Office 365 の 7 月の更新: Microsoft 365、ビジネス アプリなど


(この記事は 2017 7 31 日に Office Blogs に投稿された記事 New to Office 365 in July—Microsoft 365, business apps and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。

7 月は、毎年恒例のパートナー向けカンファレンスである Microsoft Inspire に 17,000 名を超えるパートナー様にご来場いただきました。その場で、あらゆる規模の企業のお客様が従業員の生産性を向上させ、成長とイノベーションを促進できるように、Microsoft 365 と 3 つの新しいビジネス アプリを発表しました。また、Office 365 のお客様が効果的に資料を作成したり、つながったりできる新機能もご紹介しました。詳細については、以下のセクションをご覧ください。

あらゆる規模の企業に向けた Inspire での発表内容

ワシントン D.C. で開催された Microsoft Inspire では、モダン ワークスタイルを実現したいというお客様のニーズに対応するため、設計、開発、市場投入のプロセスを根本的に変革することを発表しました。

Microsoft 365 の紹介: Satya Nadella が Microsoft 365 を発表しました。このサービスは、Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Security を統合したもので、従業員を支援する総合的でインテリジェントかつ安全性の高いソリューションとなっています。大規模企業から小規模企業まで、あらゆる企業のニーズに対応するため、Microsoft 365 Enterprise と Microsoft 365 Business の 2 種類をご用意しています。詳細については、Microsoft Inspire のまとめ記事をご覧ください。

Office 365 Business Premium の新しいビジネス アプリ: Office 365 Business Premium では、Microsoft Connections、Microsoft Listings、Microsoft Invoicing という 3 つの新しいアプリのプレビューが開始されることも発表されました。これらのアプリは、小規模企業の運営と成長を支援することを目的として設計されており、新しい Office 365 Business center からアクセスできます。また、走行距離追跡アプリの MileIQ (英語) も Office 365 Business Premium のお客様にご利用いただけるようになりました。詳細については、発表に関するブログ記事をご覧ください。

A tablet showing the new Office 365 Business Center dashboard.

Office 365 Business Premium に新しい Office 365 Business center が追加されました。

提供状況: Connections、Listings、Invoicing、Office 365 Business center のプレビューは、米国、英国、カナダの Office 365 Business Premium のお客様を対象にロールアウトされており、先行リリース プログラムのお客様から優先的にご利用いただけます。MileIQ Premium は現在、米国、英国、カナダのすべての Business Premium のお客様にご利用いただけます。

Office アプリの更新による効果的なドキュメントやプレゼンテーションの作成

今月の Office 365 の更新では、見栄えの良いプレゼンテーションを簡単に作成する機能と、ドキュメントの編集中にミスを特定、修正する機能が追加されました。

PowerPoint でテキストをタイムラインに変換: PowerPoint Designer では、スライド上の時間、日付、トピックを認識し、コンテンツのデザインをインテリジェントに変更して見栄えの良いタイムラインを作成できるようになりました。これにより、インパクトのあるプレゼンテーションをこれまで以上に簡単に作成できます。日付のリストを基にして、[Design] タブから [Design Ideas] を選択し、デザインの一覧からお気に入りのレイアウトを選択します。

A timeline created with PowerPoint designer and a number of alternate design options.

PowerPoint Designer を使用して、視覚的なタイムラインを瞬時に作成します。

提供状況: PowerPoint Designer でのタイムラインの英語版のサポートは、Windows および Mac 版 PowerPoint、Windows および Android タブレット版 PowerPoint Mobile、PowerPoint Online で、米国の Office Insider プログラムに参加されているお客様にご利用いただけます。

Office アプリで 3D をサポート: 今月から、Word、Excel、PowerPoint で 3D オブジェクト (英語) を追加、編集できるようになりました。Remix 3D カタログやデスクトップから 3D オブジェクトを簡単に挿入し、向きを変更したり、PowerPoint で変形などの画面切り替えを使用したりすると、スライド間をつなぐアニメーションを作成し、プレゼンテーションの 3D オブジェクトを自由に動かすことができます。

Rotating 3D objects in PowerPoint slides.

