毎日当たる! 新しい Office 発売記念 「1 日 1 台 PC プレゼント キャンペーン」

2 月 7 日に新しい Office のパッケージ版が発売となりました。 Microsoft では新しい Office 発売記念としまして「1 日 1 台 PC プレゼント キャンペーン」を実施いたします。   新しい Office 搭載 Windows 8 PC が 1 日 1 台、抽選で必ず誰かに当たります。 気になる PC のラインナップは、SONY VAIO、NEC Lavie、TOSHIBA dynabook、FUJITSU FMV LIFEBOOK など最新機種です。 ※掲載イメージと実際の商品は多少異なる場合があります。 ※PC 詳細はキャンペーン ページをご覧ください。 キャンペーンへのご応募は「いいね」と応募フォームへのご登録だけ。 キャンペーン ページに行き、Facebook [いいね]をクリック。 お持ちの Microsoft アカウントで応募フォームにご登録。 ※   ご応募は 1 日1 回。はずれても次の日にチャレンジできます。   毎日応募できる、最新…

1

Office 365 クイック実行のカスタマイズ方法

2013 年 1 月 21 日 Posted by PattyN_ 概要: この記事は、Office 365 クイック実行をカスタマイズする方法の要約です。また、AppLocker および AppHelp を使用してアプリケーションレベルでのカスタマイズを実現する方法についても説明します。 クイック実行は、Office クライアント製品をダウンロードして使用し始める際の所要時間を大幅に短縮するために作られた、一種のストリーミングおよび仮想化技術です。クイック実行の対応製品はストリーミング技術を利用して提供され、ダウンロードが完了するのを待たずに実行できます。 Office 365 クイック実行製品の基盤になっているのは、Microsoft アプリケーション仮想化 (App-V) テクノロジーの中核的な仮想化およびストリーミング技術です。クイック実行のリソースは、ローカル OS 上の隔離された仮想環境内で動作します。 Office 365 ProPlus の社内配備のために Office 365 クイック実行のインストール設定をカスタマイズする作業は、Office 365 にサイン アップした管理者が Office 展開ツールを使用して実行できます。Office 展開ツールは、Microsoft ダウンロード センターで入手可能です。Office 365 クイック実行のインストールのカスタマイズは、Office 展開ツールを実行し、カスタマイズした Configuration.xml 構成ファイルを指定することで行います。構成ファイルのオプション プロパティで指定した処理が、Office 展開ツールによって実行されます。 クイック実行のインストールに関しては、以下のオプションを Configuration.xml ファイルで指定できます。 インストールまたは削除する製品および言語 インストール元のパス ユーザー インターフェイスの表示レベル…

0

【企業向けクラウドサービス Office 365 最新情報 2013/2/7】新しいOffice 365 の提供開始日について

日本マイクロソフト株式会社は、2013 年 2 月 27 日 (米国時間) より、新しい Office 365 のサービス提供を開始いたします。オンラインからのサインアップは2月27日 (米国時間) 、ボリュームライセンスでの購入は3月1日 (日本時間) より開始されます。 新しいOffice 365は、Officeクライアントのクラウドからの配信を実現し、完全なクラウドサービスへと進化します。ソーシャル機能を大幅に進化させ、従来から提供していたメール、オンライン会議などの機能とともに、ワークスタイル変革を推進し、競争力向上に貢献します。  様々な規模の組織に最適化された複数のエディションがリリースされ、それらすべてにクラウド化されたOffice クライアントが含まれます。    (企業向けクラウドサービス 主要エディション) 1.  Office 365 ProPlus インターネットに接続したPC(Windows 7以降)から、Office のあらゆる機能をクライアントアプリケーションとして利用できます。このバージョンには Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access、Lync、InfoPath が含まれます。さらに、クラウド上のポータルサイトから、インストールされているデバイス一覧の管理が可能です。旧バージョン Office との並列インストールや、IT 統制を実現することも可能です。 2. Office 365 Small Business IT担当者のいない従業員 10 名までの企業に最適です。企業用電子メール、複数人でのHDビデオ会議、公開用Webサイト、クラウド上の共有ドキュメントストレージが利用できます。上位のエディションである Office 365 Small Business Premium には Office365 ProPlusも含まれます。 3. Office 365 Midsize Business…

