Office 365 のセキュリティおよびコンプライアンスに関する 5 月の最新情報

(この記事は 2016 年 5 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 May Office 365 security and compliance update の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 チームは 1 か月間にわたり、新しいセキュリティ機能を継続的に導入してきたほか、クラウド セキュリティの最高水準を維持していることを証明する各国の認定を取得しました。 今回の記事では、ここ数週間の主なニュースをまとめてご紹介します。 Office 365 の電子メールの安全性に関するヒント: 今日のスパムやマルウェアによる攻撃は非常に巧妙になっているため、ユーザーは正常なメールだと勘違いしてしまうことがあります。メッセージを [迷惑メール] フォルダーに振り分けるだけでは、対策として不十分です。そこで、今後数週間にわたって Exchange Online Protection の Safety Tip をロールアウトします。この機能は、疑わしいとマークされたメールに対して警告を表示し、安全な場合にはその旨を通知します。   Office 365 インポート サービスの提供地域拡大と新機能の追加: このたび、Office 365 インポート サービスの一般提供が開始されました。提供地域が拡大されると共に、Office 365 へのデータのインポートをさらに容易にする新機能が追加されています。   時間のかかる電子情報開示検索タスクの自動化: 電子情報開示や調査を行う場合、基になるデータや検索の充実度と品質を確認するためには、探索検索を迅速に作成してレポートを作成することが重要になります。これを支援するために、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス…


イントラネットを持ち運び可能に: iOS 向け SharePoint モバイル アプリの提供を開始

(この記事は 2016 年 6 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Your intranet in your pocket—the SharePoint mobile app for iOS is now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先月、マイクロソフトは SharePoint の未来に向けた新しいビジョンを発表し、このたび iOS 向け SharePoint モバイル アプリを新たにリリースしました。今すぐインストールして、場所を問わずにイントラネットに接続することができます。外出先でも、イントラネットの重要なコンテンツ、サイト、ポータル、ユーザーにいつでもアクセスできます。このたび公開したアプリは、モバイル性に優れた SharePoint の取り組みにおける第一歩であり、このアプリを基盤としてさらなる開発を継続してまいります。それでは、詳細についてご説明しましょう。 以下の Microsoft Mechanics の動画では、SharePoint エンジニアリング チームの主任グループ プログラム マネージャーを務める Andy Haon が SharePoint モバイル アプリの詳細についてご説明します。 SharePoint モバイル アプリ 新しい SharePoint モバイル…


Office 365 クライアントの Deferred Channel、6 月の更新プログラムをリリース

(この記事は 2016 年 6 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 The Deferred Channel June updates for the Office 365 client now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 クライアントの 6 月の更新プログラム (バージョン 1602) では、Deferred Channel を通じて更新を行っているお客様に多数の新機能が提供されます。以前の記事でもご説明したように、Deferred Channel とは、企業において Windows デスクトップ アプリの機能更新の頻度を減らす更新スケジュール オプションです。次のリリースまでの期間が長いため、IT 管理者や開発者が余裕を持って基幹業務用アプリケーション、アドイン、マクロに対する Office の検証を行うことができます。Deferred Channel では、2 月、6 月、10 月の年 3 回、新機能が提供されます (リリース日は毎回火曜日のため「Patch Tuesday」と呼ばれます)。 Deferred Channel の今月の更新プログラムの詳細については、Office…


Android Wear 用 Outlook の詳細

(この記事は 2016 年 6 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 A deeper look at Outlook for Android Wear の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Outlook では、いつでも重要な情報にアクセスでき、内容を重点的に把握しておくことができます。ウェアラブル デバイスは、いつでも身に付けて持ち歩くことができ、適切なタイミングで必要な情報をひとめで確認することができます。この 2 つのメリットを組み合わせて、プライベートでも仕事でも生産性を向上させることが可能です。 昨年 8 月、マイクロソフトは Apple Watch 版 Outlook をリリースし、手首に装着したデバイスから直接メールや予定表を操作できるようになりました。Apple Watch 版 Outlook の詳細については、Outlook ブログの「ウェアラブルな生産性 – 身に付ける新しいアプリ」をご覧ください。 そしてこのたび、Android Wear 用 Outlook ウォッチ フェイスがリリースされました。この Outlook ウォッチ フェイスでは、その日のスケジュールの概要と次の予定の詳細をすぐに確認でき、これまで以上にスケジュールの把握が簡単になります。 それでは、Android Wear 用 Outlook ウォッチ フェイスの機能について詳しく見ていきましょう。…


