Excel で管理を効率化し、存分に創造性を発揮

(この記事は 2017 年 3 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Reducing complexity and boosting creativity with Excel の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 建築家は、美しさと収益性を兼ね備えた作品を作り上げるために、創造性とビジネス ニーズのバランスを保つという独特な課題を抱えています。この職業で注目されるのはビジョンや創造性ですが、建築物に命を吹き込むためには綿密な計画と調整も必要です。ナットやボルト、梁などのあらゆる材料の組み立て、追跡、コスト計算などがプロジェクトの成否を分けます。 ツールを使用してプロジェクト計画の作成を簡素化し、建築家とスタッフが創造的な業務に専念できるようにすることが不可欠です。小規模な建築設計事務所 Best Practice Architecture and Design を所有する Ian Butcher 氏は、このことをよく理解しています。 Butcher 氏にとって、建築家になることは長年描いてきた夢でした。当然のことながら、この職業を志した理由は、ビジネス的な面ではなく芸術的な面に惹かれたからでした。「私は郊外で育ったため、田舎の家と小さなショッピング モールしか知りませんでした。8 年生のときに、校外学習でアトランタ州のハイ美術館に行きました。大人数のグループだったので、荷物用エレベーターに乗りました。ドアが開いて目の前に美術館の建物が現れたとき、『こんなもの見たことがない』と感激しました。その瞬間、私は建築家になりたいと思ったのです」 オフィスからアート スタジオに至るまで、Best Practice は常に独自のデザインを追求し続けています。 Butcher 氏はデザイン学校で学び、建築家になるという夢を叶えました。現在は建築設計事務所を所有してその管理を行っています。「最大の課題は、魅力的なプロジェクトをやり遂げることです。新しいプロジェクトを開始するたびに『本当にできるのか』と自問自答します。最も難しいのは、優れたデザインを作成することではなく、予算、クライアントとの契約、工務店やベンダーとの調整といった課題を解決することです」と Butcher 氏は言います。 材料の管理 業務が拡大するにつれ、プロジェクト計画の作成は重要性を増していきます。キッチンのリフォームから、オフィスや複数世帯住宅のデザインまで、Best Practice では次々とスケッチが行われています。それと同じくらい重要なのが、予算管理とプロジェクトの進捗管理を行うことです。 Butcher 氏とチーム メンバーは、各プロジェクト計画の作成とコストの追跡に Microsoft Excel を利用しています。材料や設備の一覧は Excel で作成しています。各建築プロジェクトの必要項目とそれに関連するコストを一覧にすると、詳細で長いものになります。ドライウォールから照明器具、床、窓、扉に至るまで、あらゆる材料を Excel…


全世界の Office 365 ユーザーに向けて Microsoft Teams のロールアウトを開始

(この記事は 2017 年 3 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft Teams rolls out to Office 365 customers worldwide の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 本日、マイクロソフト本社からの全世界のお客様に向けて発信した Web キャスト (英語) の中で、181 の地域、19 の言語で Office 365 のチャットベースのワークスペース、Microsoft Teams の一般提供が開始されたことを発表しました。11 月にプレビューを発表して以来、Accenture、アラスカ航空、Cerner Corporation、ConocoPhillips、Deloitte、Expedia、J.B. Hunt、J. Walter Thompson、Hendrick Motorsports、Sage、Trek Bicycle、Three UK をはじめ、50,000 社を超えるお客様に Microsoft Teams をご利用いただいています。また、継続的なイノベーションを提供し、お客様から特に多く寄せられたご要望にお応えするため、100 を超える新機能を導入しています。 アクティブ ユーザー数…


Deutsche Börse Group がクラウドへの移行に Office 365 を選択

(この記事は 2017 年 3 月 6 日に Office Blogs に投稿された記事 Moving to the cloud with confidence—Deutsche Börse Group chooses Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、マイクロソフトのコーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。 規制が厳格な国で世界規模の金融サービスを提供し、事業運営の近代化に向けてクラウドへの移行を検討している企業の皆様に朗報です。Deutsche Börse Group (DBG) がソート リーダーシップを取り、Office 365 に移行することで働き方を変革するデジタル トランスフォーメーションに取り組んでいます。DBG はフランクフルトに本拠地を置くドイツの大手証券取引企業で、この業界では世界有数の規模を誇り、20 か所を超えるオフィスを構えています。 デジタルの世界でビジネスの俊敏性を高め、市場のニーズに合わせて成長を遂げ、従業員の生産性を向上させるために、DBG のデジタル トランスフォーメーションの基盤として選ばれたのが Microsoft Office 365 でした。 DBG の最高セキュリティ責任者兼セキュリティ担当主任の Frank Fischer 氏は、次のように述べています。 「機能性が十分に考慮されたカスタマー ロックボックスやその他の Office 365…


