Office 365 で最新型のフィッシング攻撃に対抗

(この記事は 2018 年 3 月 7 日に Microsoft Secure Blog に投稿された記事 How Office 365 protects your organization from modern phishing campaigns の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Microsoft 365 セキュリティ担当シニア プロダクト マーケティング マネージャーを務める Debraj Ghosh の記事をご紹介します。 Office 365 に統合された脅威防止スタックのメリットについては、これまでにも折に触れて言及してきましたが、今回の記事では、Office 365 の脅威管理スタックの機能とサービスの組み合わせにより、企業における潜在的なフィッシング攻撃に対する保護、検出、対応を行う方法について詳しくご説明したいと思います。フィッシングとは、資格情報や個人情報 (PII) の収集を目的として設計されたソーシャル エンジニアリング型の攻撃を指す用語です。攻撃者は、さまざまな戦略を使って、受信者に正規の送信元からのメールだと信じ込ませようとします。フィッシング詐欺メールは、緊急の用件であるかのように装い、受信者にメールに記載された行動を取らせるものが一般的です。フィッシング詐欺メールには、以下のようにさまざまな形式のものが存在します。 スプーフィング: 送信ドメインが正規の企業と一致するメール なりすまし: 特定のユーザー、ドメイン、ブランドから送信されたように見せかけたメール コンテンツベースの攻撃: 悪意のあるリンクや添付ファイルが含まれるメール この記事では、Office 365 の脅威防止サービスにより、最先端のフィッシング攻撃に対して包括的なエンドツーエンドの保護を提供するしくみについてご紹介します。 エンドツーエンドのセキュリティの重点領域 Office 365 の脅威防止スタックは、フィッシング攻撃を防止するための豊富な機能と、効果的かつ効率的にフィッシング攻撃を検出しそれに対応するためのセキュリティ チーム向けの機能を組み合わせたものです。具体的には以下のとおりです。 保護: Office…


「フィッシング詐欺の海を制す」パート 1: Office 365 Advanced Threat Protection でスピアフィッシングを阻止

(この記事は 2018 年 3 月 6 日に Security, Privacy and Compliance Blog に投稿された記事 Schooling A Sea of Phish Part 1: How Office 365 Advanced Threat Protection Helps Stop Spear Phishing の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Office 365 Advanced Threat Protection (ATP) の開発を担当しているエンジニア チームは、2016 年後半から 2017 年にかけて、以下のような取り組みに注力してきました。 マルウェア捕捉率 99.9% 以上を維持する ファイル デトネーションにかかる時間を 60 秒未満に抑える セキュリティ管理者向けの管理能力を向上させる豊富な機能をリリースする この取り組みの結果、Office ATP は下図のような成果を挙げています。   図…


OWA モバイル アプリの提供が 5 月に終了予定

(この記事は 2018 年 3 月 6 日に Outlook Blog に投稿された記事 OWA mobile apps to be retired in May の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたびマイクロソフトは、OWA (Outlook Web App) for iPhone/iPad/Android の提供を終了することを発表いたします。マイクロソフトは過去数年間にわたり、iOS および Android デバイス用の Outlook ネイティブ アプリにおけるユーザー エクスペリエンスの改善とセキュリティの強化に力を注いできました。Outlook は、皆様からのフィードバックを基に改良を重ね、モバイル デバイスで Office 365 の機能を使用するうえで最適なアプリとして、高い評価を得ています。OWA モバイル アプリの提供終了に伴い、今後は次のプロセスを通じて、ユーザーの皆様の Outlook への移行をサポートします。 2018 年 4 月より、OWA for iPhone/iPad/Android は iTunes Store および Google Play ストアでダウンロードできなくなります。…