Microsoft Planner の提供を開始

(この記事は 2016 年 6 月 6 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft Planner ready for showtime の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このたび、Microsoft Planner の一般提供を開始しました。今後数週間のうちに、対象となる全世界の Office 365 のお客様にご利用いただけるようになる予定です。対象のサブスクリプション プランは、Office 365 Enterprise E1 ~ E5、Office 365 Business Essentials、Office 365 Business Premium、Office 365 Education です。 対象サブスクリプション プランのお客様には、Planner が利用可能になった時点で Office 365 のアプリ起動ツールに Planner のタイルが自動的に表示されます。Office 365 管理者による対応は特に必要ありません。 Office 365 のラインアップに Planner が加わったことにより、企業、教育機関、その他の組織のお客様は、新しい効率的な方法でチーム作業を簡単にスケジューリングし、生産性を高めることができます。Planner では、新しいプランの作成、タスクの整理と割り当て、共同作業、期日の設定、ステータスの更新、ファイルの共有などが行えます。また、視覚的なダッシュボードやメール通知を利用すると、チーム全員で進捗状況を把握できます。 Microsoft…


Office 365 Advanced Security Management による可視性と制御性の強化

(この記事は 2016 年 6 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 Gain enhanced visibility and control with Office 365 Advanced Security Management の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   クラウドの利用によって、企業のお客様はセキュリティ上のメリットを数多く得られますが、一方で新たな懸念も生じます。シャドウ IT (企業によって正式に許可されていないソフトウェアの使用) など、既存の問題を助長する可能性もあります。このたび、Office 365 Advanced Security Management がリリースされました。これは、Microsoft Cloud App Security (英語) を活用して社内の Office 365 環境の可視性と制御性を向上させる新しい機能セットです。 Advanced Security Management には、以下の機能が含まれています。 脅威の検出: リスクの高い異常な利用を特定し、セキュリティ インシデントを検出します。 制御性の強化: 細かな制御とセキュリティ ポリシーにより、社内の Office 365 環境を整えます。 検索とインサイト: エンド…


パナマ文書のハッキングからわかるメールのセキュリティに関する 3 つのヒント

(この記事は 2016 年 5 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 3 things businesses can learn about email security from the Panama Papers hack の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今日の IT 環境では、データ漏えいの脅威が常に伴います。デジタル セキュリティの世界的なリーダーであるジェムアルト社が公開した 2015 Breach Level Index (英語) によると、昨年 1 年間に全世界で 1,673 件のデータ侵害が発生し、その結果 7 億 700 万件のデータ漏えいに繋がったとのことです。電子メールはこの 10 年間で大幅に進歩したものの、現在でもデータ セキュリティに対する最大級の脅威であることに変わりはありません。 企業がメールのセキュリティを確保できていな場合、ハッキングによってどのような被害を受けるのでしょうか。その答えはつい先日のニュースから見て取ることができます。先月、世界各国の新聞の見出しを飾った「告発史上最大のリーク (英語)」とされるパナマ文書のハッキングです。このハッキングで、パナマシティに拠点を置く法律事務所、モサック・フォンセカのメール サーバーから 2.6 TB のデータが流出しました。 The New York…