Visio Online でいつでもどこからでも図面にアクセス

(この記事は 2017 年 3 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 Visio Online—anywhere, anytime access to your diagrams の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今日のビジネス環境では、モビリティがきわめて重要です。このたび、Microsoft Visio Online のリリースにより、高品質な Visio の図面を、あらゆるデバイスのお好きなブラウザーで共有、閲覧できるようになります。現在、Visio Online のオンライン閲覧エクスペリエンスは、Office 365 のほぼすべての法人ユーザーの皆様に提供され、作業場所を問わずチーム全員の生産性向上に貢献しています。さらに今回は、各ユーザーのニーズに合わせて Visio の機能を拡張できる、IT プロフェッショナル向けの JavaScript API もリリースいたします。 Visio チームは、企業全体のモビリティ向上を目指してさまざまな機能をリリースしてきました。2016 年 11 月に一部の Office 365 ユーザー向けにリリースした Visio Online Public Preview (英語) は、高い評価を頂きました。その後、VSD ファイル形式に対応 (英語) し、Exchange Online、Outlook.com、Hotmail のメールをお使いの皆様にもご利用いただけるようになりました。今回はオンライン閲覧機能のほか、コメント機能が追加され、ウィンドウを切り替えることなく、チーム内でのプロセス フローのレビューやディスカッション、データの図式化などを行えるようになります。 ぜひ今すぐお試しください。詳細については、よく寄せられる質問 (機械翻訳) のページをご覧ください。 ブラウザーから Visio の図面にコメントを追加 ニーズに合わせてカスタムの…


Office 365 グループと Yammer の統合のロールアウトを開始

(この記事は 2017 年 3 月 2 日に Office Blogs に投稿された記事 Yammer integration with Office 365 Groups now rolling out の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Yammer は、従業員が意見を交わし、互いにつながり、アイデアを共有しながら業務を遂行できるように支援します。Yammer のグループは、ベスト プラクティスを共有したり、共通の関心事を持つコミュニティへと発展させたり、新たな取り組みを活性化したりできるように、従業員が集まるオープン スペースの構造を提供するものです。 今回、Yammer と Office 365 グループの統合がリリースされました。Office 365 グループは、Office 365 でチームに単一の ID を提供するグループ メンバーシップ サービスです。今後は、Yammer で新しいグループを作成すると、そのグループが自動的に Office 365 グループ サービスの一部になり、グループに OneNote ノートブック、タスク管理用の Planner、SharePoint Online チーム サイト、ドキュメント ライブラリが提供されます。この統合により、グループ メンバーはこれらの共有リソースに Yammer から直接アクセスできます。 今回の Yammer…


Microsoft Teams による作業の効率化

(この記事は 2017 年 2 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Get more done faster with Microsoft Teams の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) チームでの作業は世界中で増加しています。調査によると、従業員が所属しているチームの数は、わずか 5 年で 2 倍近く増加しています。つまり、これまで以上に多くの従業員が業務を進めるうえで同僚の力を借りているということです。しかし、グループ共同作業には、画一的なアプローチは通用しません。グループによって、固有のニーズに対応する魅力的なツールは異なります。 体験型オンライン イベントの特徴 90 分間の各セッションで、参加者はまずオンライン ディスカッションで訓練を受けたファシリテーターと共にお客様の主なビジネス課題について話し合い、その後クラウドの環境に移動します。最新テクノロジが満載の環境へご自身のデバイスをリモート デスクトップで接続し、マイクロソフトのツールがお客様の課題を解決していくようすを直接ご確認いただけます。 米国のお客様: こちらのページ (英語) から登録してください。 米国以外のお客様: こちらのページ (英語) から登録してください。 参加するメリット このインタラクティブなオンライン セッションでは、以下の内容について学ぶことができます。 最新の共同作業ツールである Microsoft Teams の特徴: スレッド構造の常設チャットにより、チーム メンバー全員が常に会話に参加できるようにする。 チームワークを実現するためのハブを作成し、他の Office 365 アプリと連携させる。 チャネル、コネクタ、タブ、ボットを使用して、それぞれのチームに合わせてカスタマイズされたオプションを作成する。 絵文字、GIF、スタンプを使用してチーム内で個性を発揮する。 生産性と情報の安全性を維持する方法: ワークフローを阻害することなく、安全に作業し、コンプライアンスを維持することを容易にします。 複雑なデータを迅速に視覚化、分析する方法:…


