2016 年の Forrester Wave: Enterprise Collaboration レポートでマイクロソフトが「リーダー」に

(この記事は 2017 年 1 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Forrester’s 2016 Enterprise Collaboration Wave report is out and Microsoft is a Leader! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 世界で有数の高い影響力を持つ調査/コンサルティング会社の Forrester は先日、エンタープライズ向け共同作業支援ソリューションのプロバイダーを評価する、最新のレポートをリリースしました。このレポートにおいて、マイクロソフトが「リーダー」に選出されたことをご報告いたします。   マイクロソフトは、共同作業に関して、グループごとにニーズが異なると考えています。そのため、Office 365 はチームが使用する共同作業支援ツールを選択できるように設計されています。このレポートは、共同作業について、企業全体の知識共有を重視しているかを調査したものです。マイクロソフトと Office 365 スイートの一部である Yammer が、このレポートで「リーダー」の評価を獲得したことを光栄に思います。 Yammer は仕事のためのソーシャル ネットワークであり、Office 365 に含まれています。ここ数年、マイクロソフトは Yammer と Office 365 の統合をさらに強化する取り組みを続けており、Yammer のエクスペリエンスを Office 365 の他のアプリケーションに拡張すると共に、他のアプリケーションのエクスペリエンスの一部を Yammer でも利用できるように尽力しています。 昨秋、Yammer が近日中に Office…


Office 365 の 1 月の最新情報まとめ:OneDrive、アクティビティ フィードなどの機能更新を発表

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in January—updates to OneDrive, Activity feed and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 皆様、こんにちは! 今年も Office チームをよろしくお願いいたします。Office チームでは 2017 年の幕開けとして、OneDrive、Office アプリのアクティビティ フィード、Microsoft StaffHub といったさまざまな機能の更新を発表しました。この記事ではその詳細についてご説明したいと思います。 OneDrive for Business の機能更新 今回、OneDrive に対して複数の機能更新を行いました。これらは企業ユーザーの皆様を対象としたものになります。まず、SharePoint Online チーム サイトと OneDrive for Business の共有フォルダーを最新のクライアントを使用して同期できるようにしました。これにより、ユーザーの皆様が共有ドキュメントにさらに簡単にアクセスできるようになりました。また、Web での共有操作をよりシンプルなものにし、共有アクセス権の範囲や期間を簡単に指定できるようにしました。さらに、IT 部門の皆様が展開作業や管理業務をより簡単に行えるように、新たに…


Office 365 Advanced Threat Protection の機能強化 – URL デトネーションと動的配信機能

(この記事は 2017 年 1 月 25 日に Office Blogs に投稿された記事 Evolving Office 365 Advanced Threat Protection with URL Detonation and Dynamic Delivery の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトが開発した Office 365 Advanced Threat Protection は、生産性を損なわずにメールを保護する、他に類を見ないセキュリティ ソリューションです。現代の脅威は、日々増大し巧妙に進化しています。Advanced Threat Protection は強力な保護対策により、こういった脅威からお客様の組織を守ります。たとえば、安全なリンク機能はクリック時に実行される保護対策で、ユーザーが悪意のあるリンクを開いてアクセスしてしまうのを防ぎます。また、安全な添付ファイル機能により、メールに添付された悪意のあるファイルを開かないようにすることもできます。さらに今回、新たに 2 つの機能を皆様にお届けできることになりました。URL デトネーションと動的配信機能です。これらの機能の追加で Advanced Threat Protection のセキュリティ保護がいっそう強化されるだけでなく、ユーザーの生産性も維持されます。 URL デトネーションの一般提供の開始 URL デトネーションは、悪意のある URL のリンク先ファイルを通じてユーザーが脅威に感染するのを防ぐ機能です。 PDF ファイルへの悪意のあるリンクを含んだメール ユーザーがメールを受信すると、そこに含まれる URL を Advanced Threat Protection…