Sway でより魅力的なストーリーを作成可能に。ビデオの追加、表示方法のカスタマイズ、サポート言語の拡大を実現

(この記事は 2016 年 4 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Add videos, choose your viewing experience and tell your story in more languages on Sway! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先月新たな機能が追加され、Microsoft フォトのアルバムから Sway を直接作成し、Living Images を使用して写真に躍動感を与えられるようになりました。皆様から継続的にお寄せいただいているフィードバック (英語) を基に、数週間かけて Sway の作成を簡易化し、閲覧者をさらに引き付ける機能を追加しました。 Sway にビデオを追加 企業のニュースレター、旅行ブログ、学級活動などのさまざまな場面で、最もダイナミックにメッセージを伝えることができるのがビデオです。そこで今回、OneDrive、OneDrive for Business、YouTube、およびユーザーのデバイスに保存されているビデオを Sway に追加できるようにしました。Office 365 または Microsoft アカウントを使用している場合、[Insert] タブをクリックして [OneDrive]、[YouTube]、[Upload] のいずれかをドロップダウン メニューから選択し、使用するビデオを選択するだけで追加できます。 ビデオを埋め込む場合 (英語) でも…


Office 365 のファイル共有と共同作業がシンプルかつ強力に

(この記事は 2016 年 5 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing simple and powerful file sharing and collaboration for Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   ファイルの効果的な管理と共有は、ほぼすべての組織に共通する重要課題です。このたびマイクロソフトは、OneDrive for Business と SharePoint Online を含む Office 365 のファイル管理機能に関する最新の画期的なビジョンと、デバイスを問わずすべてのファイル上で共有および共同作業を行える新たな手法について、発表いたします。また、おすすめコンテンツを提示してくれるインテリジェントな検出機能や、作業の影響や到達範囲を知らせてくれる機能など、業務利用にとどまらない新しい同期や共有のビジョンについても説明いたします。 OneDrive のこれまでとこれから 今年は OneDrive にとって飛躍の年となりました。Windows PC と Mac における安定性と信頼性に優れた同期機能、緊密な Office 統合、星 4 つ以上の評価を獲得した各種プラットフォーム向けのモバイル アプリ、スピーディで直観的なブラウザー上のエクスペリエンスなどに加え、重要な企業データの保護を担う IT 部門向けの管理機能やセキュリティ制御機能も開発されました。重要な機能強化をいくつも実現した OneDrive ですが、これだけでは終わりません。今年の後半には、あらゆる SharePoint ドキュメント ライブラリに保存されているファイルを同期できるようになります。2016 年第…


SharePoint Framework – オープン性と接続性を強化した新しいプラットフォーム

(この記事は 2016 年 5 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 The SharePoint Framework—an open and connected platform の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先日マイクロソフトが公開した記事「SharePoint の未来」では、これからのビジョン、ロードマップ、そして SharePoint Online のユーザー エクスペリエンス全般に対する取り組みの強化について、詳しく説明しました。お客様、プロフェッショナル開発者の皆様が、ご自身の可能性と手腕を活かして、シナリオを刷新し、ステップアップしていかれることを願っております。 マイクロソフトのパートナー様、お客様、個人開発者の皆様は、SharePoint のページや Web パーツ モデルを使ったさまざまな革新的なソリューションを生み出されてきました。このモデルは、大部分が .NET で実装され、数多くのコンテンツ/コラボレーション システムと同様、サーバー側レンダリングが主流だった時代に設計された、成熟したモデルでした。 サーバー側の開発 その後、テクノロジの進化と接続性の強化に伴い JavaScript の言語とパフォーマンスが飛躍的に改良されていきました。分散コンピューティングが再注目され、豊富な機能、スピーディな処理、対話機能を持つユーザー エクスペリエンスがクライアント側で構築されるようになりました。今では、応答性の高いインターフェイスを開発し、ブラウザー内で実行、あるいはスマートフォン上のハイブリッドなネイティブ HTML エクスペリエンスで実行することができます。 SharePoint Framework の概要 SharePoint は常にこうしたトレンドと共に進化してきました。その最新形として、クライアント側の開発を完全サポートし、Microsoft Graph と連携でき、オープンソース ツールのサポートを備えたページ/パーツ モデルが SharePoint Framework です。 たとえば、新しいドキュメント ライブラリやリストなど、SharePoint Framework…