Health Team Huddle テンプレートで医療従事者を支援

(この記事は 2018 年 2 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 Empowering clinicians to achieve more with Health Team Huddle templates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Microsoft 365 インダストリー マーケティング担当マネージング ディレクターを務める Diana Pallais の記事をご紹介します。 医療の質を向上させるためには、複雑な治療環境の改善、サイバーセキュリティにおける脅威への対処など、さまざまな取り組みが鍵となります。Microsoft 365 は共同作業用に設計されているため、医療機関はこれを活用して、品質向上プロセスや治療計画の調整を効率化したり、研究プロジェクトを実施したりできます。このたび開発者向けに新しく発表された Health Team Huddle テンプレートは、Microsoft Teams の機能を拡張したもので、チーム内での効率的な打ち合わせを可能にし、治療の質および成果の向上を後押しします。 医療チームは毎日、品質や安全性、管理上の問題といった患者のケアの問題に対処するため、何度も打ち合わせを行っています。しかし、その多くは、チームのメモを 1 つにまとめたり、実行可能なプランを策定したり、患者の症状パターンの視覚化を行ったりといった方法が簡単ではなく、旧時代的なコミュニケーション方法に依存しています。このような旧来のプロセスでは、患者の重要な情報が見落とされるおそれがあります。打ち合わせのデジタル化を実現することで、チームは 1 か所でやり取りをすることができます。この統合された共同作業スペースを活用することで、医療従事者は患者の状態を把握し、治療の質を改善することができます。 Health Team Huddle テンプレートを使用すると、以下のようなことが可能になります。 組織全体に大きな影響を与えるベスト プラクティスを見極め、視覚化する。 患者のケアに関する問題と、潜在的な要因を特定する。 自然に会話しながら医療チーム メンバーとアイデアを共有する。 打ち合わせのプロセスの見直しは、医療チームが Microsoft 365…


OneDrive への移行で実現する生産性向上とコスト削減

(この記事は 2018 年 2 月 6 日に Office Blogs に投稿された記事 Make the switch to OneDrive for improved productivity and cost savings の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、マイクロソフトのコーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。 クラウドで便利にファイルの共有や管理ができる OneDrive を使用すると、ファイルや写真を安全に保存して、場所やデバイスを問わずにアクセスしたり、共有したりできるようになります。Office 365 での作業を迅速かつスマートに行うには、他のクラウド ストレージ プロバイダーではなく、OneDrive にファイルを保存するのがベストです。Office Online やモバイル、Windows PC、Mac 用 Office 2016 でのリアルタイム共同編集や、Microsoft Graph によるパーソナライズされた検索および検出機能など、他社にはない優れたサービスを利用することができます。 Accenture、DBS Bank、Textron、Lowe’s などのお客様は、OneDrive を導入したことで、コストの削減、チームワークとモバイル生産性の向上、社内データの保護および管理の簡素化を実現しています。現在、OneDrive に無料で移行することができる企業向けのキャンペーンを開催しています。詳しくは、以下をご確認ください。 OneDrive への移行支援キャンペーン OneDrive への移行を支援するため、Box、Dropbox、Google を利用中のお客様に、現在の契約期間中…


Office 365 での TLS 1.2 の必須化について

(この記事は 2018 年 2 月 9 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 An Update on Office 365 Requiring TLS 1.2 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Exchange Server をご利用の皆様、こんにちは。マイクロソフトでは、2017 年 12 月の発表で、Office 365 での TLS 1.0 および TLS 1.1 による通信のサポートを 2018 年 3 月 1 日に終了し、それ以降は TLS 1.2 による通信のみをサポートすることをお伝えしました。 この変更に伴い、ハイブリッド モードでオンプレミス展開を行う際はどうなるのか、共同作業プラットフォームとして Office 365 を使用しているお客様とのビジネスにどのような影響があるのかなど、詳細について多数のご質問が寄せられています。 Office 365 に TLS 1.2 を強制適用する計画については、こちらのサポート技術情報の記事 (KB4057306)…