クラウドベースのメール ソリューションで時間を節約する 5 つの方法

(この記事は 2016 年 12 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 5 ways a cloud-based email solution saves you time の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) ビジネスのコミュニケーション手段として最もよく使われているのはメールです。これは今後も変わらないでしょう。主要なコミュニケーション手段であるメールをうまく利用して、ビジネスの成功につなげていく必要があります。そこで今回は、IT 部門とユーザー向けに、クラウドベースのメールを活用して時間を節約できる方法をご紹介します。 その 1. ハードウェアの数、ソリューションのメンテナンス頻度を抑える メールをクラウドに移行すると、オンサイト サーバーを管理する手間が省けます。さらに、クラウドではソフトウェアが自動的に更新されるため、メンテナンスによるダウンタイムが大幅に削減される、またはダウンタイムそのものがなくなります。オンプレミスでハードウェアを維持する必要がないので、IT チームはより多くの時間を他のプロジェクトに充てられるようになります。 その 2. ダウンタイムのコストを削減 メール システムがダウンすると、あらゆる面でコストがかかります。オンサイトのメール ソリューションは、更新、拡張、その他の作業によりダウンタイムの発生する可能性が高くなります。Ponemon Institute の調査によると、予期しないダウンタイムによるコストは 2016 年だけで 25 億ドルにも達しており、2010 年と比較して 2 倍以上になっています。Ponemon Institute によれば、ダウンタイム発生時の最大のコスト要因は、業務の中断、収益の低下、従業員の生産性の低下です。 メールの価値を高める クラウドベースのメールを採用している企業は、自動化および標準化システムによって大きな利益を上げています。また、IT 部門ではダウンタイム発生の抑制と最新のセキュリティ機能の導入に力を入れています。なぜメールをクラウドに移行する必要があるのか、こちらの電子ブックでご確認ください。 電子ブックを入手 (英語) その 3. シームレスな統合で効率アップ 処理速度の遅いサーバーや複雑な統合プロセスは悩みの種です。統合メール ソリューションなら、社員の時間と労力を費やす必要はありません。クラウドベースのメールは、アプリケーションの配信がスピーディで、ビジネス…


OneDrive に共同作業とファイル管理の新機能が登場

(この記事は 2017 年 1 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 OneDrive brings new file collaboration and management features to the enterprise の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 編集メモ 2017 年 1 月 27 日: この記事は更新されています。最新の OneDrive 同期クライアントと SharePoint Online ドキュメント ライブラリを同期する際、Office 365 管理者がユーザーを明示的に有効化する必要がある旨が追記されました。下記の FAQ でその他の質問と併せてご確認ください。 今日のデジタル ワークプレースでは、生成されるコンテンツ量が急速に増え、共同作業を行うメンバーも日々異なります。このような環境で生産性を維持するためには、場所やデバイスを問わず、組織内外のチームのファイルに簡単にアクセスして共同作業を行えるようにすることが重要です。 このたび、新たにいくつかの機能が OneDrive for Business に追加され、Office 365 のすべてのファイルの同期、共有、共同作業がこれまで以上に簡単になりました。 これらの新機能をご紹介します。 場所や時間を問わず、すべてのファイルを Windows PC や Mac…


FastTrack のサービス拡大に伴う Windows 10、Dynamics 365、Microsoft Teams のサポート

(この記事は 2017 年 1 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 FastTrack expands to support Windows 10, Dynamics 365 and Microsoft Teams の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office マーケティング担当シニア ディレクターを務める Cyril Belikoff の記事をご紹介します。 当初、Office 365 のお客様向けに 1 回限りのオンボーディング特典として提供されていた Microsoft FastTrack は、この 18 か月間でお客様を成功に導くサービスとして急速に進化を遂げ、企業のお客様による Office 365 や Enterprise Mobility + Security (EMS) のオンボーディングとユーザーへの普及を支援しています。 今回は、Office 365 FastTrack の複数のサービス強化と、Windows 10 FastTrack (英語) および…