6

【新製品情報】 新 Office を2月7日より一般・個人向けに発売開始

本日、新しい Office を搭載した Windows 8 PC と新しい Office のパッケージ製品が発売となりました。 PCでも、タブレットでも、新しい Office なら使うデバイスを選びません。 便利な機能の数々はタッチ操作にしっかり対応しているので、自宅で書いた文書の続きを外出先で書き上げる、そんな自由を与えてくれます。 美しく進化した操作画面を、ぜひ体験してください。   ・ Office に関する詳しい情報はこちら ・ Office Home and Business 2013 60日間 試用版はこちら   また発売を記念して、1 日 1 台 Office 搭載 Windows 8 PC が当たる大キャンペーンをスタートします。キャンペーン期間中、毎日必ず誰かにPCが当たりますので、お気に入りのPCをお見逃しなく。 ・ キャンペーンに関する詳しい情報はこちら

0

Office トレーニング ビデオ

マイクロソフト認定トレーナーが Office を解説。無料のトレーニングビデオ 22 本を公開中   Office トレーニング ビデオ では、Office の各アプリケーションの基本操作から新しい Office の変更点まで、全 22 本のビデオを公開中です。   新しい Office の機能と使いこなすためのポイントを、マイクロソフト認定トレーナーがデモを交えて丁寧に解説します。もちろん視聴は無料です。   Office プレビュー をインストール済みの方は、ビデオを見ながら新しい Office の操作をお試しください。   Office の各種機能と使いこなすポイント  ・Office の基本 ・クラウドから Office を配信 ・タッチで使う Office   ・Word の基本操作 ・読みやすさの向上 ・共有機能の強化 ・視覚化機能の強化   ・Excel の基本操作 ・便利な分析機能 ~瞬時に分析~ ・便利な分析機能 ~視覚的に分析~ ・パワービューの活用   ・PowerPoint の基本操作 ・デザイン機能の強化 ・校閲機能の強化 ・発表者ビューの強化    ・Outlook…

1

【MVP Blog】 新しい Office + SkyDrive でライフスタイル革新

本記事は Microsoft MVP (Most Valuable Professional) アワード受賞者によって執筆されました。   小林 佳和 / Microsoft MVP for Lync USBメモリより手軽:抜き差しも、USBメモリ手渡しも不要 SkyDriveは、Office からも、Windows 8 からも自然に使えるクラウド上のサービスです。 図1では、Officeで書いた文書を、SkyDrive へ保存し、それを Windows 8 からアクセスしようとしています。 わざわざWEBをアクセスして SkyDrive を開くような操作は不要で、Office アプリの保存の作業のままで保存できます。   <図1 SkyDrive への保存と活用> 複数のPCでファイルを渡して作業するのに、USBメモリを使うシーンが便利でよく使われていました。それよりも簡単で、USBメモリの抜き差しも、エクスプローラを開いて、ドラグアンドドロップなども不要。PCにファイルを保存する作業のままで済む手軽さがメリットです。 また、Windows 8 も画面最初から自然と、SkyDrive が使えています。PCをまたがる個人の活用や、仲間での活用でも、この手軽さは素晴らしいものです。SkyDrive がメリットをもたらす範囲は、パソコン間だけではありません。現在普及がすすんでいる、スマートフォン、タブレットへも貢献します。 USBメモリで、スマートフォンにファイルを渡しても閲覧できません。しかし、SkyDrive を使うと閲覧できてしまいます。これは、「USBメモリ以上にお手軽」です。USBメモリで出来ないことまで、できるのですから。  実際にスマートフォンとタブレットからアクセスした例が図2です。 <図2 スマートフオンとタブレットからのOffice文書アクセス例> 図2の上段では、スマートフオンで閲覧ができている例です。ファイルを選択すると、Word ならWord 、PowerPoint なら PowerPoint 、Excel なら Excel で開かれて、閲覧できます。下段はタブレットでのアクセス例です。タブレット向けの SkyDrive の最新版ではアクセスをWEBからして、WEB内の閲覧をPCモードにすると簡単な編集まで出来ることが、この図から解ります。  手軽な個人利用と共有利用の使い分け このファイル共有や閲覧での作業は、個人を超えて提供されます。手軽なUSBメモリのシーンを再度思い出してみましょう、USBメモリですと、わざわざそのUSBメモリを相手に渡すことが必要です。 しかし、SkyDriveでは、 ・場所が離れていても ・他の人へ即時に…

1

Office クイック ガイド

新しい Office で知っておきたい機能を 1 枚にまとめました。Office クイック ガイド   新しい Office を使用する際に、まずこれだけは知っておきたいという機能を 1 枚資料にまとめて提供しています。このクイック ガイドを印刷して手元に置けば、操作に迷ったときにすぐ参照でき便利です。   今回はクイック ガイドでわかる Office の基本機能の一部をご紹介します。   ・クイック アクセス ツールバーをカスタマイズするには ・リボンをカスタマイズするには ・ドキュメントをクラウドに保存するには   ・オンライン上から画像やビデオを挿入するには ・コメントを切り替えるには ・用紙の余白やサイズを設定するには   ・表のデータを抽出するには ・表のデータを効率よく分析するには ・データの傾向を視覚的に表示するには   その他に、PowerPoint 2013、Outlook 2013、OneNote 2013 のクイックガイドも公開中です。困ったときの確認や基本機能の勉強に Office クイック ガイドをご活用ください。

