Office 365 の 6 月の更新 — Microsoft Teams の学習エクスペリエンスなど

(この記事は 2017 年 6 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 New to Office 365 in June—classroom experiences in Microsoft Teams and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 来週開催される International Society for Technology in Education (ISTE) カンファレンスで、マイクロソフトは未来を担う現代の生徒たちを支援する最新機能についてご紹介します。Office 365 の今月の更新では、Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスの提供拡大や、セキュリティ機能の強化など、さらなる取り組みがなされています。では詳しい内容を見ていきましょう。 Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスの提供拡大 Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスが Office 365 Education ユーザーに向けてロールアウト (英語) されます。Teams…


SharePoint と OneDrive の新機能がデジタル トランスフォーメーションを加速

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 New SharePoint and OneDrive capabilities accelerate your digital transformation の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび開催された SharePoint Virtual Summit (英語) では、コンテンツの共同作業を変革し新世代のモバイル機能やインテリジェントなイントラネットの先駆けとなる最新のイノベーションが発表されました。この取り組みは、昨年発表されたビジョンに基づいて進められてきたものです。 お客様の成功事例からは多くのことを学ぶことができます。ユーザー、チーム、企業が SharePoint と OneDrive を活用して、いかに Office 365 で安全な情報共有、ビジネス プロセスの刷新、社内の情報伝達や連携の強化、社内ナレッジの活用を実現しているかを知ることができるのです。今回の発表は、こうした成功事例をさらに増やし、デジタル トランスフォーメーションをさらに加速していくためのものです。詳細な情報は、Jeff Teper が執筆した記事「SharePoint Virtual Summit 開催: 成長を続ける SharePoint の最新イノベーションとお客様事例を紹介」をお読みください。 この記事では、Jeff Teper の記事で取り上げられている主要な機能についてまとめ、SharePoint Virtual Summit で発表された注目のイノベーションを幅広くご紹介します。 安全に共有 OneDrive では、社内外のあらゆるユーザーと安全にファイルを共有できます。Office との緊密な連携により提供される高度な共同編集機能で、他のユーザーとファイルを共有してリアルタイムで共同作業を行うことができます。また、Windows PC、Mac、iOS…


SharePoint Virtual Summit 開催: 成長を続ける SharePoint の最新イノベーションとお客様事例を紹介

(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 SharePoint Virtual Summit showcases growth, innovations and customer success の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、OneDrive、SharePoint、および Office 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Jeff Teper の記事をご紹介します。 このたび開催された SharePoint Virtual Summit (英語) において、Office 365、Windows、Azure との強力な統合をはじめとする SharePoint および OneDrive の最新のイノベーションが発表されました。この取り組みは、昨年発表したビジョンに沿って進められてきたものです。これにより、コンテンツの共同作業を変革し新世代のモバイル機能やインテリジェントなイントラネットの先駆けとなる最新のイノベーションを提供し続けています。イベントでは、デジタル トランスフォーメーションの加速に向けて SharePoint を活用している Office 365 のお客様の事例も紹介されました。 SharePoint の普及が拡大 月間アクティブ ユーザーが 1 億人を超える Office 365 は、コミュニケーションや共同作業向けの機能がすべて揃った、きわめてインテリジェントかつ安全なサービスです。SharePoint…


セキュリティとコンプライアンスを監視する新しい Office 365 Management Activity API を発表

(この記事は 2015 年 4 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the new Office 365 Management Activity API for security and compliance monitoring の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 情報保護チームのパートナー グループ プログラム マネージャーを務める Nagesh Pabbisetty の記事をご紹介します。 IT 環境が急速に進化する中、BYOD によるアクセス、クラウド移行の加速、複数のクラウド パートナーと連携する企業の増加といったトレンドが生まれています。こうしたトレンドに伴い、企業の IT セキュリティに対する全般的なアプローチにおいてデータへのアクセスを監視する重要性が高まっています。 現在 Office 365 では、サービス管理者がさまざまな方法でトランザクション データを取得でき、どの方法でも Office 365 のトランザクションを把握できます。Office 365 のサービス運用をさらに透明化するために、イベントの種類の追加、より詳細なイベント レコードの提供、すべてのユーザー イベント、管理者イベント、運用イベントの個人およびトランザクションごとのログに対する一貫したスキーマの実現に向けて継続的に取り組んでいます。加えて、Office 365 サービス スイート全体への実装を可能にし、OAuth v2 に対応する…


