Office 365 ProPlus 管理者シリーズ: クライアントの展開オプション

 Jeremy_MSFTJul 17 2012, 16:07 P7 | 11 Comments Office 365 ProPlus では、あらゆる規模の企業やデスクトップ サービス アーキテクチャに対応した柔軟なソフトウェア配信オプションが用意されています。ユーザー自身がソフトウェアのインストールを頻繁に行うような小規模企業から、IT 部門が数百ものアプリケーションを各ユーザーにまとめて配信する大規模企業に至るまで、Office 365 ProPlus は、業務プロセスやワークフローに最適な方法でインストールできます。 Office 365 ProPlus をインターネットからインストール ユーザーは、Office 365 ProPlus を自分でインストールした場合、http://www.microsoft.com/ja-jp/office365/online-software.aspx から直接各自の PC に Office をインストールできますが、管理者によってユーザー アカウントが作成された場合には、Office 365 サービスにログインして Office 365 ProPlus をインストールできます。ユーザーが自身でインストールするには、自分の PC のローカル管理者である必要があります。また、常に最新の Office ビルドがインストールされ、自動更新の受信が有効に設定されることになります。 ユーザーがインストールを開始すると、サイズの小さいセットアップ ファイル (約 400 KB) がダウンロードされて、ローカル PC 上で実行されます。ファイル名 (例: Setup.X86.en-us_ProPlusRetail_56f7d927-5bf8-435e-a240-9eaeef2f53c5_.exe) には、インストールパラメーターのほか、Office インストール ファイルを格納したコンテンツ配信ネットワーク…

0

Office 365 ProPlus 管理者シリーズ: Office 365 ProPlus による、互換性問題への対応

 Jeremy_MSFTJul 17 2012, 16:07 P7 | 0 Comments Office 365 ProPlus は、既存の Office ファイルやアドイン、依存関係があるアプリケーション、およびその他のカスタマイズと互換性を持つように設計されています。また、IT 企業が Office プログラムの構成やパフォーマンス、正常性といった特性を維持し、新規バージョンの Office をすみやかに採用できる、新たなツールも提供されます。新しい Office テレメトリ ツールでは、管理者が問題のトラブルシューティングをエンドポイント レベルで迅速に行ったり、Office プログラムを組織で一元的に監視および管理したりすることができます。さらに、並列サポートを利用することで複数のバージョンの Office をインストールできるため、旧バージョンの Office から Office 365 ProPlus への移行に役立つ有効な手段となります。何らかの理由で旧バージョンの Office に依存関係があるときには、いつでもそのバージョンに戻すことができます。 Office テレメトリ Office に新たに導入されたテレメトリ機能は、管理された IT 環境で Office プログラムの正常性を維持するための主要な機能であり、以前のバージョンの Office から移行する際にも役立ちます。テレメトリ情報は Office デスクトップ アプリケーションと統合され、Excel ベースのスプレッドシートである Office テレメトリ ログを使用してアクセスできます。Office テレメトリ ログを使用すると、ソートとフィルタリングが可能な形で Office のイベントについて報告され、これにより…

1

【Microsoft 最新情報】 一般向け次期 Office の日本市場向け価格と予約開始について

日本マイクロソフトは 2013 年第 1 四半期に一般向けに提供開始を予定している次期 Office パッケージ製品についての価格と予約開始を発表します。(注1、注2) 次期 Office パッケージ製品は通常版、アカデミック版に関しては Office 2010 と同じ製品エディションの提供となります。価格の変更はございません。 ● Office Personal 2013  29,800円 (以下全て、税別・参考価格) 家庭での利用に適した基本的なツールが揃ったエディション ● Office Home and Business 2013  34,800円 家庭、学生、個人事業主などの幅広いユーザーに最適なエディション ● Office Professional 2013  59,800 円 家庭でも仕事でも Office を最大限活用したいユーザー向けの最上位のエディション ● Office Professional Academic 2013   28,381 円 学生や教職員向けのエディション なお、次期 Office よりアップグレード優待版の提供を終了致しますが、次期 Office 発売記念企画として、流通会社の協力のもと「Office 発売記念 数量限定 Office Professional 2013 アップグレード優待パッケージ」を数量限定で 35,800 円にて販売します。製品構成については Office Professional…

