Office for iPad / Office for iPhone – 商用利用に必要なライセンス

「Office がすべてのデバイスで利用可能に」にもありますが、11月7日より国内でも提供開始となりました Office for iPad, Office for iPhone を利用にするにあたっての注意事項を以下に整理いたします。 【Office for iPad / iPhone 利用時に必要となるライセンス】 「Office文書の閲覧」に関しては、個人・商用利用ともに無償でご利用頂けます。 「基本的なOffice文書の作成・編集」を行うためには、個人利用時は Microsoft アカウント(無償)が必要であるのに対し、商用利用時は適切な Office 365 ライセンスが必要となります。 「完全な Office 文書の作成・編集」を行うためには個人・商用利用ともに適切な Office 365 ライセンスが必要で、Office for iPad / Office for iPhoneのプレミアム機能も含めた全ての機能をご利用頂けます。 つまり、商用利用のみに関して言えば、「閲覧」は無償で利用可能、「作成・編集」については全て適切なOffice 365 ライセンスが必要ということになります。 また、法人向け機能としては、OneDrive for Business や、先日発表した「Office 365 でのモバイル デバイス管理機能の概要」が御座います。   【商用利用で作成・編集するために必要となるOffice 365 ライセンス】 Office 365個人向けライセンス Office 365 Solo Office Premium…

0