イントラネットを持ち運び可能に: iOS 向け SharePoint モバイル アプリの提供を開始

(この記事は 2016 年 6 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Your intranet in your pocket—the SharePoint mobile app for iOS is now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先月、マイクロソフトは SharePoint の未来に向けた新しいビジョンを発表し、このたび iOS 向け SharePoint モバイル アプリを新たにリリースしました。今すぐインストールして、場所を問わずにイントラネットに接続することができます。外出先でも、イントラネットの重要なコンテンツ、サイト、ポータル、ユーザーにいつでもアクセスできます。このたび公開したアプリは、モバイル性に優れた SharePoint の取り組みにおける第一歩であり、このアプリを基盤としてさらなる開発を継続してまいります。それでは、詳細についてご説明しましょう。 以下の Microsoft Mechanics の動画では、SharePoint エンジニアリング チームの主任グループ プログラム マネージャーを務める Andy Haon が SharePoint モバイル アプリの詳細についてご説明します。 SharePoint モバイル アプリ 新しい SharePoint モバイル…


Office 365 グループの管理に関する新機能: 2016 年 6 月の更新

(この記事は 2016 年 6 月 13 日に Office Blogs に投稿された記事 What’s new in Office 365 Groups administration—June 2016 update の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   マイクロソフトは昨年 12 月、Office 365 グループが電子情報開示に対応した (英語) ことを発表しました。それ以来、管理者による Office 365 グループの管理統制に役立つ多数の更新をリリースしてきました。Office 365 グループは、クロスアプリケーションのグループ メンバーシップを提供するもので、チームは使い慣れたアプリで共同作業を簡単に行うことができます。   現時点で、Office 365 をご利用いただいている企業と教育機関のすべてのお客様に以下の機能が提供されています。 プライバシーの種類の変更: Office 365 グループの作成時には、公開 (社内のすべてのユーザーがグループのコンテンツにアクセス可能) と非公開 (承認されたメンバーのみがグループのコンテンツにアクセス可能) の 2 種類のプライバシー設定のいずれかを選択できます。今回の更新により、グループ所有者が Outlook on the web のグループ プロパティを編集し、プライバシー設定の公開/非公開を切り替えられるようになりました。また、Set-UnifiedGroup コマンドレットを利用してプライバシーの種類を変更することも可能です。詳細については、「Office…


OneNote で授業に弾みを付ける

(この記事は 2016 年 6 月 2 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote—the instructional springboard for your classroom の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、アイルランドの Coláiste Bhaile Chláir スクールで教頭を務める Lara Dabbagh 氏と、マイクロソフト学生アンバサダーの Daragh Jordon さん、Niamh McCullagh さん、Sarah McHale さん、Vitska Mulroy さんによる寄稿記事をご紹介します。 Coláiste Bhaile Chláir スクールは、Microsoft Showcase Schools (マイクロソフト本社が認定する教育 ICT 先進校) に選定された学校の 1 つで、マイクロソフトの OneNote と Office 365 を仮想学習環境 (VLE) として活用し、従来の教科書からデジタル教材への転換を果たしました。 教頭の立場から…


学習評価に OneNote Class Notebook を活用

(この記事は 2016 年 5 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 Assessment for learning using OneNote Class Notebooks の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、アイルランドのダブリンにある Coláiste Pobail Setanta スクールで工学およびテクノロジを担当し、1 年生の学年主任を務める Brendan Cawley 氏の寄稿記事をご紹介します。 Coláiste Pobail Setanta スクールの背景 Coláiste Pobail Setanta (英語) は友好的で活気あふれる学習コミュニティです。当校では、最高レベルの学業成績の達成と優れた教育を目指し、生徒、教師、保護者が意欲的に課題に取り組んでいけるように支援しています。平等、尊敬、誠実を教育理念に掲げており、多様性を受け入れると共に、すべての生徒が唯一の存在であり、積極的に貢献できると認識しています。 2008 年より、教師と生徒には授業や学習に関するベスト プラクティスを活用する自由と創造性が認められています。この 8 年の間に、教師が授業にさまざまな指導方法や学習評価 (Assessment for Learning、AFL) の手法を取り入れることを推奨し、促進してきました。AFL により、教師は生徒の学習、教科の知識、課題の理解度などを把握することができます。Coláiste Pobail Setanta では、授業や学習のプロセスに AFL を組み込んでいます。AFL の主な特徴として、目標設定、自己評価とクラスメートによる評価、学習の質に関するフィードバック、省察を挙げることができます。 AFL では、生徒が自分自身の学習到達度を確認できることを重視しています。教師はこのプロセスを達成するために、質問する際にはキャンディの棒、フィードバックには小型のホワイトボード、理解度を測定するためには信号になぞらえた…


