Microsoft Office の 25 周年とこれから

Microsoft Office は今年の 8 月に 25 周年を迎えました。Office for Windows 1.0 は 1990 年の登場だから、まだ 24 周年では?と思われるかもしれませんが、実は Office は Macintosh 版で最初に登場しており、Windows 版よりも 1 年早い 1989 年に米国で発売されています。Microsoft Office というと Windows のイメージが強いかもしれませんが、実は誕生当初から Windows 版以外の環境もサポートしていくという考え方があったのです。 以下の図では Office 95 以降のバージョンについて、主な特長を記載しています。クリックすると大きく表示されますので、クリックしてご覧ください。 Microsoft Office 95 は、Word、Excel、PowerPoint、Access といった中に含まれる個別製品のメジャーバージョンの数が揃った最初の製品になりました。(通称は “95”、バージョンは 7.0) それ以降、Windows 版ではだいたい 2~3 年周期でメジャーバージョンアップをして、Macintosh 版では Office 98 以降、2~4 年周期でメジャーバージョンアップしてきました。 そして、特にこの 10 年間、Office 2003 が市場に出た後に、モバイルデバイスやモバイル…

0

Word Online で Insights for Office を利用可能に — Web の情報をドキュメントに活用

(この記事は 2014 年 12 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 First look at Insights for Office in Word Online—bringing the knowledge of the web to your document の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チームのプログラム マネージャーを務める Rukmani Gopalan の記事をご紹介します。 マイクロソフトは先日 Word Online が Insights for Office に対応 (英語) したことを発表しました。これは、ドキュメントに必要な情報を利用するための新機能で、シームレスに統合されたエクスペリエンスによって作業中でも調べ物をすることが可能です。この記事では、Insights for Office の詳細と、Word Online で作業中のコンテンツへの理解を深めるためにこの機能がどのように役立つのかについて説明します。 Word Online で任意の単語を右クリックして [Insights] を選択するか、または操作アシスト ボックス (英語)…

0

Office Online の新機能 ー Insights for Office など

(この記事は 2014 年 12 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 What’s new in Office Online—featuring Insights for Office の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Office Online チームは、マイクロソフトのクラウド サービス全体における統合を強化するために、そして、ユーザーがお気に入りのブラウザーでさらに多くの Office 機能を利用できるよう拡張するために積極的に取り組んでいます。多数の優れた機能が既にリリースされており、現在もさまざまな機能が順次適用されています。今回は、Office Online をしばらく使用していないお客様を対象に、ユーザーの皆様から頂いたフィードバックに基づいて構築および実装した更新点についてお伝えします。 Insights for Office たとえば、作業中のドキュメントにわからない点があり、検索して調べる必要があるとします。このようなとき、作業フローが妨げられず、またブラウザーで新たに検索用のタブを開かずに情報を検索できるとしたら、どんなに便利でしょう。Insights for Office を使用すれば、必要な情報を直接 Word Online に取り込むことができ、シームレスに統合されたエクスペリエンスによって OneDrive 内でドキュメントの作業を進めている間にも調査および参照することが可能です。 任意の単語を右クリックして [Insights] を選択すると、Office Online はユーザーの調べたいことを判断し、Bing を使用して Bing Snapshot (英語)、Wikipedia、Bing イメージ検索、オックスフォード英語辞典、Web などのさまざまなソースから関連性の高い情報を取得します。すべての情報は、作業中のコンテンツの隣に見やすい形で表示されます。Insights では、選択した単語について、さっと短時間で調べ物をすることも、詳細情報や興味のある記事をじっくりと読み込むことも可能です。しかもこれらのすべての操作を Word Online で作業しながら実行できます。 たとえば、ここに「ミズーリ川 (Missouri…

