SharePoint ロードマップの Access Services に関する更新

(この記事は 2017 年 3 月 27 日に Office Retirement Blog に投稿された記事 Updating the Access Services in SharePoint Roadmap の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) SharePoint の Access Services は当初、インフォメーション ワーカーと開発者の両方が、ほとんどもしくはまったくプログラミングなしで、データ中心型の Web アプリケーションをすばやく作成できるようにするという使命の下に開発されました。しかし、この数年間でお客様のニーズは拡大し、モバイル デバイスのサポート、基幹業務 (LOB) データとの統合、プロフェッショナルな開発者向け拡張機能といった Access Services で提供できる機能を上回る機能が求められるようになりました。 こういった不足している機能を補完する方法を調査した結果、デスクトップとモバイル デバイスでコーディング不要のビジネス ソリューションを作成する方法として、Microsoft PowerApps の開発作業に力を注ぐことが最善であると判断しました。PowerApps は、包括的なアプリケーション開発ツール、カスタム Web API への接続に加えて、SharePoint リスト、SQL Azure データベース、Common Data Service、サードパーティのデータ ソースといった幅広いデータベース オプションを提供します。 Access Services は Office 365 において廃止されるため、今後新規のアプリを作成する場合、この機能の使用は推奨されません。2017 年 6 月に SharePoint Online での Access ベースのアプリの新規作成を終了し、2018…