調査を行う場合、基になるデータや検索の充実度と品質を確認するためには、探索検索を迅速に作成してレポートを作成することが重要になります。これを支援するために、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス…


イントラネットを持ち運び可能に: iOS 向け SharePoint モバイル アプリの提供を開始

(この記事は 2016 年 6 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Your intranet in your pocket—the SharePoint mobile app for iOS is now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先月、マイクロソフトは SharePoint の未来に向けた新しいビジョンを発表し、このたび iOS 向け SharePoint モバイル アプリを新たにリリースしました。今すぐインストールして、場所を問わずにイントラネットに接続することができます。外出先でも、イントラネットの重要なコンテンツ、サイト、ポータル、ユーザーにいつでもアクセスできます。このたび公開したアプリは、モバイル性に優れた SharePoint の取り組みにおける第一歩であり、このアプリを基盤としてさらなる開発を継続してまいります。それでは、詳細についてご説明しましょう。 以下の Microsoft Mechanics の動画では、SharePoint エンジニアリング チームの主任グループ プログラム マネージャーを務める Andy Haon が SharePoint モバイル アプリの詳細についてご説明します。 SharePoint モバイル アプリ 新しい SharePoint モバイル…


Office 365 グループの管理に関する新機能: 2016 年 6 月の更新

(この記事は 2016 年 6 月 13 日に Office Blogs に投稿された記事 What’s new in Office 365 Groups administration—June 2016 update の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   マイクロソフトは昨年 12 月、Office 365 グループが電子情報開示に対応した (英語) ことを発表しました。それ以来、管理者による Office 365 グループの管理統制に役立つ多数の更新をリリースしてきました。Office 365 グループは、クロスアプリケーションのグループ メンバーシップを提供するもので、チームは使い慣れたアプリで共同作業を簡単に行うことができます。   現時点で、Office 365 をご利用いただいている企業と教育機関のすべてのお客様に以下の機能が提供されています。 プライバシーの種類の変更: Office 365 グループの作成時には、公開 (社内のすべてのユーザーがグループのコンテンツにアクセス可能) と非公開 (承認されたメンバーのみがグループのコンテンツにアクセス可能) の 2 種類のプライバシー設定のいずれかを選択できます。今回の更新により、グループ所有者が Outlook on the web のグループ プロパティを編集し、プライバシー設定の公開/非公開を切り替えられるようになりました。また、Set-UnifiedGroup コマンドレットを利用してプライバシーの種類を変更することも可能です。詳細については、「Office…


Office 365 クライアントの Deferred Channel、6 月の更新プログラムをリリース

(この記事は 2016 年 6 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 The Deferred Channel June updates for the Office 365 client now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 クライアントの 6 月の更新プログラム (バージョン 1602) では、Deferred Channel を通じて更新を行っているお客様に多数の新機能が提供されます。以前の記事でもご説明したように、Deferred Channel とは、企業において Windows デスクトップ アプリの機能更新の頻度を減らす更新スケジュール オプションです。次のリリースまでの期間が長いため、IT 管理者や開発者が余裕を持って基幹業務用アプリケーション、アドイン、マクロに対する Office の検証を行うことができます。Deferred Channel では、2 月、6 月、10 月の年 3 回、新機能が提供されます (リリース日は毎回火曜日のため「Patch Tuesday」と呼ばれます)。 Deferred Channel の今月の更新プログラムの詳細については、Office…


Office 365 Advanced Security Management による可視性と制御性の強化

(この記事は 2016 年 6 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 Gain enhanced visibility and control with Office 365 Advanced Security Management の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   クラウドの利用によって、企業のお客様はセキュリティ上のメリットを数多く得られますが、一方で新たな懸念も生じます。シャドウ IT (企業によって正式に許可されていないソフトウェアの使用) など、既存の問題を助長する可能性もあります。このたび、Office 365 Advanced Security Management がリリースされました。これは、Microsoft Cloud App Security (英語) を活用して社内の Office 365 環境の可視性と制御性を向上させる新しい機能セットです。 Advanced Security Management には、以下の機能が含まれています。 脅威の検出: リスクの高い異常な利用を特定し、セキュリティ インシデントを検出します。 制御性の強化: 細かな制御とセキュリティ ポリシーにより、社内の Office 365 環境を整えます。 検索とインサイト: エンド…