FastTrack とパートナーの連携により、クラウド導入を加速

(この記事は 2017 年 1 月 19 日に Office Blogs に投稿された記事 FastTrack collaborating with partners to reach thousands of customers each month の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、マイクロソフト Office パートナー マーケティング チームのマネージング ディレクターを務める Parri Munsell 氏の記事をご紹介します。 Microsoft FastTrack は、Office 365 を使って、より短期間でビジネス価値を実現できるようにサポートする、マイクロソフトの顧客支援サービスです。2017 年、マイクロソフト認定パートナーとタッグを組んだ FastTrack は、これまでにないスピードで広まっています。実際に、毎月 4,000 以上の新規のお客様の導入サポートを実現しています。 FastTrack とマイクロソフト認定パートナーの両サポートを積極的に利用しているお客様ほどスピーディに Office 365 の導入を完了し、ソフトウェア投資から最大限の価値を引き出していることがわかっています。FastTrack では、データ移行、サービスのプロビジョニング、ビジネス目標達成に向けた Office 365 の有効活用を支援します。一方、マイクロソフト パートナーは、FastTrack のサービスをオンサイト サポートでバックアップすると同時に、変更管理に関するコンサルティング、ローカル環境分析、クラウドへの移行に伴う問題の事前回避などの付加価値も提供します。関係者との長期間にわたる協力関係により、これまで以上に多くの価値を組織全体から引き出すことができます。 NGA Human…


サイロ化を解消: ツールを活用してコミュニケーションや共同作業を強化

(この記事は 2017 年 1 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Breaking down silos—tools for better communication and collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 現代では、かつてないほど働き方や働く場所が多様化しています。2015 年の調査では、労働者の 37% (英語) が何かしらの在宅勤務を経験しており、多くの企業は世界の複数拠点で多国間の提携関係を結んでいます。地理的に離れているだけでなく、同じ企業内でもプロジェクトや部門によってチームが分かれています。こうした壁がコミュニケーションのサイロ化を促し、分断を深め、チームワークや共同作業を阻む要因となっています。 サイロ化は、ビジネスに重大な (かつ有害な) 影響をもたらします。チーム間に壁ができると、組織全体のコミュニケーションが損なわれることも多く、企業全体にも次のような影響があります。 コミュニケーションを妨げ、企業文化を阻害する: チームがサイロ化すると、結果的に企業文化の形成が阻まれます。社員が求めるものは、コミュニケーション、共同作業、そして活気ある職場環境です。だれもが、自分らしく楽しく働きたい、チームの一員として働きたいと考えています。事実、労働者の 47% (英語) が、職場環境について同僚と意見を交わすことで、やる気が高まっています。 重複作業が生じる: 自分が行った作業を別のだれか (別のチームや他部署のメンバーなど) が行っていたり、複数の人間が同じ情報を探したりするのはとても非効率です。他チームのプロジェクトについて何も知らないと、ビジネスの生産性に深刻な影響を及ぼしかねません。 必要とする人に情報が届かない: マネージャーなどの管理職は、平均約 20% (英語) を社内情報の検索や特定業務に詳しい人を探すのに費やしています。 サイロ化を解消しアイデアを共有できるようにする手段として、コミュニケーション ツールが効果的です。その活用方法をご紹介します。 ファイル管理やストレージを効率化する チームや部署、ツールやデバイスにかかわらず、ファイルをシームレスに共有することが重要です。緊密に統合されたツール スイートやプラットフォームを利用することで、組織全体で人、コンテンツ、業務アプリをしっかりと連携させることができます。ツールの 1 つとしてチーム サイトを活用すると、ドキュメントの作成、情報の保管、プロジェクトの管理などを共同で実施できます。これにより、チーム間のドキュメントの共有や編集がリアルタイムで行えるようになり、さまざまなレベルで共同作業を進められるほか、あらゆるドキュメントをすぐに見つけられる保管場所として利用することができます。 生産性を向上させるには、あらゆる場所からチーム サイトにアクセスし、情報を安全に利用し、遠隔地やモバイル デバイスでも共同作業ができるようにすることが必要です。 今日の 社員の 5…