企業でデータ侵害を防ぐためのアドバイス

(この記事は 2017 年 2 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Advice to help prevent data breaches at your company の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) データ侵害は、最悪の事態をもたらしかねません。企業ブランドを著しく傷付けるだけでなく、多大な収益損失や規制違反による高額な罰金につながるおそれがあります。 モダン ワークスタイルの最新エピソード「Cyber Intelligence: Help Prevent a Breach」では、サイバー セキュリティに対処するうえで企業が取るべき最適なアプローチについて、2 名の最高情報セキュリティ責任者 (CISO)、DocuSign の CISO である Vanessa Pegueros 氏と F5 Networks の CISO である Mike Convertino 氏にアドバイスをお聞きしています。経験豊かなセキュリティ責任者の方々に、セキュリティ投資の意思決定をどのように行っているか、また、セキュリティ侵害を経験したことがなく投資に乗り気でない経営陣にセキュリティ投資を決断してもらうにはどうすればよいか、大いに語っていただきました。 どの企業もサイバー セキュリティのリスクにさらされているという状況を認識しなければなりません。しかし、自社のリスク プロファイルを把握することは始まりにすぎません。何を保護するかを明確にする必要があります。Convertino 氏が言うように、「企業の価値提案とは、保護対策や推奨事項のベースとなるべきものです」。セキュリティに対する明確な目標を定めれば、ツールや人材といったセキュリティ投資の価値を示すことも容易になります。 さらに、Office 365 Threat Intelligence のいくつかの保護機能についてもご紹介します。リスクの監視や保護対策を講じることで、企業への被害を未然に防げます。マイクロソフトではリアルタイムなセキュリティ脅威に関するインサイトを提供するためグローバルな取り組みを行っており、Threat Intelligence…


Office 365 の新機能でセキュリティとコンプライアンスに関するリスクをプロアクティブに管理

(この記事は 2017 年 2 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 New Office 365 capabilities help you proactively manage security and compliance risk の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 重要なセキュリティ シグナルを見落としてしまうと、気付かないうちにセキュリティが侵害されるおそれがあります。しかし、セキュリティ シグナルの数は急激に増加しているため、それに手動で優先順位を付けることはほぼ不可能です。このため、Office 365 ではインテリジェンス機能を利用してプロアクティブにリスクを管理し脅威を回避する方法を取っています。このたび、リスクを管理し先制的に脅威を回避するために、以下の新機能を Office 365 に導入しました。 Office 365 Secure Score: Office 365 ユーザーが現在使用している Office 365 のセキュリティ構成を評価する、新しいセキュリティ分析ツールです。 Office 365 Threat Intelligence プライベート プレビュー: Microsoft Intelligent Security Graph の膨大な数のデータ ポイントを活用して、グローバルな脅威に対応するためのインサイトを提供し、サイバー攻撃を未然に防ぐためのサービスです。Office 365 Threat…


2016 年の Forrester Wave: Enterprise Collaboration レポートでマイクロソフトが「リーダー」に

(この記事は 2017 年 1 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Forrester’s 2016 Enterprise Collaboration Wave report is out and Microsoft is a Leader! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 世界で有数の高い影響力を持つ調査/コンサルティング会社の Forrester は先日、エンタープライズ向け共同作業支援ソリューションのプロバイダーを評価する、最新のレポートをリリースしました。このレポートにおいて、マイクロソフトが「リーダー」に選出されたことをご報告いたします。   マイクロソフトは、共同作業に関して、グループごとにニーズが異なると考えています。そのため、Office 365 はチームが使用する共同作業支援ツールを選択できるように設計されています。このレポートは、共同作業について、企業全体の知識共有を重視しているかを調査したものです。マイクロソフトと Office 365 スイートの一部である Yammer が、このレポートで「リーダー」の評価を獲得したことを光栄に思います。 Yammer は仕事のためのソーシャル ネットワークであり、Office 365 に含まれています。ここ数年、マイクロソフトは Yammer と Office 365 の統合をさらに強化する取り組みを続けており、Yammer のエクスペリエンスを Office 365 の他のアプリケーションに拡張すると共に、他のアプリケーションのエクスペリエンスの一部を Yammer でも利用できるように尽力しています。 昨秋、Yammer が近日中に Office…


Office 365 の 1 月の最新情報まとめ:OneDrive、アクティビティ フィードなどの機能更新を発表

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in January—updates to OneDrive, Activity feed and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 皆様、こんにちは! 今年も Office チームをよろしくお願いいたします。Office チームでは 2017 年の幕開けとして、OneDrive、Office アプリのアクティビティ フィード、Microsoft StaffHub といったさまざまな機能の更新を発表しました。この記事ではその詳細についてご説明したいと思います。 OneDrive for Business の機能更新 今回、OneDrive に対して複数の機能更新を行いました。これらは企業ユーザーの皆様を対象としたものになります。まず、SharePoint Online チーム サイトと OneDrive for Business の共有フォルダーを最新のクライアントを使用して同期できるようにしました。これにより、ユーザーの皆様が共有ドキュメントにさらに簡単にアクセスできるようになりました。また、Web での共有操作をよりシンプルなものにし、共有アクセス権の範囲や期間を簡単に指定できるようにしました。さらに、IT 部門の皆様が展開作業や管理業務をより簡単に行えるように、新たに…