Office 365 での TLS 1.2 の必須化について


(この記事は 2018 2 9 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 An Update on Office 365 Requiring TLS 1.2 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

Exchange Server をご利用の皆様、こんにちは。マイクロソフトでは、2017 年 12 月の発表で、Office 365 での TLS 1.0 および TLS 1.1 による通信のサポートを 2018 年 3 月 1 日に終了し、それ以降は TLS 1.2 による通信のみをサポートすることをお伝えしました。

この変更に伴い、ハイブリッド モードでオンプレミス展開を行う際はどうなるのか、共同作業プラットフォームとして Office 365 を使用しているお客様とのビジネスにどのような影響があるのかなど、詳細について多数のご質問が寄せられています。

Office 365 に TLS 1.2 を強制適用する計画については、こちらのサポート技術情報の記事 (KB4057306) でご確認ください。また、お客様に余裕を持って準備を進めていただけるように、TLS 1.0 および TLS 1.1 のサポートの終了は、当初の 2018 年 3 月 1 日から 2018 年 10 月 31 日に変更されました。

少し期間が延長されましたが、今後も Exchange Server における TLS に関連するブログ記事 (英語) を継続的に配信していきます。サポート終了後に影響を受けることがないよう、お客様にはこの変更に備えて早めに準備を進めていただきますよう、お願い申し上げます。

Exchange チーム

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content