Project Server 2010/2013/2016 の 2016 年 6 月の PU をリリース

(この記事は 2016 年 6 月 14 日に Project Support Blog に投稿された記事 Project Server 2010, 2013 and 2016 June 2016 PU の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このたび、Project 2010/2013/2016 の 2016 年 6 月の更新プログラム (PU) がリリースされました。先月に引き続き、今月も Project 2013/2016 のクライアントの新しい更新パターンに従います。今後の月例更新も同様です。Office クライアントのセキュリティ以外の更新プログラムは第 1 火曜日の 6 月 7 日にリリースされ、Office クライアントのセキュリティ更新プログラムは引き続き第 2 火曜日にリリースされます。現在 PU として配布されていますが、セキュリティと関連せず、かつ、適用が不可欠でない修正に限り、サーバー製品の修正プログラムは Microsoft Update ではなくダウンロード センターから配布されます。また、最新の基準リリース (2016 の初期リリース、2013 SP1、2010 SP2) 以降にリリースされたすべての修正プログラムが累積されたものとなっています。…


Project Server 2013: SQL で英語以外の言語を使用している場合のアップグレードに関する問題

(この記事は 2016 年 6 月 14 日に Project Support Blog に投稿された記事 Project Server 2013: Problems upgrading if your SQL language is not English の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Project Server 2010 から Project Server 2013 への移行に使用する PowerShell のアップグレード スクリプトの不具合対応について、Diana Balan に感謝します。これらの問題については修正要求が寄せられていますが (次回リリースまでの修正を目指します)、今回の記事ではその回避策について説明します。この問題は ConvertTo-SPProjectDatabase コマンドを実行したときに発生するもので、次のようなメッセージが表示されてからしばらくしてエラーが発生します。 ConvertTo-SPProjectDatabase : Action 15.0.10.0 of Microsoft.Office.Project.Server.Upgrade.ReportingDatabaseSequence failed. At line:1 char:1 + ConvertTo-SPProjectDatabase -WebApplication http://<servername> -Dbserver…


Project Online: リソース予約 - タイムフェーズ リソース計画を使用する

(この記事は 2016 年 4 月 14 日に Project Support Blog に投稿された記事 Project Online: Resource Engagements–Working with Time phased Resource Plans の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   ***追記: スクリーンショットはすべて Project Server 2016 のものです。このビルドでは再計算後の数値が若干異なり、平均の単位数を使用しています。Project Online では予想される最大単位数を使用するため、自宅で確認される場合は数値が異なる可能性があります。*** 今回のブログ記事では、Project Online および Project Server 2016 のタイムフェーズ リソース要求の動作と要求の編集によるタイムフェーズの変更について取り上げます。わかりづらいと思いますので、数値と制限について例を挙げて説明します。フィールド ソリューション スペシャリストから「リソース要求への対応で、標準リソースを実際のリソースに置き換える際に丸めエラーがあった」との報告を受け、詳細を説明する必要があると判断しました。リソース予約に馴染みのない方のために説明すると、プロジェクト マネージャーは指定の期間に指定の % 単位または作業時間分のリソースを要求できます。 実際、時間は単位に変換されます。つまり、3 か月間で 200 時間 (h) は 38% の単位数の要求となります。 また、仮予約された作業時間をこのビューに追加したところ、1 か月あたりの時間数が異なっています。これは 1 か月の稼働日数が月によって異なるためで、当然の結果と言えます。Generic1…


Project Server 2010/2013/2016 の 2016 年 1 月の PU をリリース

(この記事は 2016 年 1 月 3 日に Project Support Blog に投稿された記事 Project Server 2010, 2013 and 2016 January 2016 PU Announcement の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先日、Project 2010/2013/2016、Project Server 2010/2013、SharePoint 2010/2013 の各製品向けに 2016 年 1 月の更新プログラム (PU) がリリースされました。現在 PU として配布されていますが、セキュリティ関連や適用の不可欠な修正がない限り、サーバー製品の修正プログラムは Windows Update ではなくダウンロード センターから配布されます。また、最新の基準リリース (2016 の初期リリース、2013 SP1、2010 SP2) 以降にリリースされたすべての修正プログラムが累積されたものとなっています。 今回の PU に関してご不明な点がある場合や展開するにあたって支援が必要な場合は、お気軽にサポート要求をお送りください。 2013 製品の PU は、適切な Service Pack 1 (SP1)…