0

「テレワーク推奨強化週間 2014」活動のご報告 ~参加者の意識調査のご紹介と、今後のテレワーク推進への意気込み~

(この記事は 2014 年12 月 19 日にマイクロソフト公式ブログに掲載された弊社執行役 常務 パブリックセクター担当 織田 浩義の記事『「テレワーク推奨強化週間 2014」活動のご報告』の再投稿です) 皆さん、こんにちは。 日本マイクロソフトで公共機関のお客様を担当しています織田です。日々の業務に加えて、全社で推進していますテレワークプロジェクトも担当しています。 今回はテレワークプロジェクトである「テレワーク推奨強化週間 2014」の活動報告をさせていただきます。 2014年10月27日から31日の5日間、「テレワーク推奨強化週間 2014」と題し、「日本におけるテレワーク推進への貢献」を目指した全社を挙げた実証活動を実施しました。 この「テレワーク推奨強化週間 2014」は、日本マイクロソフトだけではなく、最終的に32もの法人(企業、自治体、社団法人など)の皆様のご支援、ご賛同も得て連携して、弊社社員と合わせて、合計 3,000 名規模の関係者からなるテレワーク活動を実施できました。 テレワークを2011年から先行して実証している私たち日本マイクロソフトと、本年の「テレワーク推奨強化週間 2014」にご賛同いただきました法人の皆さまのご活動、またその実施後に行ったアンケート結果をご紹介させていただきます。   【活動の背景】 日本政府の提唱する「世界最先端 IT 国家創造宣言」(平成25 年6月14 日閣議決定、平成26 年6月24 日「改定」閣 議 決 定)の中の「雇用形態の多様化とワーク・ライフ・バランス(「仕事と生活の調和」)の実現」では、テレワークの推進・ワークスタイルの変革について、「2020 年にテレワーク導入企業を2012 年度比で3倍」、「週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー数を全労働者数の10%以上を目指す」と掲げられています。 「テレワーク推奨強化週間 2014」の活動の目的として、日本マイクロソフトが積極的に推進する「多様な働き方」や「ワークスタイル変革」の実証経験を公開することで、この日本政府の目標である日本のテレワーク推進に貢献したいという構想があります。   【賛同法人の皆さまの声】 今回このような日本マイクロソフトの構想に、32もの法人の皆様にご賛同いただくことができました。 賛同法人の活動内容は、「テレワーク推奨強化週間 2014」(Microsoft Telework Week 2014)のWebサイトで紹介しています。 各社の事業内容に沿った、様々なテレワークを実施いただくことができました。 その中で、以下の3社の皆さまから、活動後のコメントをいただいていますので、ご紹介します。 株式会社岡村製作所様 様 岡村製作所様施設である Future Work Studio…

0

Office 365 が日本データセンターから一般提供開始されました

(この記事は 2014 年12 月 16 日に Office Blog に掲載された記事 Office 365 now available from datacenters in Japan の翻訳です。最新情報は翻訳元の記事をご参照ください。)   著者: ジョン ケース, マイクロソフト コーポレート バイス プレジデント 過去数か月にわたり、マイクロソフトではクラウドと Office をどこからでも利用できるように取り組んできました。 10 月には Microsoft Azure がオーストラリアから提供開始予定であること (英語) をアナウンスしました。そして iPhone、iPad および Android タブレット 向けの Office の新しいエクスペリエンスを披露しました。先月、クラウド型グループウェアの Office 365 とクラウド型ビジネスアプリケーションの Microsoft Dynamics CRM Online を日本から提供する計画があることを共有しました。本日、Office 365 が日本から一般提供を開始したことをアナウンスします。 Office 365 サービスを国内のデータセンターから提供することにより、金融業界、医療業界、中央官庁、地方自治体などの日本にデータが保管されることを望む業界のお客様にも選択肢が広がります。 もちろん、Office 365 がお客様にご提供するいつでもどこでも共同作業、パーソナルインサイト、人が中心のコンプライアンスの幅を広げます。 ソニー生命保険株式会社、医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンターや、地方自治体からは東京都豊島区、鳥取県鳥取市、鹿児島県指宿市および薩摩川内市、福岡県太宰府市、熊本県上天草市および山鹿市、および北海道森町などでの Office 365…

1

Skype と Lync の間でビデオ通話が可能に

(この記事は 2014 年 12 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 Video calling between Skype and Lync available now の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Lync チームのプロダクト マーケティング担当ディレクターを務める BJ Haberkorn の記事をご紹介します。 編集メモ: Lync とのビデオ通話には、Skype for Windows デスクトップ クライアントのバージョン 7.0.x.100 が必要です。現在、一部のバージョンのブラウザーで、以前のバージョンのクライアントがダウンロードされるという問題が発生しています。本記事内のリンク からダウンロードされたクライアントのバージョンが 7.0.x.100 ではない場合は、別のブラウザーでダウンロードしていただきますようお願いいたします。 2013 年、Lync-Skype 接続の提供が開始さ れ、Lync ユーザーは、連絡先リストからインスタント メッセージングやプレゼンス情報、音声通話を使用して Skype ユーザーに連絡を取ることが可能になりました。そして、マイクロソフトはこのたび、その取り組みをさらに一歩進め、Lync 2013 と Skype for Windows デスクトップ クライアントの最新バージョンとの間でのビデオ通話機能を追加しました (デスクトップ クライアントはこちらからダウンロードできます)。これで、Lync ユーザーは、Skype…