新しい「Meet the Microsofties」プログラムを通じて教師や生徒の皆様とつながる

(この記事は 2016 年 5 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 Connecting with teachers and students through our new “Meet the Microsofties” program の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、OneNote および Wunderlist エンジニアリング チームの教育機関担当コーポレート バイス プレジデントを務める Eran Megiddo の記事をご紹介します。 マイクロソフトは教育機関のお客様を全面的に支援しています。私たちのミッションは、世界中の生徒の皆様がより多くのことを達成できるように支援することです。この目標を実現するために日々尽力し、OneNote、Sway、Skype、Minecraft (英語)、Microsoft Classroom (英語) といったイノベーションを生み出すことで、教師の皆様の業務を簡素化し、成功につながるツールを生徒の皆様に届けられるように取り組んでいます。皆様のご要望にお応えし、サポートしていくためには、現場の声に耳を傾け、授業で必要とされていることを把握することが不可欠です。 「Meet the Microsofties」プログラム このたび、マイクロソフトの従業員と世界中の生徒や教師の皆様をつなげる新たなコミュニティ活動「Meet the Microsofties (英語)」を発表しました。Microsoft Educator Community (英語) による Skype in the Classroom (英語)…


教職員の働き方に変革をもたらした OneNote

(この記事は 2016 年 5 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote has revolutionized the way we work in our school! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、ボルゾーバー英国国教会立小学校のコンピューティング コーディネーター兼 Microsoft Innovative Educator エキスパートである Kristy Griffin 氏の記事をご紹介します。 当校では OneNote を導入して 1 年もたたずに、生徒への指導方法に変革がもたらされ、教え方や学び方が大きく変わりました。生徒の学習環境を刷新し、教職員の業務や授業にまったく新しいアプローチを取り入れた、「OneNote Avenger」の一員となったのです。理事長の Rowena Herbert、提携校の校長 Paula Lowry、当校の校長 Claire Bailey の熱意に押される形で、私たちは指導のあり方を変え、マイクロソフトのテクノロジを活用して授業と学習の質を高める 21 世紀型の「OneNote スクール」へと改革しました。 私たちの取り組みは、教師のリーダーシップ チームが 2 校間の共同作業や議事録共有のためのツールとして OneNote を導入したときから始まりました。すぐに、このツールは教職員にとってだけでなく、生徒にとっても大きな影響力があり、最適な機能を備えていることに気付きました。そこで、生徒と教職員の全員を Office 365…


Sammamish High School: ELL と特別支援学級で OneNote を活用

(この記事は 2016 年 5 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote, ELL and special education at Sammamish High School の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Sammamish High School で特別支援学級を受け持つ Rachel Pinter 氏の記事をご紹介します。 学校や学区で 1:1 テクノロジ プログラムを推進するには、何百もの意思決定を下さなくてはなりません。たとえば、生徒にとって最適なデバイスはどれか、YouTube をはじめとする、役立つ (反面、注意散漫になるおそれがある) リソースにはどのようなものがあるか、キーボード操作を教えるべきか、その場合はだれが教えるか (教えたいという希望者はいるか) など、決定事項は多岐にわたります。そして、所属する学区が目指す、学力の向上、大学や就職で必要な能力の育成、前向きで生産的な人生の実現といった、より高次の目標に対して、多額の費用を投じるプロジェクトをいかに連動させていくかという大きな問題もあります。 根幹にあるのは、生徒たちに成功してほしいという願いです。私たちはテクノロジを強化し、より良いツールと経験を提供することで、その願いを実現する可能性が高まると信じています。私たちが優れた対応をするほど、生徒の成功へとつながるのです。ただし、教育上の特別な配慮を要する生徒がいることは見過ごされがちです。プロジェクトのプロセス全体を通じ、深く考えずに安易に片付けられている場合もあります。その結果、外国語として英語を学ぶ生徒 (以下、ELL) や障碍のある生徒など、通常最も注意と配慮を必要とし、ていねいな教育的指導が求められる生徒ほど、逆に配慮が行き届かないという状況が発生します。 ELL や障碍のある生徒は、教室の内外で多くの壁に直面しています。ただでさえ、新しい言語の習得など、さまざまな不利な状況を抱えながら目標達成を目指さなくてはならないのに、適切な使い方がわからなければ、教室内のテクノロジまでが新たな壁になりかねません。当校では 1 年半にわたって個別指導を行ってきた経験から、こうしたスキルを指導するための特別な戦略を見出しました。 想像してみてください。あなたは初めてアメリカで教育を受ける生徒で、さらには英語がわかりません。1 時間目の前に、ノート PC を渡され、授業での学習と宿題にはすべて、”OneNote” なる物を使用すると説明を受けます (言っていることはよくわかりませんが、説明されているのだということは伝わります)。その後、さまざまな授業を受けるものの、どの授業も最後までよく理解できません。母国語がわかる人が周りにおらず、いすを温めに来ただけのような気がしてきます。6 時間目になってやっと、同じ言語を話す人と知り合います。ついに電子メール アカウントにログインし、今日ずっとみんなが話していた OneNote へのリンクにたどりつきました。そこから、慣れないテクノロジの使い方を覚えなくてはならないのです。 教師として、前述のような対応はお粗末としか言いようがなく、こうした扱いを受けた生徒が、この時点において学習に苦手意識を持っても無理はありません。しかしテクノロジは、明確な意図を持って使用すれば、学習がはるかに身近になり、メリットになるのです。…