Microsoft StaffHub のご紹介

(この記事は 2017 年 1 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft StaffHub is here! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 小売店、ホテル、レストラン、製造業など、サービス関連業界の現場で働く人々の数は、全世界で約 5 億人と言われています。このような従業員は通常、自分のオフィス、デスク、コンピューターを持たないため、1 日の業務において重要な情報にアクセスし、共有することが困難です。また手作業や古いツールを使用している場合が非常に多く、紙のシフト表を作成、印刷したり、掲示板に所狭しとメモを貼り付けたり、相次ぐ電話やテキスト メッセージに対応したりと、シフトの大半を面倒な作業に追われながら過ごしています。Microsoft StaffHub は、このような状況を打破するために誕生しました。 このたび、全世界で Microsoft StaffHub の一般提供が開始されました。Microsoft StaffHub は、従業員が 1 日の業務を管理できるように設計された Office 365 の新しいアプリケーションで、シフト管理、情報の共有、業務に関連する他のアプリやリソースへの接続を可能にします。 シフト管理 Microsoft StaffHub を使用すると、マネージャーはチームのシフト表を簡単に作成、更新、管理できるようになり、手間のかかっていた作業を効率化できます。 従業員は、Microsoft StaffHub モバイル アプリから直接すべてのシフト情報にアクセスすることができ、他の従業員と簡単にシフトを交換する機能も使用できます。今後は、仕事中にわざわざ休憩室に足を運んで、掲示板を確認する必要はありません。 マネージャーは、チームのシフト表を作成、更新、管理できます。 従業員は、モバイル デバイスで今後のシフトをひとめで確認し、他の従業員にシフトの交換を依頼することができます。 アプリのホーム画面には、今後のシフトの概要や、重要なメモが表示されます。また、同じ日にシフトに入っているメンバーを確認することもできます。この機能は、一緒に働く従業員を把握しておきたい場合や、シフトを交換したい場合に便利です。 都合が悪い場合は、簡単にシフトを交換したり、他の従業員にシフトを依頼したりできます。依頼は毎回マネージャーに転送され、その承認を受けた後、チームに最新情報と通知が自動的に送信されます。 情報の共有 Microsoft StaffHub を使用することで、マネージャーはポリシー ドキュメント、緊急の連絡、動画など、重要な情報をチームにすばやく配信できます。また、迅速かつ信頼性の高い方法でチーム メンバーに簡単なメッセージを送信できます。たとえば、従業員に「床に水がこぼれている」や「20 分後に地域担当 GM が到着する」などと通知する場合には、従業員の名前をタップして、メッセージを入力するだけです。従業員も、他の従業員またはワークグループ全体にメッセージを直接送信できます。…


クラウドでの共同作業を成功させる 3 つのテクニック

(この記事は 2017 年 1 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 3 techniques for successful cloud collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)                                         企業がクラウドの共同作業支援ソリューションを導入する目的として、生産性の向上、意思決定の迅速化、売上の増加などが一般的に挙げられます。しかし 2016 Connected Enterprise Report (英語) によると、驚いたことに IT グループの 4 社に 1 社は、クラウドでの共同作業の成果を、ビジネス目標が達成されたかどうかという観点で判断していません。ツールの実装のみで判断し、実際にソリューションがユーザーに活用されているかどうかを把握していないのです。 しかし、実装の有無は共同作業の前提条件にすぎず、それだけで成果を測るのは適切ではありません。従業員が実際にツールを使用していなければ、共同作業支援テクノロジに対する投資を 100% 回収することはできません。そのため、まずはユーザーの導入率を測定する必要があります。 導入促進のためにリソースを投入する価値は十分にあります。同レポートによると、共同作業支援テクノロジを完全に実装および導入した企業では以下のような成果を得られています。 意思決定の迅速化:85% の企業が、共同作業支援テクノロジの導入により、期待以上の成果が得られたと回答しています。 ビジネス プロセスの効率化:79% の企業が、共同作業支援テクノロジの導入により、期待以上の成果が得られたと回答しています。 顧客サービスの改善:86% の企業が、共同作業支援テクノロジの導入により、期待以上の成果が得られたと回答しています。 導入率を上げる 3 つのテクニック 実際に成果を得られたマイクロソフトのお客様の事例から、共同作業支援ツールの導入促進の 3 つのテクニックをご紹介します。企業によって内容は違えど、生産性と敏捷性が向上したという点は共通しています。 使い慣れたインターフェイスを選ぶ: ファッション グループの BCBGMAXAZRIAGROUP (BCBG、英語) では、使い慣れたインターフェイスを選択したことで、導入を無理なく進めることができました。…