0

クリップ アートの提供を終了し、Bing イメージ検索に移行

(この記事は 2014 年 12 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 Clip Art now powered by Bing Images の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトは、Office.com のクリップ アートとイメージ ギャラリーのサービスを終了しました。 なお、これらの画像は、現在も携帯端末やタブレット、PC などの各種デバイスや OneDrive、SharePoint に保存されているドキュメントやプレゼンテーションなどのファイルに挿入可能です。 Bing イメージ検索を使用してドキュメントに画像を追加する機能は、今後も引き続きご利用いただけます。 Bing イメージ検索は、クリエイティブ コモンズ (英語) のライセンス システムに基づく著作権フィルターを使用しています。 検索結果には、クリエイティブ コモンズのライセンスがタグ付けされている画像が表示されます。 このとき、画像のソースへのリンクが提供されるので、画像のソースと適用されているライセンスを確認し、ユーザーの用途がライセンスに準拠しているかどうかを調べることが可能です (すべての Web 検索結果を表示してより多くの画像を閲覧できるようにも変更できます)。 ただし、著作権などにご配慮いただきながら、お客様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。 著作権に関する詳細については、こちらのページ (英語) を参照してください。 –Doug Thomas

0

Power Query の 2014 年 11 月の更新 — Analysis Services や Salesforce へのコネクタ追加など

(この記事は 2014 年 11 月 25 日に Office Blogs に投稿された記事 Power Query November 2014 update—Connect to Analysis Services, Salesforce and more! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Power Query の 2014 年 11 月更新版がリリースされました。今回も多数の新機能が追加されています。きっと皆様のお役に立つことでしょう。今週の感謝祭にちなんで、Power Query をご利用くださる皆様から「便利な機能をありがとう」と思っていただければ光栄です。 今回の新機能について説明する前に、皆様にアンケートへのご回答を お願いしたいと思います。お客様が思う Power Query の長所と短所、現在の使用方法と今後追加して欲しい機能についてお伺いする内容です。数分程度の簡単なアンケートとなっておりますので、ご協力のほどよろ しくお願いいたします。 Power Query のアンケートに協力する (英語) 今回の更新内容 SQL Server Analysis Services へのコネクタを追加 Salesforce のレポートやオブジェクトへのコネクタを追加 列の展開操作で、列のプレフィックスの無効化およびカスタマイズが可能に クエリ エディターの [File] メニューを改良 クエリ エディターの…

0

Android タブレット向け Office のプレビュー版アプリをリリース

(この記事は 2014 年 11 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 Get the Office for Android tablet preview apps today の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Android タブレット向け Office のプレビュー版に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。現在、プレビュー版へのサインアップ ページを閉鎖しております。プレビュー版アプリへのアクセスをご希望のお客様は、こちらの Google+ グループに参加要求をお送りください。 Android タブレット向け Office アプリは、2015 年初めに一般提供が開始される予定です。ダウンロードしていただくと Word、Excel、PowerPoint の各アプリで、一般ユーザー向けの主要な編集機能を無料で快適にご利用いただけますので、ぜひご期待ください。マイクロソフトは引き続き、すべてのモバイル デバイスにおける Office エクスペリエンスの改良に取り組んでまいります。詳細についてはこちらのサイト (英語) をご覧ください。

0

Office Online でのドキュメント共同編集時に Skype チャットが利用可能に

(この記事は 2014 年 11 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing Skype document chat in Office Online の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 共有エクスペリエンス チームのプログラム マネージャーを務める Nelson Siu の記事をご紹介します。 Office Online のリアルタイム共同編集機能を利用すると、ブラウザーから簡単に他のユーザーとドキュメントを編集できます。たとえば、ビジネス パートナーと共に契約書の最終調整を行ったり、学校で課題として出された小論文を協力して書いたりなど、Office Online では他のユーザーがどこにいてもシームレスに作業を行うことが可能です。 今回、Office Online の共同編集機能に対して、以下の機能強化が発表されました。 Word と PowerPoint で他のユーザーとリアルタイムに共同作業を行うときに、ドキュメントに対してチャット機能を利用できるようになります。チャット アイコンをクリックするだけで、対象ドキュメントを編集しているすべてのユーザーとのチャットを開始できます。 ドキュメントを閉じた後も、デスクトップまたはスマートフォンの Skype を利用して、同じメンバーとチャットを続けることが可能です。チーム メンバーがドキュメントを編集しているときには通知が送信されます。 この機能強化は、数週間以内に順次 www.office.com で提供が開始される予定です。 —Nelson Siu

0