Sway でより魅力的なストーリーを作成可能に。ビデオの追加、表示方法のカスタマイズ、サポート言語の拡大を実現

(この記事は 2016 年 4 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Add videos, choose your viewing experience and tell your story in more languages on Sway! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先月新たな機能が追加され、Microsoft フォトのアルバムから Sway を直接作成し、Living Images を使用して写真に躍動感を与えられるようになりました。皆様から継続的にお寄せいただいているフィードバック (英語) を基に、数週間かけて Sway の作成を簡易化し、閲覧者をさらに引き付ける機能を追加しました。 Sway にビデオを追加 企業のニュースレター、旅行ブログ、学級活動などのさまざまな場面で、最もダイナミックにメッセージを伝えることができるのがビデオです。そこで今回、OneDrive、OneDrive for Business、YouTube、およびユーザーのデバイスに保存されているビデオを Sway に追加できるようにしました。Office 365 または Microsoft アカウントを使用している場合、[Insert] タブをクリックして [OneDrive]、[YouTube]、[Upload] のいずれかをドロップダウン メニューから選択し、使用するビデオを選択するだけで追加できます。 ビデオを埋め込む場合 (英語) でも…


特別支援学級の生徒たちの学びを一変させる Learning Tools

(この記事は 2016 年 4 月 19 日に Office Blogs に投稿された記事 Learning Tools are a game changer for my special education students の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、ジョージア州のホリー スプリングス小学校で特別支援学級を担当する Lauren Pittman 氏の寄稿記事をご紹介します。 今日の教育現場ではさまざまなテクノロジが活用されていますが、どのテクノロジが役に立つのか、費用に見合うだけの価値があるのかと疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、迷う必要はありません。マイクロソフトは多くの費用と時間を投資して、教師の負担を軽減するために取り組んでいます。Office 365 には必要なすべてのツールが揃っており、PowerPoint や Sway などは授業でもたいへん役に立ちます。その中でも特にすばらしいツールが OneNote です。OneNote は、クラスにかかわるあらゆるものをまとめて保管できるデジタル バインダーです。生徒の課題にリアルタイムにアクセスしたり、クラスの全員に宿題を一斉送信したりできるほか、紙を使用せずに生徒の課題を管理できます。つまり、OneNote を使用すれば、クラスをペーパーレス化することが可能なのです。 今年度、私は自分のクラスもペーパーレス化したいと考え、テクノロジ プロジェクト スペシャリストの Sandi Adams 氏と Dr. Dianne Steinbeck 校長に相談したところ、Sandi 氏はすぐに対応を開始してくれました。生徒にはこの 1 年間使用する Surface タブレットが用意され、ペーパーレスへの移行がまた 1…


教育機関向け Office 365 のロードマップを公開

(この記事は 2016 年 5 月 9 日に Office Blogs に投稿された記事 The Office 365 Education Roadmap is now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 は、所属の教育機関のアカウントを使用することで、学生や教員の皆様に無償でご利用いただけます。教育機関向けの Office にアクセスしてご利用資格の有無を確認し、複数のデバイスにダウンロードしてください。 皆様が投資しているテクノロジは生き物です。今日の世界におけるテクノロジは急速に進化し、ソフトウェア、ハードウェア、インフラストラクチャへの改良や変更がほとんど絶え間なく行われています。クラウドが積極的に活用されるようになったことで、エンド ユーザーの使用を妨げることなく、プラットフォームやツールをプロバイダーがあっというまにアップグレードできるようになりました。さらに、製品開発者によるユーザー フィードバックへの対応もはるかに容易になり、これらの提案に基づく機能の実装を驚くほど迅速に実施できるようになりました。 小中学校、高校、大学といった教育機関がテクノロジに投資する場合には、何百、何千という若者の学習に影響を与える環境を構築する責任が加わります。そのため、使用しているテクノロジの現在の機能だけでなく、今後追加される機能についても把握しておくことが重要になります。 教育機関向け Office 365 のロードマップ このたび、教育機関向け Office 365 のロードマップ (英語) が公開されました。このロードマップには、対象のサブスクリプションのお客様向けに現在予定されている更新の一覧が表示されます。Office 365 ロードマップでは、開発段階、お客様へのロールアウトの段階、全世界の対象のお客様への一般提供開始の段階など、さまざまな段階にある更新を簡単に確認することができます。 以下の簡単な手順により、教育機関のお客様を対象とした今後の更新を表示することができます。 office.com (英語) にアクセスします。 [FILTERS] をクリックして展開します。 [Services] から [Education] を選択します。 リリース状況 ([In development] (開発中)…