Microsoft 365 のご紹介


(この記事は 2017 7 10 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing Microsoft 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。

このたび開催された Inspire (英語) で、Satya Nadella は Microsoft 365 (英語) を発表しました。このサービスは Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Security が統合されたもので、企業の従業員を支援する総合的でインテリジェントかつ安全性の高いソリューションとなっています。Microsoft 365 は、モダン ワークスタイルを実現するためのお客様のニーズに対応した製品を設計、開発し、市場に投入するプロセスを根本的に変革した証と言えます。

従業員の要望が変化し、チームの多様化とグローバル化が進み、脅威に関する状況が複雑化するなど、ワークスタイルは大きく変化しています。この流れの中で、働き方に関する新しい文化が生まれています。お客様からは、この新しい文化を活かすために、従業員が最新技術を利用できるようにしたいという声をお寄せいただいています。

マイクロソフトは、商用利用の月間アクティブ ユーザー数が1 億を超える Office 365 と 5 億台以上使用されている Windows 10 デバイスにより、独自の立場から企業の従業員を支援し、ビジネスの成長やイノベーションを促進します。

大規模企業から小規模企業まで、あらゆる企業のニーズに対応するため、Microsoft 365 Enterprise (英語)Microsoft 365 Business (英語) の 2 種類をご用意しています。

Microsoft 365 Enterprise は大規模企業向けのプランで、Office 365 Enterprise、Windows 10 Enterprise、Enterprise Mobility + Security と統合されており、従業員が安全な環境で創造的に共同作業を行うことができます。

Microsoft 365 Enterprise には以下のような特長があります。

  • AI や機械学習を活用したツールの支援を受けながらインク、音声、タッチ機能を無理なく使用できるため、創造性を最大限に発揮できます。
  • チームワーク用の共通ツールキットを備えた非常に広範で高度なアプリやサービスのセットが提供され、接続や共有、コミュニケーションの方法を多くの選択肢から柔軟に選ぶことができます。
  • ユーザーやデバイス、アプリ、サービスの管理が統合され、IT 管理が容易になります。
  • 組み込み型のインテリジェントなセキュリティ機能により、顧客データや企業データ、知的財産の保護を支援します。

Microsoft 365 Enterprise には Microsoft 365 E3 と Microsoft 365 E5 の 2 種類のプランが用意されていて、両プランとも 2017 年 8 月 1 日から販売が開始されます。

Microsoft 365 Enterprise (英語) は、昨年にシート数 3 桁の伸びを見せ大きな成功を収めた Secure Productive Enterprise を基盤に構築されました。今後は Secure Productive Enterprise に代わり、Microsoft 365 Enterprise が安全な環境で創造的に共同作業を行えるよう真摯に取り組み、従業員の皆様を支援することを新規ユーザーの方々にお約束します。

Microsoft 365 Business はユーザー数 300 以下の中堅中小企業に向けたサービスで、Office 365 Business Premium、専用設計のセキュリティ機能と管理機能を含む Windows 10、Enterprise Mobility + Security と統合されています。このサービスでは、従業員を支援する機能を提供しながらビジネスのセキュリティ強化と IT 管理の簡素化を実現します。

Microsoft 365 Business には以下のような特長があります。

  • 従業員と顧客、サプライヤー間のつながりを強化し互いに協力することで、従来以上に大きな成果を発揮できます。
  • 従業員があらゆるデバイスを使用してどこからでも作業できます。
  • 常時有効なセキュリティ機能により、あらゆるデバイスの企業データを保護します。
  • 単一の IT コンソールから従業員のデバイスやサービスのセットアップや管理が可能になり、作業が簡素化されます。

Microsoft 365 Business は 2017 年 8 月 2 日からパブリック プレビューが開始され、2017 年秋に全世界に向けて一般提供が開始されます。価格は 1 ユーザーあたり 20 米ドル/月となります。

中堅中小企業ユーザー向けの取り組みの一環として、Office 365 Business Premium と Microsoft 365 Business に 3 つの専用設計アプリケーション (英語) が追加されることが発表されました。

  • Microsoft Connections — 簡単に使用できる電子メール マーケティング サービスです。
  • Microsoft Listings — トップ サイトに簡単にビジネス情報を表示できるようにする機能です。
  • Microsoft Invoicing — プロフェッショナルな請求書を作成し迅速に支払いを受けられるようにするための新機能です。

このほか、走行距離追跡アプリの MileIQ も Office 365 Business Premium に追加されることが発表されました。

さらに、Satya Nadella は、Microsoft 365 により、パートナー様がビジネスを成長させる大きなチャンスが得られる点についても説明しました。Microsoft 365 は 64,000 を超えるクラウド パートナー様のサービスの差別化、販売プロセスの簡素化、売上増加を実現し、その成長に貢献します。

Forrester Total Economic Impact™ の調査 (委託を受け Forrester Consulting が実施) によると、今後 3 年間のパートナー様の利益は平均してMicrosoft 365 Enterprise (英語) で35% 増、Microsoft 365 Business (英語) で20% 増と見込まれています。トレーニングや販売、展開するリソースについての詳細をご覧になりたいパートナー様は、Microsoft 365 パートナー サイト (英語) を参照してください。

マイクロソフトでは、Microsoft 365に注力し、このサービスがお客様やパートナー様の成長とイノベーションにどのように貢献できるかについて大きな関心を寄せています。Microsoft 365 の詳細については、Microsoft.com/Microsoft-365 (英語) を参照してください。

—Kirk Koenigsbauer

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content