インテリジェンス、管理、セキュリティの強化によりモダン ワークスタイルを支援

(この記事は 2017 年 9 月 25 日に Office Blogs に投稿された記事 Advancing intelligence, management, and security to empower the modern workplace の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 オーランドで開催された Microsoft Ignite (英語) にて、モダン ワークスタイルのビジョンの実現に向けた Microsoft 365 の利用範囲の拡大が発表され、創造力あふれる共同作業を安全に行うための数々の新機能が登場しました。 Microsoft 365 の利用範囲の拡大 7 月に発表された Microsoft 365 は、Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Security を統合した、インテリジェントかつ安全な従業員向け総合ソリューションです。Microsoft 365 は、モダン ワークスタイルを実現しようとするお客様のニーズと共に、企業における製品の設計、開発、市場投入のプロセスが根本から変化している証と言えます。さらに、2017 年…


Microsoft Ignite 2017: モダン ワークスタイルの最新情報概要

オーランドで開催される Microsoft Ignite カンファレンスにおいて、マイクロソフトは、Microsoft 365 のサービス拡大を発表いたします。Microsoft 365 は、Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Security が 1 つにまとめられた包括的かつインテリジェントなソリューションであり、あらゆるユーザーが安全な環境で創造的に共同作業を行えるように支援します。今回、新しい Microsoft 365 プランを導入し、創造性、共同作業、シンプルな IT 管理、セキュリティにわたって、Microsoft 365 のさまざまな機能を拡大してまいります。   新しい 2 つの Microsoft 365 プランの発表 Microsoft 365 Education: Office 365 for Education、Windows 10、Enterprise Mobility + Security、Minecraft: Education Edition で構成され、教職員・児童・生徒・学生に、能動的な学習や学校運営の充実に必要なあらゆる機能を提供します。 Microsoft 365 F1: Office 365 F1、Windows 10、Enterprise Mobility + Security で構成され、最前線で働く人々(販売、工場、医療、カスタマーサービスなど)の能力を最大限に引き出せるように支援します。最前線で働く人々は、お客様に最初に接する立場にあり、企業ブランドを代表する顔となって製品やサービスの販売を実際に現場で行っています。こうした人々は世界の主要産業の多くを支えているにもかかわらず、その大部分がデジタル…


Office 365 の新しい Intelligent Communications 構想

(この記事は 2017 年 9 月 25 日に Office Blogs に投稿された記事 A new vision for intelligent communications in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Microsoft Teams および Skype プロダクト マーケティング担当ゼネラル マネージャーを務める Lori Wright の記事をご紹介します。 本日マイクロソフトは、フロリダ州オーランドで開催された Microsoft Ignite にて、世界中のあらゆるユーザーの音声通話と会議体験を変革する、新しい Intelligent Communications 構想を発表しました。Intelligent Communications は、これまでの Unified Communications のさらに先を行くソリューションであり、最小限の操作で、作業の効率化や会議全体の生産性向上、日常的なコミュニケーション課題の改善を可能にするものです。 マイクロソフトの Intelligent Communications 構想の中核に位置する Microsoft Teams は、会話や会議、データファイル、Office アプリやサードパーティ製品と連携し、Office 365 上で実現するコラボレーションのハブとして機能します。Teams は、リリースからわずか半年間で、全世界 125,000 社を超える企業に採用されています。この驚異的な勢いから、今日の職場環境にチームワークが欠かせないということがわかります。…


働く人すべてに Microsoft 365 を

(この記事は 2017 年 9 月 25 日に Office Blogs に投稿された記事 All workers welcome with Microsoft 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 担当ゼネラル マネージャーを務める Bryan Goode の記事をご紹介します。 本日 Microsoft Ignite にて、マイクロソフトはデジタル時代に最前線で働く従業員を支援するビジョンと共に「Microsoft 365 F1」を発表しました。Microsoft 365 F1 は、Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Security が 1 つになった、働く人すべてを支援するための包括的でインテリジェントな新しいソリューションです。 モダン ワークスタイルを実現するには、企業が従業員の新たなニーズに応える必要があります。各地に散らばる従業員が連携してお客様やビジネス上の課題を解決するために、全従業員が創造、イノベーション、共同作業に取り組めるツールを提供することが重要です。モダン ワークスタイルを実現できれば、従業員の才能が引き出され、イノベーションと行動の文化を形成し、経営陣から最前線で働く従業員に至るまで、だれもが力を発揮できるようになります。 世界中の労働者の大半が、最前線で働く人々です。その数は全世界で 20 億に上り、窓口や電話口、病院、工場、作業現場などで働いています。多くの場合こういった人々は顧客との最初の接点であり、企業ブランドの顔であり、製品やサービスに最初に触れることになります。世界の主要産業の多くを支えているのはこうした最前線の従業員であり、企業がどんなに高い目標を掲げようと、その存在なくしてそれを実現することは不可能です。 最前線で働く人々に、直観的、イマーシブ、かつ強力なエクスペリエンスを提供することが、テクノロジ業界の 1 つのビジネス チャンスであるとマイクロソフトは考えます。そして、一線を画する Microsoft 365、Dynamics 365、Microsoft IoT、Microsoft…


