OneDrive に共同作業とファイル管理の新機能が登場

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 OneDrive brings new file collaboration and management features to the enterprise の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 編集メモ 2017 年 1 月 27 日: この記事は更新されています。最新の OneDrive 同期クライアントと SharePoint Online ドキュメント ライブラリを同期する際、Office 365 管理者がユーザーを明示的に有効化する必要がある旨が追記されました。下記の FAQ でその他の質問と併せてご確認ください。 今日のデジタル ワークプレースでは、生成されるコンテンツ量が急速に増え、共同作業を行うメンバーも日々異なります。このような環境で生産性を維持するためには、場所やデバイスを問わず、組織内外のチームのファイルに簡単にアクセスして共同作業を行えるようにすることが重要です。 このたび、新たにいくつかの機能が OneDrive for Business に追加され、Office 365 のすべてのファイルの同期、共有、共同作業がこれまで以上に簡単になりました。 これらの新機能をご紹介します。 場所や時間を問わず、すべてのファイルを Windows PC や Mac…


Microsoft StaffHub のご紹介

(この記事は 2017 年 1 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft StaffHub is here! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 小売店、ホテル、レストラン、製造業など、サービス関連業界の現場で働く人々の数は、全世界で約 5 億人と言われています。このような従業員は通常、自分のオフィス、デスク、コンピューターを持たないため、1 日の業務において重要な情報にアクセスし、共有することが困難です。また手作業や古いツールを使用している場合が非常に多く、紙のシフト表を作成、印刷したり、掲示板に所狭しとメモを貼り付けたり、相次ぐ電話やテキスト メッセージに対応したりと、シフトの大半を面倒な作業に追われながら過ごしています。Microsoft StaffHub は、このような状況を打破するために誕生しました。 このたび、全世界で Microsoft StaffHub の一般提供が開始されました。Microsoft StaffHub は、従業員が 1 日の業務を管理できるように設計された Office 365 の新しいアプリケーションで、シフト管理、情報の共有、業務に関連する他のアプリやリソースへの接続を可能にします。 シフト管理 Microsoft StaffHub を使用すると、マネージャーはチームのシフト表を簡単に作成、更新、管理できるようになり、手間のかかっていた作業を効率化できます。 従業員は、Microsoft StaffHub モバイル アプリから直接すべてのシフト情報にアクセスすることができ、他の従業員と簡単にシフトを交換する機能も使用できます。今後は、仕事中にわざわざ休憩室に足を運んで、掲示板を確認する必要はありません。 マネージャーは、チームのシフト表を作成、更新、管理できます。 従業員は、モバイル デバイスで今後のシフトをひとめで確認し、他の従業員にシフトの交換を依頼することができます。 アプリのホーム画面には、今後のシフトの概要や、重要なメモが表示されます。また、同じ日にシフトに入っているメンバーを確認することもできます。この機能は、一緒に働く従業員を把握しておきたい場合や、シフトを交換したい場合に便利です。 都合が悪い場合は、簡単にシフトを交換したり、他の従業員にシフトを依頼したりできます。依頼は毎回マネージャーに転送され、その承認を受けた後、チームに最新情報と通知が自動的に送信されます。 情報の共有 Microsoft StaffHub を使用することで、マネージャーはポリシー ドキュメント、緊急の連絡、動画など、重要な情報をチームにすばやく配信できます。また、迅速かつ信頼性の高い方法でチーム メンバーに簡単なメッセージを送信できます。たとえば、従業員に「床に水がこぼれている」や「20 分後に地域担当 GM が到着する」などと通知する場合には、従業員の名前をタップして、メッセージを入力するだけです。従業員も、他の従業員またはワークグループ全体にメッセージを直接送信できます。…


Office for Mac でタッチ バーを新たにサポート

(この記事は 2016 年 10 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Office for Mac adds Touch Bar support の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 このたび開催された Apple のイベントにおいて、Office for Mac でのタッチ バーのサポートが発表されました。マイクロソフトでは長年 Apple と協力して新しいフォーム ファクターやデバイスのサポートを進めており、今回発表されたニュースでは業界の最新かつ最高のハードウェア技術に対応するために Office がさらに進化したことが発表されました。Office ドキュメントの操作の中でも特に一般的なコマンドのタッチ バーが設定され、指先 1 つで使用できるようになります。今回の記事では、Apple イベントで発表された概要をお伝えします。 Word タッチ バーから、新たに追加されたエクスペリエンスの Word フォーカス モードに移行すると、画面上のリボンやコマンドがすべて非表示になり、作業に集中することができます。この画面ではタッチ バーから指先 1 つで関連の深い Word の機能を呼び出すことができるため非常に便利です。1 回タップするだけで見出しや段落に手軽に新しいスタイルを適用することができます。 PowerPoint…