0

Project Online: SharePoint 2013 ワークフローの調整

(この記事は 2016 年 1 月 13 日に Project Support Blog に投稿された記事 Project Online: SharePoint 2013 Workflow Throttling の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Project Online と SharePoint Online では、さまざまなリソース使用量の段階に応じてサービスの調整が行われます。場合によっては、完全にブロックされることもあります。このトピックの概要については、「SharePoint Online で調整またはブロックを回避する方法」(https://msdn.microsoft.com/JA-JP/library/office/dn889829.aspx) をご覧ください。 今回、新しい SharePoint 2013 の調整メカニズムが追加されました。この調整メカニズムでは、24 時間で 1,000 件の送信要求が作成された場合に、ワークフロー インスタンスが中断されます。ワークフローが中断された場合、ワークフローの状態と共に中断理由が表示されるため、調整に関連した中断かその他の要因による中断かを確認することができます。その後 (インスタンスが作成または再開された時点から) 24 時間後にワークフローを再開できます。 この変更については、「SharePoint Online および Project Online での SharePoint 2013 ワークフローの調整について」(https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3076399) に記載されています。ただし、この記事で挙げられている例は SharePoint 中心のものであるため、今回の変更が Project Online のインスタンスやワークフロー範囲の定義、Project Online 固有のアクティビティにどのように関係するかについて、別のサポート技術情報で補足する予定です。その際には、サンプルもいくつか追加いたします。今回は告知のみで、詳細については後日公開いたします。差しあたって、特に多数の要求が生成されるワークフローでは調整が行われる可能性がある点にご留意ください。  …

0

VBAを利用したVisio 2013 のカスタマイズ - 第5回 VBAカスタマイズ その2

Visioのカスタマイズについてご紹介するビデオシリーズ 第5回 ”VBAカスタマイズその2”を公開しました。 最終回となる今回は、シェイプシートへのアクセスと面積測定マクロのコードについて解説します。   Visual Basic for Applicationsを利用したVisioのカスタマイズ 第1回目 Visio VBAで、できること 第2回目 Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その1 第3回目 Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その2 第4回目 Visio 2013 VBAカスタマイズ その1  第5回目 Visio 2013 VBAカスタマイズ その2<いまここ   [View:https://youtu.be/PwkmgSYFURU:550:0]   本ビデオで紹介しているVisioのカスタマイズについては、隔月開催の無償セミナーを開催していますのでご興味のある方は、事前登録の上ご参加ください。 次回開催予定: 6月25日(木)15時@日本マイクロソフト株式会社 品川本社 Visioカスタマイズ入門 その2 ~VisioのVBA早わかりセミナー~    最新のVisio Pro for Office 365を試してみたい方は、30日間の無料トライアルを是非お試しください。 トライアルは以下のページにある、”無料で今すぐ試用” ボタンからお申込みいただけます。 http://office.microsoft.com/ja-jp/visio/FX103791920.aspx   また、Visioで実現できる様々な機能をビデオでご紹介しておりますのでご利用のヒントとして是非ご活用ください。 http://www.microsoft.com/japan/visio/prodinfo/demo.aspx

0

新しい Power BI への移行について

(この記事は 2015 年 3 月 23 日に Power BI Blogs に投稿された記事 Power BI Transition の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 変更内容 先日、Power BI の製品およびライセンスの変更に関する発表がありました。変更内容は次のとおりです。1) 現在プレビュー版として提供されている新しい機能とユーザー エクスペリエンスが新しいPower BIとして提供されます。2) 料金およびライセンス体系が、一般提供開始時にプレビュー版のものから変更されます。 製品の変更点 現在プレビュー版として提供されている機能とユーザー エクスペリエンスが新たに追加され、Power BI サービスが刷新されます。詳細についてはこちらのページ (英語) をご覧ください。プレビュー期間中、お客様は既存のエクスペリエンスと並行して新しいユーザー エクスペリエンスをお試しになることができますが、一般提供が開始されると移行を求められます。移行時には、新しいユーザー エクスペリエンスを既存の Excel ワークブックに接続するように設定する必要があります。SharePoint Online に保存されている Excel ワークブックを指定するか、ワークブックを Power BI に再度読み込むだけで、簡単に設定することができます。 上記に加えて、Power BI サービスはスタンドアロン サービスに変更され、SharePoint Online の利用が必須ではなくなります。どちらのサブスクリプションをご利用の場合も、Power BI は Office 365 とシームレスに連携します。 なお 現在Office Professional Plus…