14

Office 365 ProPlus 管理者シリーズ: Office 365 ProPlus のライセンス認証

 Jeremy_MSFTJul 17 2012, 16:07 P7 | 0 Comments  Office 365 ProPlus のライセンス認証は、企業の Office 365 テナントをプロビジョニングしたユーザーに制限されています。ユーザーは、製品をインストールした後、最初にサインインするときに、インストールのライセンス認証を行うために一度だけサインインするよう Office 365 ProPlus から求められます。   ライセンス認証用のサインイン画面 Office 365 サービスによってライセンス認証が処理されるため、展開作業中にプロダクト キーを入力する必要はなく、キー管理サービス (KMS) も不要です。Office 365 の管理者はライセンス認証の状態を管理して、ユーザーの追加と削除を行うことができます。ユーザーアカウントやライセンス認証状態が変更されると、アプリケーション起動時にその内容がクライアントに表示されるようになっています。アプリケーションではアカウント情報を自動的に確認し、デプロビジョニングされたユーザーに対しては、ユーザーアカウントに Office ライセンスが割り当てられていない旨を通知し、アプリケーションを終了します。   ユーザーに Office ライセンスが提供されていないことを知らせる通知ウィンドウ これにより、個人所有のデバイスを職場に持ち込み、これにソフトウェアを読み込んで仕事に使用するといった、IT 業界での課題となっているコンシューマライゼーションにも対処することができます。自社開発の基幹業務アプリケーションの場合、アプリケーションで社内ファイルへのアクセスをチェックし、必要に応じた対応を行うことが可能です。一方、Office などのサード パーティ製アプリケーションの場合には、企業の個別の状況とは関係なく永続的なライセンス認証が提供されていることが多いため、ライセンスを無効にするのは容易ではありません。IT のコンシューマライゼーションが進む中、企業では原則として雇用期間中に限り、従業員にソフトウェアを貸与するという形をとっています。Office 365 を導入すれば、従業員の退職や、それに伴うサービスのデプロビジョニングによって、その従業員の個人所有デバイスに割り当てられていた Office インストールのライセンス認証を無効にすることができます。 ユーザーがインターネットにアクセスすることなくオフライン状態が続く場合、Office 365 ProPlus では、その後 30 日間はライセンス認証を有効とします。この期間を超えてデスクトップのアプリケーションが使用されずにライセンス認証が無効となった場合は、インターネットおよび Office 365 サービスに接続することで、アプリケーションのライセンス認証を再び有効にすることができます。Office 365 ProPlus…

0

Office 365 ProPlus 管理者シリーズ: ユーザーによる Office 365 ProPlus の利用開始

 Jeremy_MSFTJul 17 2012, 16:07 P7 | 1 Comment  Office 365 ProPlus プレビューでは、ユーザーが企業の新しい Office 365 サイトから直接 Office のデスクトップ アプリケーションをインストールすることができます。現行の Office 365 デスクトップ アプリケーションをセルフインストールするときと同様の手順で行えますが、Office 365 ProPlus プレビューでは、Office のクイック実行に伴うテクノロジ拡張に加えて、効率的なエクスペリエンスを提供することで、新規ユーザーでもすばやく簡単に使用できるようになりました。 今回は、管理者以外のユーザーが Office 365 ProPlus のインストールと個人設定の構成を行う手順を、スクリーンショットと共にご紹介します。   http://www.microsoft.com/ja-jp/office365/online-software.aspx から Office 365 にサインインします。   [Install software and connect it to the cloud (ソフトウェアをインストールしてクラウドに接続する)] タイルをクリックします。   次に、[The latest version of Office (最新バージョンの…

0

新しい Office 企業向け Volume License 提供開始

12月1日より、Office 2013, Exchange 2013, Lync 2013, SharePoint 2013, Project 2013, Visio 2013 といった製品のオンプレミス エディションがボリュームライセンスで提供開始されました。 店頭やオンラインストアでの一般提供開始は、来年第1四半期の販売開始を予定しております。 新しいOffice は、様々なデバイスへの対応やサービスの連携強化により、ビジネスユーザーの生産性を大きく向上させる統合的な製品群です。 7月のCustomerPreview の提供開始から10月の開発完了に至るまで、皆様からたくさんの貴重なフィードバックを頂戴し製品に反映させてきました。 以下は新しいOfficeの代表的な特徴です。 –       様々なデバイスに対応し、タッチ、ペン、マウス、キーボードをスムーズに切り替えて利用でき、モバイルでの生産性を大きく高めます。 –       ソーシャルに対応し、人々、ドキュメント、ディスカッションの情報をリアルタイムで把握できるとともに、高解像度のビデオ会議を活用し、ノートやホワイトボードを共有して簡単に会議、情報共有を行えます。 –       データ損失防止、コンプライアンスマネジメント、マルウェア対策の機能をさらに強化するとともに、オンプレミス、クラウドを問わず、お客様のビジネスニーズに応じて柔軟な展開手法を提供します。 –       クラウドサービスとの連携により、自分のドキュメント、カスタマイズしたOfficeに、いつでもどこからでもアクセスできます。  新しい Office の購入、検証、更なる情報をお知りになりたい方は、日本マイクロソフトの営業担当者、もしくは販売パートナー様までお知らせください。 新しいクラウドサービス (Office 365) は来年第1四半期に提供予定です。 引き続き、CustomerPreview で体験ください。    日本マイクロソフト Office ビジネス本部