Microsoft Teams の概要: Office 365 のチャットベースのワークスペース

scsho-1st
scsho-1st

(この記事は 2016 年 11 月 2 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing Microsoft Teams—the chat-based workspace in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 11 月 2 日に、ニューヨークで開催されたイベントにおいて、マイクロソフトは Office 365 の新しいチャットベースのワークスペース、Microsoft Teams を発表しました。Microsoft Teams は、チームが簡単に共同作業を行い、より多くの成果を達成できるように、他のユーザー、会話、コンテンツ、必要なツールにまとめてアクセスできるようにする、まったく新しい体験を提供します。Microsoft Teams は、使い慣れた Office アプリケーションとシームレスに統合されており、Office 365 のグローバルで安全なクラウドにゼロから構築されています。11月2日より、Office 365 Enterprise または Business プランをご利用の法人のお客様を対象として、日本および日本語を含む、181 か国、18 の言語で Microsoft Teams のプレビュー版の提供が開始されます。製品版の一般提供開始は 2017…


Skype for Business の Mac 用新規クライアントおよびモバイル用の新しい共有機能を発表

(この記事は 2016 年 10 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business announces new Mac client and new mobile sharing experiences の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Igniteで発表された最新情報をはじめ、Microsoft の今をお伝えするイベント「Tech Summit」が11月に日本で開催! ぜひ皆様のご参加を楽しみにお待ち申し上げております! 「Microsoft Tech Summit」 日時:11月1日・2日 場所:ヒルトン東京お台場 お申込みURL: http://microsoft-events.jp/mstechsummit/   このたび、Mac 用 Skype for Business がリリースされました。アプリケーションはこちら (英語) からダウンロードいただけます。Mac 用クライアントではエンド ユーザー間でビデオや完全没入型コンテンツの共有や視聴が可能で、Mac ユーザーに最高クラスのエクスペリエンスを提供します。 また、新しい Mac クライアントの計画、配信、運用を支援するために、Skype Operations Framework (SOF) のアセットも更新しました。SOF の…


Power BI で Office 365 導入コンテンツ パックのプレビューを発表

(この記事は 2016 年 10 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the preview of the Office 365 adoption content pack in Power BI の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Office 365 管理者は、対象ユーザーの使用状況を改善し、活用を促進するためのトレーニングやコミュニケーションの実施計画を作成する必要があります。そのため、Office 365 が社内ユーザーにどの程度浸透し、実際に使用されているかを把握することが重要です。使用状況の把握を始めるのに便利なのが、新しい Office 365 管理センターの使用状況レポート (英語) です。ただ、ここからさらに踏み込んで「特定の部署や地域での使用状況データを細かく分析したい」、「最も頻繁に使用されているコミュニケーション ツールを判別したい」というご意見を多数頂きました。 使用状況に関して、より詳細でパーソナライズされた情報を得るため、使用状況レポートの情報と Power BI のインタラクティブなレポート機能が組み合わせられました。新たな Office 365 導入コンテンツ パックでは、Office 365 の使用状況データの視覚化や分析、カスタム レポートの作成、社内での情報の共有、場所や部署などの属性に基づいたデータ分析などができます。このたび、Office 365 ユーザーの皆様に向けて導入コンテンツ パックの限定プレビューがリリースされました。 導入、共同作業、コミュニケーションに関する豊富な情報を提供 Office 365 の目的は、ユーザーの生産性、コミュニケーションや共同作業の効率を向上させることです。導入コンテンツ パックを使用することで、コミュニケーションや共同作業での Office…


Office 365 管理機能更新のお知らせ: 新しい管理センターの一般提供開始とサービス正常性ダッシュボードについて

(この記事は 2016 年 9 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 administration announcements: new admin center reaches general availability and introducing the Service health dashboard の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) この記事では、新しい Office 365 管理センターのプレビュー期間が終了し、いよいよ一般提供が開始となることについてお知らせします。2015 年 9 月に最初のプレビュー (英語) が開始されて以来、新しい管理センターはさまざまな新機能や分析データを提供し、Office 365 の管理を従来よりもすばやく簡単に行えるようにすることで管理者の皆様をサポートしてきました。 新しい Office 365 管理センターの一般提供を開始 Office 365 は過去数年間に急速な進化を遂げ、ほぼ毎日のペースでユーザーと管理者の皆様に向けて新機能をお届けしてきました。昨年 1 年間だけでも、350 を超える新サービスや新機能が導入されています。今後も Office 365 の機能をさらに充実させていくにあたり、マイクロソフトでは、サービスをあらゆる側面から効率的に管理できるツールを提供し、管理者の皆様の利便性と快適性を最高レベルに高めることに力を注いでいます。新しい管理センターは、このように急速な発展に対応し、サービスのさらなる進化に合わせて刷新できるように設計されています。 新しい管理センターについてご意見をお寄せいただいた皆様には、改めて感謝申し上げます。過去 1 年間にお寄せいただいた 49,000…