Threat Intelligence と Advanced Data Governance のリリース、および Advanced Threat Protection の重要な更新

(この記事は 2017 年 4 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the release of Threat Intelligence and Advanced Data Governance, plus significant updates to Advanced Threat Protection の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Office 365 のセキュリティおよびコンプライアンス機能をさらに高めるために複数の機能強化を実施いたします。 Office 365 Threat Intelligence のリリースにより Office 365 のセキュリティが向上し、日々進化する脅威の状況に先制的に対応できるようになります。今回はさらに、Advanced Threat Protection (ATP) のカスタマー エクスペリエンス向上のため、新しいレポート インターフェイスを導入するほか、ATP Safe Links 機能を Office 365 ProPlus デスクトップ クライアントの Word、Excel、PowerPoint に拡張します。…


SharePoint Virtual Summit のお知らせ

(この記事は 2017 年 3 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the SharePoint Virtual Summit の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2017 年 5 月 16 日に、グローバルな無料オンライン イベント SharePoint Virtual Summit (英語) が開催されます。 Office 365 は 8,500 万人を超えるアクティブ ユーザーにご利用いただいており、個々のユーザー、チーム、企業全体での共同作業において最高クラスの多様性と専門性を備えたツールキットを提供しています。あらゆるグループの固有のワークスタイルに適合するように特化した統合アプリケーションを備えています。エンタープライズクラスのメール ソリューションである Outlook、企業全体の利用に向けたネットワーク ソリューションである Yammer、企業の音声や動画によるコミュニケーションの基幹ソリューションとなる Skype for Business、新しいチャット ベースのワークスペースとなる Microsoft Teams、インテリジェントなコンテンツ管理やイントラネット向けの SharePoint を使用できます。 昨年 5 月に開催され 50,000 人を超える参加者を集めたオンライン イベントの Future of SharePoint…


Microsoft Teams による作業の効率化

(この記事は 2017 年 2 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Get more done faster with Microsoft Teams の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) チームでの作業は世界中で増加しています。調査によると、従業員が所属しているチームの数は、わずか 5 年で 2 倍近く増加しています。つまり、これまで以上に多くの従業員が業務を進めるうえで同僚の力を借りているということです。しかし、グループ共同作業には、画一的なアプローチは通用しません。グループによって、固有のニーズに対応する魅力的なツールは異なります。 体験型オンライン イベントの特徴 90 分間の各セッションで、参加者はまずオンライン ディスカッションで訓練を受けたファシリテーターと共にお客様の主なビジネス課題について話し合い、その後クラウドの環境に移動します。最新テクノロジが満載の環境へご自身のデバイスをリモート デスクトップで接続し、マイクロソフトのツールがお客様の課題を解決していくようすを直接ご確認いただけます。 米国のお客様: こちらのページ (英語) から登録してください。 米国以外のお客様: こちらのページ (英語) から登録してください。 参加するメリット このインタラクティブなオンライン セッションでは、以下の内容について学ぶことができます。 最新の共同作業ツールである Microsoft Teams の特徴: スレッド構造の常設チャットにより、チーム メンバー全員が常に会話に参加できるようにする。 チームワークを実現するためのハブを作成し、他の Office 365 アプリと連携させる。 チャネル、コネクタ、タブ、ボットを使用して、それぞれのチームに合わせてカスタマイズされたオプションを作成する。 絵文字、GIF、スタンプを使用してチーム内で個性を発揮する。 生産性と情報の安全性を維持する方法: ワークフローを阻害することなく、安全に作業し、コンプライアンスを維持することを容易にします。 複雑なデータを迅速に視覚化、分析する方法:…


