SharePoint Virtual Summit 開催: 成長を続ける SharePoint の最新イノベーションとお客様事例を紹介

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 SharePoint Virtual Summit showcases growth, innovations and customer success の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、OneDrive、SharePoint、および Office 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Jeff Teper の記事をご紹介します。 このたび開催された SharePoint Virtual Summit (英語) において、Office 365、Windows、Azure との強力な統合をはじめとする SharePoint および OneDrive の最新のイノベーションが発表されました。この取り組みは、昨年発表したビジョンに沿って進められてきたものです。これにより、コンテンツの共同作業を変革し新世代のモバイル機能やインテリジェントなイントラネットの先駆けとなる最新のイノベーションを提供し続けています。イベントでは、デジタル トランスフォーメーションの加速に向けて SharePoint を活用している Office 365 のお客様の事例も紹介されました。 SharePoint の普及が拡大 月間アクティブ ユーザーが 1 億人を超える Office 365 は、コミュニケーションや共同作業向けの機能がすべて揃った、きわめてインテリジェントかつ安全なサービスです。SharePoint…


Office 365 Education でクラスに最先端の共同作業を

(この記事は 2017 年 5 月 2 日に Office Blogs に投稿された記事 Modern classroom collaboration with Office 365 for Education の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 マイクロソフトのミッションは、地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるように支援することです。マイクロソフトでは、可能性を切り開くのは教育であり、未来を担う子供たちの教育には、テクノロジの存在が不可欠であると考えています。本日ニューヨークで開催されたイベントにて、Office 365 Education の最新機能、Microsoft Store for Education の Office のプレビューなど、教育機関向けの新たな取り組みを発表しました (英語)。 Office 365 Education の最新機能 1 億人以上のアクティブ ユーザーを抱える Office 365 は、個人ユーザー、チーム、企業全体などのコミュニケーションや共同作業を支えています。Office 365 Education は、Office 365 に OneNote Class Notebook…


Skype for Business によるデジタル トランスフォーメーションの推進

(この記事は 2017 年 3 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Skype for Business drives digital transformation の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 マーケティング担当コーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。 Office 365 は、グループごとに異なるワークスタイルに対応すべく設計された汎用的な共同作業用ツールキットであり、月間 8,500 万人を超えるアクティブ ユーザーを擁します。メール機能を提供する Outlook、インテリジェントなコンテンツ管理を実現する SharePoint、社内全体のネットワークを実現する Yammer、チャット ベースの迅速なチーム作業を可能にする Microsoft Teams など、各種機能が統合されており、その中で、エンタープライズ向けの音声/ビデオ会議のバックボーンとして機能するのが Skype for Business です。 コミュニケーションや共同作業は業務を進めるうえで不可欠となっており、お客様は会議や通話へのさまざまなニーズを満たすために Office 365 プランの Skype for Business に注目しています。Skype ネットワーク上で行われている会議の数は、全世界で年間 10 億件を超え、Skype for Business…


SharePoint Virtual Summit のお知らせ

(この記事は 2017 年 3 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the SharePoint Virtual Summit の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2017 年 5 月 16 日に、グローバルな無料オンライン イベント SharePoint Virtual Summit (英語) が開催されます。 Office 365 は 8,500 万人を超えるアクティブ ユーザーにご利用いただいており、個々のユーザー、チーム、企業全体での共同作業において最高クラスの多様性と専門性を備えたツールキットを提供しています。あらゆるグループの固有のワークスタイルに適合するように特化した統合アプリケーションを備えています。エンタープライズクラスのメール ソリューションである Outlook、企業全体の利用に向けたネットワーク ソリューションである Yammer、企業の音声や動画によるコミュニケーションの基幹ソリューションとなる Skype for Business、新しいチャット ベースのワークスペースとなる Microsoft Teams、インテリジェントなコンテンツ管理やイントラネット向けの SharePoint を使用できます。 昨年 5 月に開催され 50,000 人を超える参加者を集めたオンライン イベントの Future of SharePoint…