0

【イベント情報】2/6 20:00~ 新 Office 発売記念 前夜祭

    「新しい Office」の発売を記念して、東京・六本木「ニコファーレ」にて発売イベントを開催します。 当日は、スペシャル ゲストを迎え、新しい Office の全貌をご紹介するとともに、楽しい催し物も盛りだくさん! 会場には最新テクノロジを搭載した Windows 8 パソコンの新モデルを一同に展示し、今話題のタッチパネル PC もご覧いただけます。 また、「新しい Office」を搭載した最新モデルのWindows 8 パソコンが当たる豪華抽選も実施します。  本イベントへ、先着 150 名様をご招待します。定員はお申し込み順となりますのでふるってご応募ください。 また、本イベントにご参加いただけなかった方も、当日こちらからオンラインにて視聴いただけます。事前にタイムシフト予約をしておくことおすすめしますが、当日視聴者の方にもパソコンが当たるキャンペーンを実施しますので、是非生放送でお楽しみください。 皆様のご来場、ご視聴、心よりお待ちしております!  日時:2013年 2 月 6 日(水) 開場 19:45 開演 20:00 イベントへのお申し込みはこちらから。 http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013event/default.aspx

2

【MVP Blog】 Excel 2013 の魅力を徹底解明

本記事は Microsoft MVP (Most Valuable Professional) アワード受賞者によって執筆されました。     井ノ上陽一 / Microsoft MVP for Excel セミナーや書籍、ブログ等でいただくフィードバックによると、グラフやピボットテーブルといった【データ分析スキル】は意外と使われていません。 「使ってみたいけど、何を作ればいいかわからない」 「どう使えばいいかイメージできない」 という声が理由として挙げられます。 データを入力して表を作る、計算するという基本的な機能に加え、「データを分析する」ことができれば Excel をより活用できます。   新しい Excel、Excel 2013 は初心者にも直感的でわかりやすい操作が導入されました。これにより、グラフやピボットテーブルなど【データ分析スキル】が使いやすくなったのです。   Excel 2013 の新機能をご紹介します。 例として日付、商品、担当、店舗別の販売データを分析してみましょう。 このままだと数字だらけの表で比較するのが難しいです。 自分でもわからないでしょうし、これをレポートとして上司や取引先に報告することもできません。     ・クイック分析 このデータを分析するために、新しい機能[クイック分析]を使います。 データを選択すると、次のような[クイック分析]というボタンが表示されますので、クリックしてみてください。 すると、様々な分析ツールが表示され、それぞれにマウスのカーソルをあてるだけで結果を表示してくれます。   ○書式(データバー) 数値がセル内にバーで表示されます。 ぱっと見て、売上が多いデータがわかるようになりますので、自分でのチェックやそのままプレゼン資料としても使えます。   ○書式(カラースケール) こちらは色の違いで数値の大きさを表現するものです。   ○グラフ [グラフ]を選択すると、様々なグラフがその場で表示されます。 これまでの Excel では、「こういうグラフを作ろう」とイメージをしてから作る必要がありましたが、Excel 2013 では、マウスをあてるだけで、イメージが表示されます。…

0

Office トレーニング センター

新しい Office トレーニング センターで Office の新機能と使い方をチェック   新しい Office トレーニング センター では、Office の使い方をご理解いただくために役立つコンテンツを公開中です。時間をかけず、手っ取り早く Office の機能をおさえたい方に必見の内容となっています。   Office クイックガイド 新しい Office を使用する際に、知っておきたい機能を 1 枚の資料にまとめています。 印刷してご利用いただけます。   Office トレーニング ビデオ マイクロソフト認定トレーナーが Office の機能についてデモを交えて解説します。新しい Office の機能と操作方法、さらに使いこなすためのポイントが理解できます。   Office 活用 TIPS Office アプリケーションを上手に活用して、作業効率を上げる実用的なテクニック集です。新機能を中心に、Office を活用するヒントを紹介します。   新機能紹介ビデオ 約 2 分の動画で Office アプリケーションの進化を紹介します。よりシンプルになった操作性を動画でご覧ください。   実際の動作確認には Office カスタマー プレビューをぜひご利用ください。ダウンロードは無料です。より使いやすくなった Office をご体験いただけます。

5