企業でデータ侵害を防ぐためのアドバイス

(この記事は 2017 年 2 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Advice to help prevent data breaches at your company の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) データ侵害は、最悪の事態をもたらしかねません。企業ブランドを著しく傷付けるだけでなく、多大な収益損失や規制違反による高額な罰金につながるおそれがあります。 モダン ワークスタイルの最新エピソード「Cyber Intelligence: Help Prevent a Breach」では、サイバー セキュリティに対処するうえで企業が取るべき最適なアプローチについて、2 名の最高情報セキュリティ責任者 (CISO)、DocuSign の CISO である Vanessa Pegueros 氏と F5 Networks の CISO である Mike Convertino 氏にアドバイスをお聞きしています。経験豊かなセキュリティ責任者の方々に、セキュリティ投資の意思決定をどのように行っているか、また、セキュリティ侵害を経験したことがなく投資に乗り気でない経営陣にセキュリティ投資を決断してもらうにはどうすればよいか、大いに語っていただきました。 どの企業もサイバー セキュリティのリスクにさらされているという状況を認識しなければなりません。しかし、自社のリスク プロファイルを把握することは始まりにすぎません。何を保護するかを明確にする必要があります。Convertino 氏が言うように、「企業の価値提案とは、保護対策や推奨事項のベースとなるべきものです」。セキュリティに対する明確な目標を定めれば、ツールや人材といったセキュリティ投資の価値を示すことも容易になります。 さらに、Office 365 Threat Intelligence のいくつかの保護機能についてもご紹介します。リスクの監視や保護対策を講じることで、企業への被害を未然に防げます。マイクロソフトではリアルタイムなセキュリティ脅威に関するインサイトを提供するためグローバルな取り組みを行っており、Threat Intelligence…


Office 365 の新機能でセキュリティとコンプライアンスに関するリスクをプロアクティブに管理

(この記事は 2017 年 2 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 New Office 365 capabilities help you proactively manage security and compliance risk の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 重要なセキュリティ シグナルを見落としてしまうと、気付かないうちにセキュリティが侵害されるおそれがあります。しかし、セキュリティ シグナルの数は急激に増加しているため、それに手動で優先順位を付けることはほぼ不可能です。このため、Office 365 ではインテリジェンス機能を利用してプロアクティブにリスクを管理し脅威を回避する方法を取っています。このたび、リスクを管理し先制的に脅威を回避するために、以下の新機能を Office 365 に導入しました。 Office 365 Secure Score: Office 365 ユーザーが現在使用している Office 365 のセキュリティ構成を評価する、新しいセキュリティ分析ツールです。 Office 365 Threat Intelligence プライベート プレビュー: Microsoft Intelligent Security Graph の膨大な数のデータ ポイントを活用して、グローバルな脅威に対応するためのインサイトを提供し、サイバー攻撃を未然に防ぐためのサービスです。Office 365 Threat…


Office 365 Advanced Threat Protection の機能強化 – URL デトネーションと動的配信機能

(この記事は 2017 年 1 月 25 日に Office Blogs に投稿された記事 Evolving Office 365 Advanced Threat Protection with URL Detonation and Dynamic Delivery の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトが開発した Office 365 Advanced Threat Protection は、生産性を損なわずにメールを保護する、他に類を見ないセキュリティ ソリューションです。現代の脅威は、日々増大し巧妙に進化しています。Advanced Threat Protection は強力な保護対策により、こういった脅威からお客様の組織を守ります。たとえば、安全なリンク機能はクリック時に実行される保護対策で、ユーザーが悪意のあるリンクを開いてアクセスしてしまうのを防ぎます。また、安全な添付ファイル機能により、メールに添付された悪意のあるファイルを開かないようにすることもできます。さらに今回、新たに 2 つの機能を皆様にお届けできることになりました。URL デトネーションと動的配信機能です。これらの機能の追加で Advanced Threat Protection のセキュリティ保護がいっそう強化されるだけでなく、ユーザーの生産性も維持されます。 URL デトネーションの一般提供の開始 URL デトネーションは、悪意のある URL のリンク先ファイルを通じてユーザーが脅威に感染するのを防ぐ機能です。 PDF ファイルへの悪意のあるリンクを含んだメール ユーザーがメールを受信すると、そこに含まれる URL を Advanced Threat Protection…