全世界の Office 365 ユーザーに向けて Microsoft Teams のロールアウトを開始

(この記事は 2017 年 3 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft Teams rolls out to Office 365 customers worldwide の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 本日、マイクロソフト本社からの全世界のお客様に向けて発信した Web キャスト (英語) の中で、181 の地域、19 の言語で Office 365 のチャットベースのワークスペース、Microsoft Teams の一般提供が開始されたことを発表しました。11 月にプレビューを発表して以来、Accenture、アラスカ航空、Cerner Corporation、ConocoPhillips、Deloitte、Expedia、J.B. Hunt、J. Walter Thompson、Hendrick Motorsports、Sage、Trek Bicycle、Three UK をはじめ、50,000 社を超えるお客様に Microsoft Teams をご利用いただいています。また、継続的なイノベーションを提供し、お客様から特に多く寄せられたご要望にお応えするため、100 を超える新機能を導入しています。 アクティブ ユーザー数…


Microsoft Teams による作業の効率化

(この記事は 2017 年 2 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Get more done faster with Microsoft Teams の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) チームでの作業は世界中で増加しています。調査によると、従業員が所属しているチームの数は、わずか 5 年で 2 倍近く増加しています。つまり、これまで以上に多くの従業員が業務を進めるうえで同僚の力を借りているということです。しかし、グループ共同作業には、画一的なアプローチは通用しません。グループによって、固有のニーズに対応する魅力的なツールは異なります。 体験型オンライン イベントの特徴 90 分間の各セッションで、参加者はまずオンライン ディスカッションで訓練を受けたファシリテーターと共にお客様の主なビジネス課題について話し合い、その後クラウドの環境に移動します。最新テクノロジが満載の環境へご自身のデバイスをリモート デスクトップで接続し、マイクロソフトのツールがお客様の課題を解決していくようすを直接ご確認いただけます。 米国のお客様: こちらのページ (英語) から登録してください。 米国以外のお客様: こちらのページ (英語) から登録してください。 参加するメリット このインタラクティブなオンライン セッションでは、以下の内容について学ぶことができます。 最新の共同作業ツールである Microsoft Teams の特徴: スレッド構造の常設チャットにより、チーム メンバー全員が常に会話に参加できるようにする。 チームワークを実現するためのハブを作成し、他の Office 365 アプリと連携させる。 チャネル、コネクタ、タブ、ボットを使用して、それぞれのチームに合わせてカスタマイズされたオプションを作成する。 絵文字、GIF、スタンプを使用してチーム内で個性を発揮する。 生産性と情報の安全性を維持する方法: ワークフローを阻害することなく、安全に作業し、コンプライアンスを維持することを容易にします。 複雑なデータを迅速に視覚化、分析する方法:…


企業でデータ侵害を防ぐためのアドバイス

(この記事は 2017 年 2 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Advice to help prevent data breaches at your company の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) データ侵害は、最悪の事態をもたらしかねません。企業ブランドを著しく傷付けるだけでなく、多大な収益損失や規制違反による高額な罰金につながるおそれがあります。 モダン ワークスタイルの最新エピソード「Cyber Intelligence: Help Prevent a Breach」では、サイバー セキュリティに対処するうえで企業が取るべき最適なアプローチについて、2 名の最高情報セキュリティ責任者 (CISO)、DocuSign の CISO である Vanessa Pegueros 氏と F5 Networks の CISO である Mike Convertino 氏にアドバイスをお聞きしています。経験豊かなセキュリティ責任者の方々に、セキュリティ投資の意思決定をどのように行っているか、また、セキュリティ侵害を経験したことがなく投資に乗り気でない経営陣にセキュリティ投資を決断してもらうにはどうすればよいか、大いに語っていただきました。 どの企業もサイバー セキュリティのリスクにさらされているという状況を認識しなければなりません。しかし、自社のリスク プロファイルを把握することは始まりにすぎません。何を保護するかを明確にする必要があります。Convertino 氏が言うように、「企業の価値提案とは、保護対策や推奨事項のベースとなるべきものです」。セキュリティに対する明確な目標を定めれば、ツールや人材といったセキュリティ投資の価値を示すことも容易になります。 さらに、Office 365 Threat Intelligence のいくつかの保護機能についてもご紹介します。リスクの監視や保護対策を講じることで、企業への被害を未然に防げます。マイクロソフトではリアルタイムなセキュリティ脅威に関するインサイトを提供するためグローバルな取り組みを行っており、Threat Intelligence…


