Health Team Huddle テンプレートで医療従事者を支援


(この記事は 2018 2 28 日に Office Blogs に投稿された記事 Empowering clinicians to achieve more with Health Team Huddle templates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、Microsoft 365 インダストリー マーケティング担当マネージング ディレクターを務める Diana Pallais の記事をご紹介します。

医療の質を向上させるためには、複雑な治療環境の改善、サイバーセキュリティにおける脅威への対処など、さまざまな取り組みが鍵となります。Microsoft 365 は共同作業用に設計されているため、医療機関はこれを活用して、品質向上プロセスや治療計画の調整を効率化したり、研究プロジェクトを実施したりできます。このたび開発者向けに新しく発表された Health Team Huddle テンプレートは、Microsoft Teams の機能を拡張したもので、チーム内での効率的な打ち合わせを可能にし、治療の質および成果の向上を後押しします。

医療チームは毎日、品質や安全性、管理上の問題といった患者のケアの問題に対処するため、何度も打ち合わせを行っています。しかし、その多くは、チームのメモを 1 つにまとめたり、実行可能なプランを策定したり、患者の症状パターンの視覚化を行ったりといった方法が簡単ではなく、旧時代的なコミュニケーション方法に依存しています。このような旧来のプロセスでは、患者の重要な情報が見落とされるおそれがあります。打ち合わせのデジタル化を実現することで、チームは 1 か所でやり取りをすることができます。この統合された共同作業スペースを活用することで、医療従事者は患者の状態を把握し、治療の質を改善することができます。

Health Team Huddle テンプレートを使用すると、以下のようなことが可能になります。

  • 組織全体に大きな影響を与えるベスト プラクティスを見極め、視覚化する。
  • 患者のケアに関する問題と、潜在的な要因を特定する。
  • 自然に会話しながら医療チーム メンバーとアイデアを共有する。

打ち合わせのプロセスの見直しは、医療チームが Microsoft 365 のインテリジェント ツールやソリューションを使用して安全に共同作業を実施し、アイデアを共有したり治療の質を改善したりできるようにする 1 つの方法です。このプロセスは、兆単位のデータ シグナルと機械学習を活用し、あらゆるレベルに組み込まれたセキュリティ機能を提供するマイクロソフトのインテリジェント セキュリティ グラフに基づいています。マイクロソフトには、ソフトウェアの設計開発において、組み込みのセキュリティ機能やプライバシー機能を提供してきた長年の実績があります。医療チーム向けの信頼性に優れたクラウド プラットフォームを構築するために、HIPAA BAA FedRAMP などのさまざまな規制要件や業界標準に準拠するべく、1,100 以上の内部統制システムを運用しています。

マイクロソフトは、医療業界の専門知識を持つ多数のパートナーと提携しています。これらのパートナーが、お客様のニーズを理解し、要件に合わせてカスタマイズしたソリューションを提供することで、お客様をサポートします。

主なパートナーをご紹介します。

  • アバナード (英語) — バック オフィスのスタッフから現場の医師や看護師に至るまで、より効果的、効率的、安価な治療を提供できるように支援します。アバナードのデジタル ワークプレース ソリューションは、安全で各種規制に準拠したマイクロソフトのツールセットを活用して、医療従事者が、場所や時間、デバイスを選ばずに、より効率的に業務を行うための情報、アプリケーション、共同作業機能、自動化機能にアクセスできるようにします。HIMSS18 (医療情報管理システム学会) では、Microsoft Teams を使用したがん患者の症例検討会、Virtual Tumor Board の利用を促進しながら、医療従事者の業務効率を向上させる事例について紹介する予定です。
  • New Signature (英語) — 平均寿命が伸び、医療に関する問題が複雑化する中、患者のケアにあたっては、さらなるデジタル化と、予防衛生や健康維持への重点的な取り組みが求められています。Microsoft 365 と Azure を活用すれば、こうした課題に正面から取り組み、医療機関や医療の専門家の働き方を変革する機会を生みだすことができます。New Signature Healthcare Team Collaboration Labs は、マイクロソフトの最新のデジタル ワークプレース ソリューションとプロトタイプのユース ケース テンプレートを組み合わせて、チームのコミュニケーション、共同作業、デジタル化された患者のケアを見直すうえで役立ちます。
  • Rapid Circle (英語)Incident Reporting は、医療機関で現在使用されているインシデント報告プロセスの優先順位付け、自動化、分析を支援するソリューションです。医療チームが協力し、インシデントの報告を行うためのハブとして Microsoft Teams を使用することで、現在のプロセスの専門化と、患者への対応の改善を図ることができます。
  • SADA Systems (英語)SADA Systems は、アメリカ全土の医療機関のニーズに対応するべく、共同作業、バーチャル ヘルスケア、遠隔治療、サイバーセキュリティ、データおよび分析、カスタム アプリケーション開発を専門に扱っており、Microsoft Teams を活用して、医療チーム向けの共同作業ソリューションのさらなる強化に取り組んでいます。企業コンサルティング、クラウド プラットフォームの移行、カスタム アプリケーション開発、マネージド サービス、ユーザーへの導入支援、変更管理の分野で実績を持つ SADA は、マイクロソフトのあらゆるクラウド ソリューションを提供し、医療機関を支援しています。
  • Slalom (英語)Slalom の “Jumpstart your productivity with Teams” プログラムでは、Microsoft Teams をチームワークを実現するハブとして使用することで、医療機関の生産性向上に貢献しています。このプログラムでは、適切なペルソナや共同作業シナリオを特定し、依存関係を判断するために、ユーザー中心型のアプローチを採用しています。健康管理のシナリオで連携したケアを実施するためのロードマップに加え、包括的な導入および変更管理プランにより、医療機関は Teams をわずか 3 日で展開できます。

医療機関向けのリソースについての詳細は、業界別のプラクティスをご紹介している Microsoft 365 for Partners のページ (英語) をご参照ください。このほか、BotPowerAppsSharePoint リストのテンプレートも提供しているため、開発者の皆様は、これを利用してご自身の医療チームに特化したソリューションを作成していただけます。こちらはオープン ソース プロジェクトのため、開発者の皆様はコミュニティに積極的にご参加ください。公開されているリファレンス ソリューションの詳細については、dev.office.com (英語) のブログをご覧ください。

Diana Pallais

 

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content