次期オンプレミス版 Office のリリース

(この記事は 2017 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 The next perpetual release of Office の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チームのゼネラル マネージャーを務める Jared Spataro による記事をご紹介します。 本日、オーランドで開催されている Microsoft Ignite において、マイクロソフトは次期オンプレミス版 Office となる Office 2019 を発表しました。2018 年後半に予定されている今回のリリースには、オンプレミス版の Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint、Outlook など) とサーバー製品 (Exchange、SharePoint、Skype for Business など) が含まれます。新製品のプレビューは、2018 年半ばに提供開始予定です。 Office 2019 では、まだクラウド移行の準備ができていないお客様のために、ユーザーおよび IT 向けの新機能が追加されます。たとえば、筆圧感知、ペンの傾き効果、インクの再生など、手描き入力の新機能や機能強化によって、より自然に作業できるようになります。Excel では、新しい数式やグラフを使用することで、データ分析が強化されます。PowerPoint では、変形やズームといったアニメーション機能の視覚効果により、洗練されたプレゼンテーションを作成できます。また、サーバー製品の更新により、IT の管理性、操作性、音声機能、セキュリティが強化されます。 今週の Ignite のメイン…


マイクロソフトとアドビの戦略的パートナーシップ拡大により、電子署名とクラウドでの共同作業を促進

(この記事は 2017 年 9 月 7 日に News Center Blog に投稿された記事 Adobe and Microsoft expand strategic partnership to drive e-signatures and collaboration among teams in the cloud の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Adobe Sign がマイクロソフトの推奨電子署名ソリューションに、Microsoft Teams が Adobe クラウド サービスの推奨チャットベースのワークスペースに アドビ (NASD “ADBE”) とマイクロソフト (Nasdaq “MSFT”) は先日、企業のカスタマー エクスペリエンス変革を支援する、Adobe Experience Cloud、Microsoft Azure、Microsoft Dynamics を活用した共同ソリューションの第 1 弾をリリースしました。現在、両社は戦略的提携を拡大し、従業員の生産性向上とビジネス プロセスの効率化に向けた取り組みを進めています。本日より、Adobe Document Cloud の市場をリードする電子署名サービス…


Microsoft Teams のゲスト アクセスで共同作業に参加できるユーザーを拡大

(この記事は 2017 年 9 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 Expand your collaboration with guest access in Microsoft Teams の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Microsoft Teams のゼネラル マネージャーを務める Lori Wright の記事をご紹介します。 6 か月前に Microsoft Teams の一般提供が開始されて以来、125,000 社を超える企業が Teams を活用してチームワークを発揮しています。今回、Teams の機能がさらに強化され、Office 365 の法人および教育機関のすべてのお客様に向けてゲスト アクセスのロールアウトが開始されました。これにより、Office 365 ユーザーは、社外のユーザーをゲストとしてチームに追加できるようになりました。ゲストはチャットやミーティングに参加したり、ドキュメントの共同作業を行ったりすることができます。また、Teams 向けの新しい開発者ツールも発表されました。この詳細については、Office Dev ブログ (英語) をご覧ください。 お客様から Teams にゲスト アクセスを追加してほしいと望む声が多く寄せられていたため、マイクロソフトはその実現に向けて重点的に取り組んできました。Teams のゲスト アクセスを設計するにあたり、以下の 3 つの原則を最優先に掲げました。 チームワーク:…


Office 365 の 8 月の更新: チームワーク機能を強化

(この記事は 2017 年 8 月 31 日に Office Blogs に投稿された記事 New to Office 365 in August—enriching teamwork の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 成功するうえで欠かせないのは、今まで以上に効果的なチームワークです。8 月のリリースでは、Excel の共同編集機能、Microsoft Teams の機能強化、Yammer アプリの更新など、チームワークの強化に役立つ機能が満載です。それでは詳しくご紹介します。 チームでの Excel 作業を快適に より快適な共同作業を実現する大きな一歩として、Excel の共同編集機能の一般提供を開始します。この機能を使用すると、SharePoint Online、OneDrive または OneDrive for Business に保存されているスプレッドシートをだれでも同時に編集でき、共同で作業しているユーザーや変更箇所を確認しながら作業を進めることができます。 また、Office 365 ユーザー向けに、OneDrive や SharePoint 上の Word/Excel/PowerPoint ファイルを自動で保存する機能の一般提供も開始します。個人で作業しているか共同で作業しているかにかかわらず、直近の変更内容が自動でクラウドに保存されるため、毎回 [Save] ボタンを押す必要はありません。 ワークブック内で他のユーザーの編集している箇所を確認 生徒と教師を強力にサポートする Microsoft…