Office 365 での TLS 1.2 の必須化に対する準備

適用対象: Microsoft Office 365 for enterprises (この記事は 2018 年 2 月 10 日に Microsoft Support に投稿された記事 Preparing for the mandatory use of TLS 1.2 in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 概要 お客様へ最高クラスの暗号化機能を提供するという方針に基づき、マイクロソフトでは、Microsoft Office 365 でのトランスポート層セキュリティ (TLS) バージョン 1.0 および 1.1 のサポートを近日中に廃止することを計画しています。 マイクロソフトはお客様のデータに対するセキュリティの重要性を理解すると共に、お客様が利用しているサービスに影響を及ぼす可能性のある変更については、その情報を公開することをお約束いたします。 Microsoft TLS 1.0 の実装においては、セキュリティに関する既知の脆弱性はありません。ただし、今後プロトコル ダウングレード攻撃を受ける可能性や TLS に関する他の脆弱性が懸念されるため、Office 365 での TLS 1.0 および 1.1 の使用に関するサポートを廃止する予定です。 TLS…


Office と Windows のサービスとサポートの変更

(この記事は 2018 年 2 月 1 日に Windows for IT Pros に投稿された記事 Changes to Office and Windows servicing and support の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Windows 担当ゼネラル マネージャーを務める Bernardo Caldas、および Office 担当ゼネラル マネージャーを務める Jared Spataro の記事をご紹介します。 安全で生産的なモダン ワークスタイルを提供することは、多くの企業の皆様にとっての最重要課題であり、マイクロソフトはその支援に取り組んでいます。昨年 7 月、Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Security が 1 つにまとめられた新しい製品スイートの Microsoft 365 がリリースされ、この取り組みが大きく前進しました。多くのお客様がこれらの製品のうちの 1 つまたは複数への移行を進めており、アップグレードに関連する重要事項についてのご質問がマイクロソフトに寄せられています。Windows 7 と Office 2010 の延長サポート終了まで約 2…


Office 365 Education で次世代イノベーションに向けた包括的な共同学習機能を提供

(この記事は 2018 年 1 月 22 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 Education delivers the next wave of innovation for inclusive and collaborative learning の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Education 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Eran Megiddo の記事をご紹介します。 マイクロソフトは、より包括的な共同学習環境を作りだすための取り組みを続けています。今回は、Office 365 Education の強力な機能更新について発表します。OneNote Class Notebook で作成されたノートブックの数は、今年度に入ってから 1,500 万を超えるほど急速な広がりを見せ、また Microsoft Teams for Education もリリースされました。これを受けて、生徒、教員、研究機関の皆様の協力の下、Office 365 で引き続き最高の学習成果を挙げられように取り組んできました。今週開催される Bett (教育 ICT に関する展示会) では、Office 365 Education…


ツール: Microsoft Teams 認知度向上キャンペーン

(この記事は 2017 年 10 月 27 日に Matt Soseman’s “The Productive Cloud” Blog に投稿された記事 Tools: Microsoft Teams Awareness Campaign の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 以前の記事 (英語) では、Microsoft Teams の導入時に活用できる www.successwithteams.com などの便利なリソースをご紹介しました。プランを立てることで導入を成功させ、口コミ効果で Teams の利用拡大につなげることができます。成功プランの一環として、展開を開始する前には認知度向上キャンペーンを (必要に応じて複数回) 実施する必要があります。これは、社内で Microsoft Teams が導入されることをユーザーに周知させ、詳しい情報や準備のための資料を提供することを目的としています。展開中や展開後にもキャンペーンを行うことで、利用の促進や拡大が見込めます。 今回は、このキャンペーンを強力にサポートする Microsoft Teams Customer Success Kit (英語) という重要なツールをご紹介します。このキットには、メール、ポスター、クイック リファレンス カード、テンプレートなどが含まれており、ロゴを自社のものに変更したり、内容をカスタマイズしたりして使用できるため、キャンペーン用の資料をゼロから作成する必要がなく、とても効率的です。対象となるのは、IT プロフェッショナル、管理者、トレーニング担当者、一般ユーザーです。このキットは、組織のニーズに応じて自由にアレンジすることができます。スムーズな展開に役立つツールについて理解を深めていただくために、その内容をご紹介します。 キットには以下のものが含まれています。 告知用テンプレート カウントダウン用テンプレート チラシ用テンプレート IT 管理者向け入門ガイド チーム リーダー向け入門ガイド ポスター用テンプレート ヒントとテクニック メール用テンプレート…