0

VBAを利用したVisio 2013 のカスタマイズ - 第4回 VBAカスタマイズ その1

Visioのカスタマイズについてご紹介するビデオシリーズ 第4回 ”VBAカスタマイズその1”を公開しました。 今回はVisio2013 オートメーション、サンプルコードについて解説します。   Visual Basic for Applicationsを利用したVisioのカスタマイズ 第1回目 Visio VBAで、できること 第2回目 Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その1 第3回目 Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その2 第4回目 Visio 2013 VBAカスタマイズ その1 <いまここ 第5回目 Visio 2013 VBAカスタマイズ その2   本ビデオで紹介しているVisioのカスタマイズについては、隔月開催の無償セミナーを開催していますのでご興味のある方は、事前登録の上ご参加ください。 次回開催予定: 4月23日(木)15時@日本マイクロソフト株式会社 品川本社 Visioカスタマイズ入門 その2 ~VisioのVBA早わかりセミナー~ 最新のVisio Pro for Office 365を試してみたい方は、30日間の無料トライアルを是非お試しください。 トライアルは以下のページにある、”無料で今すぐ試用” ボタンからお申込みいただけます。 http://office.microsoft.com/ja-jp/visio/FX103791920.aspx   また、Visioで実現できる様々な機能をビデオでご紹介しておりますのでご利用のヒントとして是非ご活用ください。 http://www.microsoft.com/japan/visio/prodinfo/demo.aspx  

0

VBAを利用したVisio 2013 のカスタマイズ - 第3回Visio 2013カスタマイズの予備知識 その2 -

  Visioのカスタマイズについてご紹介するビデオシリーズ 第3回 ”Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その2”を公開しました。 今回はVisioカスタマイズの要であるシェイプシート、セクション、シェイプシートUIについて解説します。 Visual Basic for Applicationsを利用したVisioのカスタマイズ   第1回目  Visio VBAで、できること 第2回目  Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その1 第3回目  Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その2 <いまここ 第4回目  Visio 2013 VBAカスタマイズ その1 第5回目  Visio 2013 VBAカスタマイズ その2   本ビデオで紹介しているVisioのカスタマイズについては、隔月開催の無償セミナーを開催していますのでご興味のある方は、事前登録の上ご参加ください。Publish 次回開催予定: 4月23日(木)15時@日本マイクロソフト株式会社 品川本社 Visioカスタマイズ入門 その2 ~VisioのVBA早わかりセミナー~ 最新のVisio Pro for Office 365を試してみたい方は、30日間の無料トライアルを是非お試しください。 トライアルは以下のページにある、”無料で今すぐ試用” ボタンからお申込みいただけます。 http://office.microsoft.com/ja-jp/visio/FX103791920.aspx   また、Visioで実現できる様々な機能をビデオでご紹介しておりますのでご利用のヒントとして是非ご活用ください。 http://www.microsoft.com/japan/visio/prodinfo/demo.aspx

0

VBAを利用したVisio 2013 のカスタマイズ -第2回 Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その1-

Visioのカスタマイズについてご紹介するビデオシリーズ 第2回 ”Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その1”を公開しました。 VBAの知識があればすぐに始められる簡単なカスタマイズ方法を、1回5分程でコンパクトにご紹介するビデオの第2弾です。   Visual Basic for Applicationsを利用したVisioのカスタマイズ 第1回目 Visio VBAで、できること 第2回目 Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その1 < いまここ 第3回目 Visio 2013 カスタマイズの予備知識 その2 第4回目 Visio 2013 VBAカスタマイズ その1 第5回目 Visio 2013 VBAカスタマイズ その2     本ビデオで紹介しているVisioのカスタマイズについては、隔月開催の無償セミナーを開催していますのでご興味のある方は、事前登録の上ご参加ください。 次回開催予定: 4月23日(木)15時@日本マイクロソフト株式会社 品川本社 Visioカスタマイズ入門 その2 ~VisioのVBA早わかりセミナー~ 最新のVisio Pro for Office 365を試してみたい方は、30日間の無料トライアルを是非お試しください。 トライアルは以下のページにある、”無料で今すぐ試用” ボタンからお申込みいただけます。 http://office.microsoft.com/ja-jp/visio/FX103791920.aspx   また、Visioで実現できる様々な機能をビデオでご紹介しておりますのでご利用のヒントとして是非ご活用ください。 http://www.microsoft.com/japan/visio/prodinfo/demo.aspx

0