Windows 8.1 更新プログラムで Windows RT タブレット用の Outlook 2013 RT を提供

(この記事は 2013 年 6 月 5 日に Office News Blog に投稿された記事の翻訳です) 投稿者: Chris Schneider、投稿日: 6 月 5 日 マイクロソフトの Windows 部門で CFO 兼 CMO を務める Tami Reller は、Computex 2013 にて、今年中に無償提供が予定されている Windows 8.1 更新プログラムの一部として、Windows RT タブレット用の Outlook 2013 RT を提供することを発表しました (英語)。これにより、既に Microsoft Surface やマイクロソフトのパートナー製の Windows RT タブレットのお持ちの皆様も、購入を検討されている皆様も、使い慣れた Outlook のツールをまもなく入手して、他のユーザーとのコミュニケーション、連絡先や予定の管理、スピーディな情報検索ができるようになります。 マイクロソフトは常にお客様の声に耳を傾けていますが、その中に、すべての Windows PC およびタブレットで Outlook を活用できるようにしてほしいというご要望がありました。事実、Morgan Stanley…

0

Office for Windows RT

    数か月前、モルガン スタンレー リサーチが将来のタブレット市場に関する研究を行いました。 その中で、 タブレットの購入を検討している人のうち、61パーセントが、購入を検討するうえで、Microsoft Office が最も重要なソフトウェアであると考えているということがわかりました。結局人々は、遊びだけでなく、仕事も満足にできるデバイスを求めているのです。従来、タブレットは、読書をしたり、音楽を聴いたり、映画を見たり、子供たちを楽しませるために最適なデバイスという位置づけでしたが、仕事をしたり、途中まで作成したドキュメントを仕上げるといったようなみなさんのニーズに応えるものではありませんでした。しかし、この度、全ての Windows RT デバイスに、Office 2013 RT のプレビュー版を搭載することになり、それが実現できるようになったのです。もちろん追加料金は必要ありません。   今回の発表は、これまでで一番エキサイティングな発表となりました。 Office 2013 RT は、Word、Excel、 PowerPoint、 OneNote を含む Office を搭載し、タッチ操作や、長時間バッテリー駆動など、タブレットに最適化されています。次期 Office と Windows RT はシームレスに連携しており、機能、携帯性、生産性、そしてひとつのデバイスで遊びも仕事もできるようになっています。    Windows RT を購入したお客様は、数日で、自動的に、Office 2013 RT の最新ビルドを使用することができます。それにはWi-Fi接続が必須となりますが、Windows Update から手動でダウンロードすることも可能です。   日本では、10 月26 日以降順次 Windows RT デバイスが発売されていきますので、いち早く次期Office と Windows の親和性をご体感ください。   Oliver Roll, Office Team 関連Blog:  WindowsRT…

0

Windows RT 版 Office の開発

Posted by Gray Knowlton 9 月 13 日   注記:日本マイクロソフト株式会社より マイクロソフトは先日、Windows RT版 Officeに関するブログをアップデートしました。 以下がその内容となりますが、こちらは日本以外の国に対してのものであり、日本での提供についてはいくつか変更点がございます。製品名は Office RT 2013となり、日本では、他の国では認められていない本製品の商用利用が可能となっています。 エディターズ ノート: ARM プロセッサ向けの Windows (Windows on ARM、略して WOA) が提供されることについては、Steven Sinofsky によって今年 2 月に発表されたとおりです。その際、Steven のブログ記事「ARM プロセッサアーキテクチャ向けの Windows の構築」において、Office に関する次の情報が公開されました。 「WOA には、新しい Microsoft Word、Excel、PowerPoint、および OneNote のデスクトップ版が同梱されます。コードネームで “Office 15” と呼ばれるこれらの Office アプリケーションは、タッチ操作や電力/リソース消費量の削減を強く意識した設計でありながら、ユーザーに十分な機能を提供するものとなっており、ドキュメントの互換性も完全に確保されます」 それから数か月が過ぎ、世の中には、Microsoft が何を出してくるのかについてさまざまな憶測が流れています。そこで今回は、パートナーテスト マネージャーの David Brodsky と開発主幹マネージャーの Josh Pollock…

0