Office 365 の 1 月の最新情報まとめ:OneDrive、アクティビティ フィードなどの機能更新を発表

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in January—updates to OneDrive, Activity feed and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 皆様、こんにちは! 今年も Office チームをよろしくお願いいたします。Office チームでは 2017 年の幕開けとして、OneDrive、Office アプリのアクティビティ フィード、Microsoft StaffHub といったさまざまな機能の更新を発表しました。この記事ではその詳細についてご説明したいと思います。 OneDrive for Business の機能更新 今回、OneDrive に対して複数の機能更新を行いました。これらは企業ユーザーの皆様を対象としたものになります。まず、SharePoint Online チーム サイトと OneDrive for Business の共有フォルダーを最新のクライアントを使用して同期できるようにしました。これにより、ユーザーの皆様が共有ドキュメントにさらに簡単にアクセスできるようになりました。また、Web での共有操作をよりシンプルなものにし、共有アクセス権の範囲や期間を簡単に指定できるようにしました。さらに、IT 部門の皆様が展開作業や管理業務をより簡単に行えるように、新たに…


多様化するグループ共同作業を体験

(この記事は 2016 年 12 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 When it comes to group collaboration, one size doesn’t fit all の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 共同作業の方法は日々進化しています。プロジェクト、ワーク スタイル、役割分担はチームごとに異なり、従業員の働き方も多様化しているため、包括的な共同作業ツールが必要とされています。新しい共同作業の形が求められる中、新たなコミュニケーション、モビリティ、クラウド サービスが登場し、これまで不可能だった方法でのコミュニケーションや共同作業が実現しています。 体験型オンライン イベントの特徴 90 分間の各セッションで、参加者はまずオンライン ディスカッションで訓練を受けたファシリテーターと共にお客様の主なビジネス課題について話し合い、その後クラウドの環境に移動します。最新テクノロジが満載の環境へご自身のデバイスをリモート デスクトップで接続し、マイクロソフトのツールがお客様の課題を解決していくようすを直接ご確認いただけます。 参加するメリット このインタラクティブなオンライン セッションでは、以下の内容について学ぶことができます。 最新の共同作業ツールである Microsoft Teams の特徴: スレッド構造の常設チャットにより、チーム メンバー全員が常に会話に参加できるようにする。 チームワークを実現するためのハブを作成し、他の Office 365 アプリと連携させる。 チャネル、コネクタ、タブ、ボットを使用して、それぞれのチームに合わせてカスタマイズされたオプションを作成する。 絵文字、GIF、スタンプを使用してチーム内で個性を発揮する。 生産性と情報の安全性を維持する方法: ワークフローを阻害することなく、安全に作業し、コンプライアンスを維持することを容易にします。 複雑なデータを迅速に視覚化、分析する方法: BI のエキスパートに頼らずに、必要なデータやインサイトに焦点を当てます。 コンテンツをすばやく共同編集して共有する方法: 他のユーザーが編集やレビューの最中でも、同じドキュメントにアクセスして編集することが可能です。 生産性を即座に向上させる方法: ほとんどの参加者は、セッションで時間短縮スキルを習得することにより、数日で…


Yammer でオープンな業務にチャレンジする 7 日間

(この記事は 2016 年 11 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 Work out loud on Yammer—7-day challenge の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 11 月 7 日~ 13 日に International Working Out Loud Week が開催されます。ぜひ Yammer でチームの作業スペースを作成のうえ、ご参加ください。Yammer でオープンな業務を行うと、チームには下記のようなメリットがあります。 重要事項に対する意識レベルを統一: チーム メンバーが互いに試案を出し合ったり、質問したり、アイデアを共有したりできます。 作業効率の向上: 進捗ミーティングを頻繁に行う必要がなくなり、負担が軽減されます。 意思決定の精度と速度を向上: 意思決定までの時間が短縮できます。 Office 365 のコンポーネントの 1 つである Yammer は、チームでの作業を応援します。Yammer グループでは、チームのメンバーが直接ドキュメントや Excel シート、プレゼンテーションなどの作成や編集を行えます。あらゆるメッセージやファイル、更新を 1 か所にまとめることができるため、以前のような複雑なやりとりを行わなくても、メンバー全員が最新の作業状況を把握できるようになります。また Yammer では、それぞれのユーザーが自分に関係する会話をチェックしたりあまり関係のない会話を飛ばしたりすることも簡単です。 Yammer でオープンな業務を成功させるためのヒントをいくつかお伝えします。…