0

Excel 2013 にグラフを挿入する

Posted by Diego M. Oppenheimer9 月 27 日 これは、Office Graphis チームのプログラムマネージャー、Nick Chiang のブログ投稿です。 Scott がグラフ作成の概要に関する投稿で書いているように、ユーザーはデータに適したグラフの種類を選び出すのにいつも苦労します。使用できるグラフの種類と作業対象のデータの種類についてよく理解していないために、データを表すグラフの選択に四苦八苦するユーザーは少なくありません。そして、ついつい自分がよく知っているグラフを選んでしまいがちです。さらに悪いことに、データを正確に表せないグラフを選び、事実をねじ曲げて伝えてしまうこともあります。そこで、Excel 2013 では、データ視覚化への取り組みの一環として、グラフの作成プロセスを簡素化し、データに適した見栄えのするグラフをユーザーがすばやく簡単に作成できるようにすることに注力しました。   まず、[挿入] リボンが向上し、新しい [おすすめグラフ] ボタンが追加されました。この新しい “おすすめ” 機能により、選択したデータをベースにアルゴリズムによって生成された各種グラフの一覧が表示されます。このアルゴリズムはさまざまなデータ配置パターンを探すことで、最適なグラフの種類の一覧を見つけ出します。以前のバージョンの Excel では、この時点でグラフを挿入し、データがどのようにプロットされるかを確認する必要がありました。Excel 2013 では、対象のデータが含まれるグラフのリアルタイム プレビューが表示されます。これにより、確実に正しい判断を下すことができます。どのように出力されるかを推測する必要はありません。この機能は、新しい [グラフの挿入] ダイアログと、クイック分析機能の両方で利用できます (この機能については、後で別のブログ投稿で説明します)。ここでは、このおすすめグラフの機能と、新しい [グラフの挿入] ダイアログおよびクイック分析機能について、いくつか例を挙げながら見ていきましょう (これらの例は、この投稿の最後に添付されているファイルから入手できます)。   例1 – データについて理解する   これは、過去の冬季オリンピックの統計が含まれる非常にシンプルな表です。このデータセットを選択し、[おすすめグラフ] ボタンをクリックすると、新しい [グラフの挿入] ダイアログが表示されます。   このアルゴリズムは、データセットを見て最初の行が年を示していると判断し、最もお勧めするグラフとして折れ線グラフを提示しています (折れ線グラフは、時間経過に沿った変化を表すのに適しています)。ここには、他のグラフの種類も便利なおすすめグラフとして提示されており、同じデータが他のグラフフォームでも表示されています。   例 2 – さまざまな方法でデータをマップする   この例では、基本的な数式をプロットする値があります。今回はクイック分析機能を使ってみましょう。データを選択すると、選択内容の右下隅に新しいアイコンがポップアップ表示されるのがわかります。このアイコンをクリックすると、クイック分析機能が表示されます。  …

0

Outlook 2013 で電子メールにすばやく対応

Posted by Outlook チーム9 月 27 日 前回執筆した記事では、Outlook 2013 でメッセージ一覧の外観に変更を加えたことについてお話ししました。今回は、電子メールに対する操作を従来よりも手早く実行できるようにした点についてご紹介します。   操作効率の最適化 私たちが新しいメッセージ一覧を設計するにあたり、電子メールを「読む」作業を大半のユーザーがどのように行うかを重要視したことは、前回述べたとおりです(英語)。しかし、ユーザーは「読む」だけではありません。受信したメッセージに「対応する」という作業も同じくらい重要です。そこで私たちはデータ分析を行い、メッセージ一覧の電子メールに対してユーザーが何を実行するのかを、できるだけ詳しく調べました。 まず、圧倒的によく実行される操作は「削除」でした。すべての対応操作のうち、実に約 4 分の 3 が削除操作です。これはキーボードで行われることが多いのですが、マウスを使うユーザーはリボンのところまでマウス ポインターを動かしていました。そこで、最新版の Outlook ではメッセージ一覧内に削除ボタンを配置し、個々のメッセージにポインターを重ねてワンクリックするだけで削除ができるようにしました。削除の前にメッセージを選択する必要さえありません。   ご存じのとおり、Outlook のメッセージ一覧には以前から「フラグ」と分類ボタンが付いています。フラグを使ってメッセージにマークを付けるという操作はきわめて一般的ですが、調査の結果、分類機能は大半のユーザーにとって、むしろ邪魔になっていることがわかりました。そもそも、分類ボタンなど一度もクリックしたことがないというユーザーがほとんどだったのです。それではスペースがもったいないので、最新版では、クイッククリックの分類ボタンを取り除きました。電子メールを分類するときは、リボン、右クリック メニュー、またはクイック操作から実行できます。もちろん、適用した分類は一覧に表示されるので、分類をお使いの方もご心配には及びません。   また、前回の記事では「未読」ステータスの重要性についても触れました。大切な情報や実施項目を見落とさないために「未読」ステータスを使うユーザーが多いということが、皆さんからのフィードバックでわかったのです。最新版では、未読と開封済みをワンクリックで切り替えることができ、受信トレイ内で目立たせておきたい項目を指定しやすくなりました。意外と「この機能が欲しかった!」と思っていただけるかもしれないので、使ってみてください。   タッチ対応と 1 行表示 Windows 8 搭載機種などのタッチスクリーン デバイスで Outlook を使う場合、メッセージ一覧には、削除ボタン、フラグ、未読にするボタンが表示されません。ユーザーの操作のしかたがマウスとタッチとでは大きく違うので、私たちも、一方で便利なものが他方でも便利とは限らないという点にすぐ気がついたのです。Outlook のタッチ デバイス向け最適化については、以前の記事で少しご紹介しましたので、あわせてご覧ください。   メッセージ一覧の設計見直しにあたっては、マルチライン表示についても変更を加えました。多くのユーザーの目に留まる部分なので言及しておきますが、閲覧ウィンドウを下部に表示しているかどうかによって、メッセージ一覧の表示が、以上の説明とは少し違ってくる場合があります。記事の内容と必ずしも一致しない部分については、改良の一環ですのでご了承ください。   — Josh Meisels (Outlook プログラム マネージャー)