Remix 3D カタログやデスクトップから PowerPoint に 3D オブジェクトを簡単に挿入できます。

提供状況: Word、Excel、PowerPoint での 3D オブジェクトのサポートは、Creators Update を実行している Windows デスクトップで Office Insider のお客様にご利用いただけます。一般提供の開始は年内に予定されています。

Word の音声読み上げ: Word の学習ツールが継続的に強化され、音声読み上げ機能が [Review] タブに移動されました。今回の更新では、ドキュメントを読み上げると同時に語句を強調表示する機能をワークフローから直接利用できるようになりました。これにより、文章の作成時にミスを認識、修正しやすくなり、失読症などの学習障碍を抱える方をはじめ、あらゆるユーザーの読解や編集の精度が向上します。

Screen showing the new reader view in Windows.

[Review] タブから音声読み上げ機能にアクセスできるようになりました。

提供状況: Word の音声読み上げ機能は現在、Windows デスクトップ版 Word で Office Insider のお客様にご利用いただけます。一般提供の開始は年内に予定されています。

Office 365 の企業ユーザーに向けたその他の更新

Outlook と StaffHub の更新により、Office 365 の企業ユーザーが社内全体で簡単につながれる機能や、タスクを簡単に管理する機能が追加されました。

Outlook へのスマートな宛先の追加とスレッド ビューのデザイン変更: Outlook on the web と Windows デスクトップ版 Outlook では、Microsoft Graph のインテリジェンスを活用することで、メールの作成時に表示される連絡先の候補の精度が向上したほか、プロフィール写真が表示されるようになりました。今回の更新により、社内全体から適切なユーザーを見つけてコミュニケーションを取ることが容易になります。

また、iOS 版 Outlook (英語) ではスレッド ビューのデザイン変更により、一度に表示できる会話の分量が増えました。これにより、メッセージの履歴をすばやく確認し、前回終了した箇所から再開できます。

The new conversation view with increased message spacing shown on an iPhone.

iOS 版 Outlook の新しいスレッド ビューには、より多くの会話が表示されます。

提供状況: 精度が向上した連絡先の候補を表示する機能は、Outlook on the web ですべての Office 365 の企業ユーザーにご利用いただけるほか、Windows デスクトップ版 Outlook では Office Insider のお客様にご利用いただけます。デザインが変更されたスレッド ビューは現在、Office 365 の企業アカウント (以前は iOS の Outlook.com および Gmail アカウントでも利用可能) でご利用いただけるほか、近日中には Android でも提供が開始される予定です。

Microsoft StaffHub の機能強化: この 1 か月間、Microsoft StaffHub の複数の更新が実施されました。Microsoft StaffHub は、firstline workers (現場従業員) が 1 日の業務を管理することを目的として設計された Office 365 アプリです。製造、小売、医療などの業界では、firstline workers がお客様にとって企業の顔となるケースも少なくありません。チーム メンバーは StaffHub アプリを使用して、同僚や経営幹部からのタスクの割り当て、管理、遂行を行うことができるほか、社内全体に向けた通知にアクセスできます。これにより、すべてのメンバーが最新情報を簡単に共有できます。

The new task view in StaffHub on an Android phone. The image shows the simple creation and completion of tasks.

StaffHub の新しいタスク ビューを Android と iOS で利用できるようになりました。

提供状況: StaffHub の更新は現在、ご要望に応じてご利用いただけます。特定のチームやお客様に対して有効にすることができます。

Office 365 のお客様に向けた今月の更新の詳細については、Windows デスクトップ版 OfficeMac 版 OfficeWindows Mobile 版 OfficeiPhone および iPad 版 OfficeAndroid 版 Office の各ドキュメントをご覧ください。Office 365 Home または Personal をご利用のお客様は、ぜひ Office Insider にサインアップして、最新の Office 生産性ツールをいち早くお試しください。また、Current Channel および Deferred Channel の企業ユーザーの皆様も、先行リリースを通じて完全にサポートされたビルドを早期にご利用いただけます。今回発表された機能の提供時期の詳細については、こちらのサイトをご確認ください。

—Kirk Koenigsbauer

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content