Sway で紹介する特集記事第 2 回 – 「That Dragon, Cancer」

(この記事は 2016 年 4 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Sway featured story #2—“That Dragon, Cancer” の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   3 月に Sway で紹介する特集記事のシリーズが始まり、初回は Nathan Sawaya 氏に関する Sway (英語) を公開しました。Nathan 氏の LEGO ブロックを使った斬新な芸術作品は、Sway が掲げる「柔軟な媒体を通じて、すべての人々がユニークかつ革新的な方法で、伝えたいものを楽しく表現できるようにする」というミッションを体現しています。 今回は、このシリーズの第 2 回として、テレビ ゲーム「That Dragon, Cancer (英語)」とドキュメンタリー映画「THANK YOU FOR PLAYING (英語)」に描かれた心打たれる家族のストーリーをご紹介します。Ryan Green 氏とその妻 Amy さんの息子 Joel くんは、わずか 1 歳のときにがんと診断されました。ゲーム デザイナーの Ryan 氏は、がんと闘う自分たち家族について感じたことを表現しようと、ゲームの製作を始めました。それから徐々にゲームの開発を通して、夫婦の間でがん、不安、死についての会話が増えていきました。Amy さんはこうしたテーマについて「ほとんどの人が話題にすることはないですが、だれの身にも降りかかってくることなのです」と語っています。…


SharePoint: モバイル性に優れたインテリジェントなイントラネットの実現

(この記事は 2016 年 5 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 SharePoint—the mobile and intelligent intranet の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   多くの企業にとって、イントラネットは情報の発信源であり、従業員が企業のニュースや情報を入手し、ユーザーやコンテンツを検索できる場所として活用されています。 マイクロソフトは、イントラネットをさらにパーソナライズし、必要な時にいつでもどこでも利用できるものにしたいと考え、このたびモバイル性に優れたインテリジェントなイントラネットを発表しました。オンプレミスと Office 365 の両方で利用可能で、デスクトップやスマートフォンなど、あらゆるデバイスから生産性向上に役立つ SharePoint チーム サイト、広範に情報を発信する発行サイトや発行ポータル、ミッション クリティカルなビジネス アプリケーションのすべてにアクセスできます。また、Office Graph の活用により、ユーザーが情報を検索するのではなく、必要な情報がユーザーに自動的に提示されます。 先日開催されたイベント「The Future of SharePoint」では、SharePoint に関するマイクロソフトのビジョンについて詳しくご説明したほか、新しい SharePoint モバイル アプリ、Office 365 の新しい SharePoint ホーム、最新のチーム サイトと Office 365 グループの統合、応答性の高いページ作成機能、ドキュメント ライブラリおよびリストの更新といったイノベーションをご紹介しました。また、SharePoint と、Microsoft PowerApps および Microsoft Flow の統合についても発表しました。私たちはイントラネットを進化させ、外出先でも簡単にアクセスできるようにすると共に、インテリジェンスを活用し、あらゆるサイトのアクティビティ、一緒に仕事をしているユーザー、作業しているコンテンツに基づいて、パーソナルなエクスペリエンスが提供されるように取り組んでいます。 以下の Microsoft Mechanics…