Yammer と Office 365 グループの統合によるチームの共同作業の強化

(この記事は 2016 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 Yammer strengthens team collaboration through integration with Office 365 Groups の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) チームを組んで共同作業を行う動きが世界中で広がりつつあります。マイクロソフトが実施した調査によると、現在、従業員が業務で携わるチームの数は 5 年前と比べておよそ 2 倍に達しています。このことから、仕事を進めていくうえで同僚との共同作業がかつてないほど重要になっていることがわかります。しかし、グループでの共同作業となると、グループそれぞれのニーズに対応するツールがさまざまであるため、1 つのやり方であらゆる局面に対応するのは困難です。Fortune 500 企業の 85% 近くが Office 365 の一部として既に利用している Yammer は、職場向けに設計されたソーシャル ネットワークです。Yammer は的確で迅速な意思決定につながるアイデア交換をオープンに行える場として、チーム間のつながりを組織全体にわたって促進します。 このたび、マイクロソフトは Yammer と Office 365 グループの統合を発表しました。この統合により、何百万人ものユーザーが毎日利用している生産性ツールを通じて、オープンに共同作業を進めることが可能になります。また、この統合により、Yammer ユーザーは SharePoint サイトとドキュメント リポジトリへのアクセス、OneNote ノートブックの共有、Planner を使用した軽快なタスク管理を使い、アイデアを簡単に実行に移せるようになりました。これらの機能を含め、今後数か月の間にさまざまな新機能が段階的にロールアウトされる予定です。 この記事では、Office 365 グループとの統合によりさらに便利になった Yammer についてご紹介します。…


SharePoint のイノベーションによってさらに進化する Office 365 のインテリジェンスと共同作業

(この記事は 2016 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 SharePoint innovations further advance intelligence and collaboration in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、OneDrive および SharePoint 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Jeff Teper の記事をご紹介します。 マイクロソフトは今年 5 月、SharePoint と OneDrive に関するクラウドファースト、モバイルファーストのビジョンとロードマップを発表しました。これは、ユーザー、チーム、組織が、あらゆる場所からあらゆるデバイスを使ってコンテンツをインテリジェントに検索、共有し、共同で作業を進めることを支援するものです。 マイクロソフトでは、シンプルかつ強力なファイル共有の実現、インテリジェントなモバイル イントラネットの確立、業務への関連性と価値の高い情報による生産性の向上を提供します。このほか、最新の Web 開発標準とオープン標準に準拠した、ネットワークに接続されたオープンなプラットフォームを開発者に提供することや、IT 部門が常にセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに対応できるように取り組んできました。 ここ数週間から数か月間にわたり、マイクロソフトはユーザーの皆様に対して上記のことを実現してきました。まず、Office 365 の SharePoint を刷新しました。チーム サイト、ドキュメント ライブラリ、リスト、ページは最新のものに作り替え、強力な機能を維持したまま、シンプルで直観的に扱えるようにしました。また、SharePoint チーム サイトをすべての Office 365 グループに導入しました。加えて、OneDrive モバイル アプリを拡張しました。Office…


Microsoft Cloud による iOS 向け Outlook と Android 向け Outlook の機能強化

(この記事は 2016 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 Outlook for iOS and Android is now fully powered by the Microsoft Cloud の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Microsoft Cloud の技術を活用し、Office 365 の法人ユーザーの皆様を対象に iOS 向け Outlook と Android 向け Outlook の機能をさらに強化しました。これにより、あらゆるデータが、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに積極的に取り組むマイクロソフトのサービスを通して提供されるようになります。Outlook に移行するなら、今が最適です。アクティブ ユーザーの数は現在 4,200 万人にのぼります。Office 365 の優れた機能をモバイルで唯一利用できるメール/カレンダー アプリの Outlook を、皆様もぜひお試しください。 マイクロソフトは、金融業界や公的機関に至るまで、どの業界でもお客様の法令、規制、コンプライアンスに関するニーズに応え、最高のモバイル エクスペリエンスを提供できるように、常に取り組んでいます。 それでは、最新の更新内容をご紹介します。 Outlook の新しいアーキテクチャについて このたび、iOS 向け Outlook と…