1

Access 2013 で外部データを活用する

Posted by Andrew Stegmaier9 月 25 日 この記事は Access チームのプログラムマネージャー、Gary Devendorf が執筆しました。添付されている動画で説明を行なっているのは、同じくプログラムマネージャーの Doug Taylor です。 Access 2013 を利用する最大のメリットは、データ中心のビジネスアプリケーションを Web 上に構築できることにあります。多くの場合、普段よく利用するデータ、たとえば顧客リスト、製品一覧表、従来の Access データベースなどは、既にローカルに存在しています。それでは、どのようにすればそれらのデータを Access Web アプリケーションに取り込めるのでしょうか。レコードを 1 つずつコピーしようとすれば、明らかにいくら時間があっても足りません。データ インポート機能が時間節約に大いに貢献できるのは、まさにこういう場面です。 ★Movie (https://www.youtube.com/watch?v=938t0ZL8ogk&feature=player_embedded)がここに入ります★ Access 2013 の Web データベースでは、さまざまなソースからデータをインポートする機能がサポートされています。ご使用の Access の Web データベースを開き、リボンの [テーブル] をクリックして、オプションをチェックしてみてください。そこでは、[既存のソースからテーブルを作成する] の下から、Excel、SQL Server、SharePoint、および Access の旧バージョンなど、さまざまなオプションを選択できることにお気付きになるでしょう。   データのインポートは、1 つのソースから別の場所にデータをコピーするだけの単純な処理ではありません。たとえば、既存の Access データベースからのインポートでは、テーブル定義、リレーションシップ、およびビューに関するデータなども取り込めまれるため、インポートされたデータをすぐにインタラクティブに活用できます。 Excel ファイルやテキスト ファイルのように、既存データのソースが構造化されていないデータの場合、Access を活用すればデータのクリーンアップと正規化が楽になります。次の図のような Excel…

0

Visio Services で図を共有する

Posted by Jennifer Cherwinka9 月 18 日   新しい Visio には、今風のアプリ外観、新しいテーマ、プロ級の図を作成する際に使用する図形、複数の作成者やレビュー担当者と共同作業を行う手段など、新しい機能が多数用意されています。また、同僚や友だちとの図の共有も一段と行いやすくなりました。共有相手が Visio を持っていなくてもかまいません。ここで Visio Services の出番です。Visio Services を使用すると、SharePoint または Office 365 を使用して、最新のデータを使って見栄えのする図を共有することができます。   発行せずに図の体裁を維持 Visio Services は Microsoft SharePoint および O365 に組み込まれており、Visio 図をすばやく簡単に利用できるようにします。ドキュメントを SharePoint とブラウザーに保存しさえすればいいのです。Visio クライアントは必要ありません。テーマ、カラー エフェクトなどの図の体裁はすべて、Visio クライアントと同じように保たれます。Visio 2010 を使ったことがある方は、特別な Web 形式 (.VDW) に発行しなければ図を表示できなかったことを思い出すでしょう。もう、その必要はありません。Visio Services は、新しいネイティブ Visio ファイル形式(.VSDX) で動くので、SharePoint に保存したドキュメントすべてが表示可能です。発行の必要はありません (なお、Visio Services では、既存の .VDW ファイルも引き続きサポートされます)。…

0