Office 365 の新しい Intelligent Communications 構想


(この記事は 2017 9 25 日に Office Blogs に投稿された記事 A new vision for intelligent communications in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、Microsoft Teams および Skype プロダクト マーケティング担当ゼネラル マネージャーを務める Lori Wright の記事をご紹介します。

本日マイクロソフトは、フロリダ州オーランドで開催された Microsoft Ignite にて、世界中のあらゆるユーザーの音声通話と会議体験を変革する、新しい Intelligent Communications 構想を発表しました。Intelligent Communications は、これまでの Unified Communications のさらに先を行くソリューションであり、最小限の操作で、作業の効率化や会議全体の生産性向上、日常的なコミュニケーション課題の改善を可能にするものです。

マイクロソフトの Intelligent Communications 構想の中核に位置する Microsoft Teams は、会話や会議、データファイル、Office アプリやサードパーティ製品と連携し、Office 365 上で実現するコラボレーションのハブとして機能します。Teams は、リリースからわずか半年間で、全世界 125,000 社を超える企業に採用されています。この驚異的な勢いから、今日の職場環境にチームワークが欠かせないということがわかります。

マイクロソフトは Intelligent Communications 構想の実現に向けて、Microsoft Graph のデータや Insights を活用し、チームがより多くのことを成し遂げられるような支援をしていけるように強固で革新的な開発計画に従い、あらゆる通話や会議機能を Teams に組み込んでいきます。

この取り組みはすべて、エンタープライズ品質の音声や映像コミュニケーションを実現する新しい Skype インフラストラクチャを基盤にしています。このクラウド基盤の次世代アーキテクチャは既に Microsoft Teams のコミュニケーション機能の実現に利用されており、急速に進化しています。マイクロソフトでは、イノベーションの加速とコミュニケーション体験の品質向上を同時に実現できるこの新しいインフラストラクチャに期待を寄せています。

機能の発展と共に、Teams Office 365 が提供する Intelligent Communications の中心的なクライアントへと進化し、今後は時間をかけて Office 365 の Skype for Business クライアントからの移行を図っていきます。

次世代のビジネス会議

コミュニケーション、コラボレーション、インテリジェンスを以下のような形で融合させることによって、通話や会議の一連作業に新しい可能性をもたらします。

  • 会議前には、Teams で参加者の情報や関連するドキュメントを確認して、会議に備えることができます。
  • 会議中は、会話の記録、文字起こし、タイムコードの挿入などができるほか、特定の人物の発言に対応した音声認識や字幕表示をサポートします。
  • 会議後には、クラウド上の録画データや会話内容が自動で適切な Teams のチャネルに追加され、会話、ドキュメント、メモ、そのときに実施した内容をチーム全員が確認、整理、検索できるようになります。

Image of a Teams meeting with four participants.

Teams の新たな通話機能と進化する会議機能

この 6 か月間、Teams の継続的なコミュニケーション機能の拡張によって、会議のスケジューリング、Outlook の予定表統合、モバイル会議などの新機能が追加されています。また今月初めには、ゲスト アクセス機能がリリースされ、企業の外部ユーザーとの共同作業に Teams が使用できるようになりました。来月には、公衆電話網との発信や着信、通話保留、通話転送、留守番電話などの通話機能が追加される予定です。

また、Teams の会議機能についても強化されます。電話会議機能 (現在プレビューとして提供中) では、電話番号のダイヤルによって Teams 会議に参加できるほか、Teams Skype for Business 間の相互運用性のサポートにより、プレゼンスの共通化、相互間でのメッセージや通話が可能になります。

今回の機能拡充は、まだ始まりにすぎません。今後も会議や電話システム(旧クラウドPBX)の主要機能が Teams に追加されていく予定です。

マイクロソフトでは引き続き、馴染みやすいこの Skype 体験をさまざまな会議領域へと提供してまいります。Skype Room Systems が力強い伸びを見せていることから、このたび Lenovo から新しい Skype Room Systems デバイスの Smart Hub 500 (英語) が市場投入されます。LogitechCrestron (英語)Polycom (英語) に代表される既存 Skype Room Systems のポートフォリオが拡大します。さらに、Polycom、Pexip、Blue Jeans Networks の各社から Teams のクラウド上でビデオ相互接続機能が登場し、Polycom RealConnect for Office 365 (英語)Pexip Infinity Fusion 製品 (英語) などの、Skype for Business 向けビデオ相互接続機能に加わってくる予定です。

今後の展望

Office 365 をご利用中のお客様は、Microsoft Teams の機能をすぐに活用していただけます。マイクロソフトでは Teams の製品ロードマップの公開に努めており、お客様にとって最適なタイミングで Teams 利用を開始することができます。Teams の最新のロードマップは 10 月に公開予定です。

マイクロソフトでは今後も Office 365 における Skype for Business とオンプレミスの Skype for Business Server の提供とサポートを続けてまいります。PBX 機能や高度な通話機能をクラウドへ移行する準備の整っていないお客様には、2018 年後半に Skype for Business Server の新バージョンをリリースします。

また Microsoft Teams と Skype for Business クライアントは併用して利用することができるため、各組織で最適な利用方法を選択していただけます。

Office 365 をご利用のすべてのお客様に Teams を使い始めていただくことをお勧めします。現在 Skype for Business をご利用中の場合は、FastTrack ポータルの Intelligent Communications ページ (英語) で各種ガイダンスや必要情報を入手することができます。

—Lori Wright

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content