Outlook on the web に留守を任せて心置きなく休暇を満喫

(この記事は 2016 年 4 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 Outlook on the web makes going on vacations less stressful の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 休暇は思う存分リラックスしたいものです。しかし、休暇に入るまでの数週間は、楽しみである反面、不在メッセージを設定する前に重要な業務を全部片付けようと躍起になり、ストレスがたまってしまうことにもなりかねません。そんなストレスを取り除く機能をご紹介します。 Outlook on the web を使用すれば、簡単に予定表をクリアし、会議への出席を自動的に拒否するように設定して、オフィスを後にすることができます。Outlook on the web の自動応答を設定すると、以下のことを実行してくれます。 予定表をブロックして不在を通知。 予定表にある会議への出席を拒否またはキャンセル。 不在時に届いた招待に自動的に返信。 予定表をブロック 休暇に入る前の準備として最も一般的なのが、予定表の時間をブロックして不在を周知させることです。自動応答を設定する際に [Block your calendar] を選択すると、自動応答を送信する期間の予定が作成されます。 同僚が空き状況をスケジュール アシスタントでチェックすると [Away] と表示されます。 会議への出席を拒否またはキャンセル 休暇前にもう 1 つ済ませておくべきなのは、現在予定表にあるイベントの拒否およびキャンセルです。自動応答を設定すると、不在中に行われるイベントの中からキャンセルまたは拒否する会議を指定したり、応答のオプションを選択したりできます。 Outlook on the web では、既定で出席者がいる会議がすべて選択され、出席者がいないイベントはチェックが外れた状態のままになります (こうしたイベントはユーザーが自分用のリマインダーまたはメモとして利用することが多いためです)。キャンセルしたくない会議はリストからチェックを外すと予定表に残されます。 届いた招待に自動応答…


Office 365 のセキュリティおよびコンプライアンスに関する 4 月の最新情報

(この記事は 2016 年 4 月 8 日に Office Blogs に投稿された記事 April Office 365 security and compliance update の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 チームはこの 1 か月間に、カスタマー ロックボックスの対象サービスを拡張すること、そして、セキュリティ管理を改善する機能や電子情報開示のコスト削減に役立つ機能などを Office 365 に追加することを発表しました。 今回の記事では、ここ数週間の主なニュースをまとめてご紹介します。 SharePoint Online と OneDrive for Business にカスタマー ロックボックスをロールアウト: 2015 年 12 月、マイクロソフトは Exchange Online でのカスタマー ロックボックスの一般提供開始を発表しました。カスタマー ロックボックスは、マイクロソフトがお客様のコンテンツにアクセスする必要が生じた場合に、複数レベルでの承認ワークフローによってお客様がアクセスを制御できる機能です。今回、SharePoint Online と OneDrive for Business にもカスタマー ロックボックスがロールアウトされることになりました。カスタマー ロックボックスを Office…


クラウドへの移行が、セキュリティの強化につながる

(この記事は 2016 年 4 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 Can a shift to the cloud improve your security posture? の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 Core Foundations チームのプリンシパル グループ マネージャーを務める Sara Manning Dawson の記事をご紹介します。 先日、私はサンフランシスコで開催された RSA Conference に参加しました。RSA Conference は毎年開催され、セキュリティ コミュニティが一堂に会して最新のセキュリティ リスクや懸念事項について議論を繰り広げたり、ベスト プラクティスを共有したり、新しいソリューションを発表したりするイベントです。脅威が絶えず進化しており、セキュリティ インテリジェンスによって対処することは徐々に難しくなっています。IT 部門には、攻撃が発生した場合にすばやく防止、検出、修復し、攻撃の影響を最小限に抑えることが強く求められています。 現在、多くのお客様が気付き始めているように、クラウドには、セキュリティ事情の変化に常に対応できるという、固有のメリットがあります。さらに、自社の IT サービスを管理する場合とは根本的に異なる、クラウドならでの特徴が多数見られます。これはセキュリティに限った話ではありませんが、セキュリティ面でも重要な意義やメリットがあることは確かです。 「クラウドの内部からの話題」の以下の動画でもご説明しているように、こうしたクラウド固有の特徴を活用することで、セキュリティ面のメリットがもたらされ、全体的なリスクが軽減されます。 クラウドの特徴: 規模、インテリジェンス、自動化 規模: 1 つ目の特徴は、Office 365 などのサービスが運用される規模の大きさです。マイクロソフトのクラウド サービスは、自己復旧を行い、常に最新の状態を維持すると同時に、膨大な数のユーザーのニーズに合わせてスケーリングするように基礎から設計されています。…